Archive for December of 2006

映画「硫黄島からの手紙」

December 25, 2006
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

クリント・イーストウッド監督作品、“硫黄島シリーズ”第二弾

「硫黄島からの手紙」を観てきました。

第一作目「父親たちの星条旗」以上に期待していたのです

が・・・。第一作同様にボチボチの出来って感じです。

第2次大戦終結目前の硫黄島での戦いを栗林中尉(渡辺

謙)の指揮のもとで戦う、若い兵士(二宮和也)の視線で描

いた戦争映画です。

前作同様戦闘シーンはかなりの迫力です。思わず見入って

しまいます。が、その他の人物描写に関してはあまり感情

移入することがありませんでした。栗林中尉(渡辺謙)、若

い兵士(二宮和也)の家族への思いはわかるのですが、

どちらか一家族にスポットを当てた方がより切なく、哀しみ

を誘ったような気がします。

また二宮和也の演技が良かったと言うことだったのですが

やはり渡辺謙の演技をみてしまうと、あまりにも違いがあり

すぎる。それに体格があまりにも子供っぽい感じがしまし

た。

この映画は邦画ではないのにすべて日本語です。

ほとんど外国人が出てきません。ここまで日本側から観

た戦争映画を撮ることができるクリント・イーストウッド監督

には驚いてしまいます。ダーティーハリーのイメージが強い

のですが、今はもうかなりのお年のようです。これからも

年に負けず、精力的に映画を作ってほしいです。

硫黄島からの手紙