Archive for January of 2008

食の安全

January 30, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今日はとんでもない事件がおこりました。 なんと中国産冷

凍ギョーザを食べて10人が食中毒症状を起こし、ひとりの

子供がなんと意識不明の重体だという。 まさかと言うか、

やっぱりと言うか。 中国からの輸入品は食品であれ、工業

製品であれ、あまりにも ”安全” を軽視しすぎている。

正直餃子を食べて意識不明の重体ってことは、どれだけ毒

性の強いものが使われ、 どれだけの量が食品に残留して

いたのか、考えただけでも恐ろしくなります。 おそらく食べ

ているときには当然ながら、毒性農薬の臭い、味はまったく

感じなかったのでしょう。

さらに恐ろしいことにこの商品が業務用として出回っていた

ということ。 と言うことは毒性があることを分からずに食べ

た方がかなりいるという事です。 こうなっては消費者側から

どれだけ注意を払っても防ぎきれません。

以前中国に住んでいるお金持ちは、野菜を洗剤で洗うと言

う話をきいて、さすがにそれはないだろうと思っていたので

すが、実際その映像を見たときはあきれてしまうと言うか

本当に中国ではここまできているのだと言う衝撃を覚えまし

た。 これからの日本の食は中国なくしてはありえないとは

思いますが、日本政府がなんとは水際で防いでほしいもの

です。 そのために使うお金に対しては、日本国民だれも

文句は言いません。 意味のない整備新幹線、誰も通らない

道路、 無駄なダム建設。 それらは一部地域の人たちに

役立つ?ものです。 それよりも今は全国民の生活に関わ

る『食の安全』にお金を使ってほしいものです。

録画の早送り

January 26, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日ちょっとした発見をしました。 

今ハードディスクタイプのDVDレコーダーを持っているので

すが、 これって便利なんですよねー。 毎週決まった番組

を予約しておくと、勝手に録画し続けてくれるんです。 もち

ろんHDDが一杯になるまでですが。 今毎週録画予約して

いる番組が “賢者の選択” と “カンブリア宮殿”なのです

が、 どうも録画しておいていつでも見ることができると思う

と溜めてしまう。そしてなかなか見ないんです。 

去年から溜まっていたものを整理しようとチェックをすると、

出て来る出て来る。 見ずに消すのも勿体無いので、 言葉

が読み取れる程度に早送りをして見ました。 最初はちょっ

と聴きとり難かったのですが、段々と慣れてくるもんなんで

すよねー。 最後の方では早送りのスピードが普通に、通常

のスピードがスローのように感じました。 これって自分にと

っては結構大きな発見なんです。速読と同じで時間が節約

できますから。案外早送りで見るのも良いですよ。



寒い・・・

January 23, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

寒い日が続きますねー。 寒いのが苦手の私にはかなり辛

い。 特に朝の寒さが・・・。 

先日、寒さと小雨と風というトリプルパンチの中、営業活動

をしていました。 訪問先でサービスの説明をしようとすると

あまりにも寒くて呂律がまわらなくなり、自分でも何を言って

いるのか分からなくなってしまいました。 相手の方も最初は

怪訝な顔をしていましたが、最後には笑って一言

『外は本当に寒いんですね』。 

そのときの自分は相手の方にどのように映っていたのでし

ょうか? 頑張っているなあ、と思って頂けたのなら嬉しい

のですが。 

映画 『ひまわり』

January 19, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今年初めての映画紹介。 といっても1970年に公開され

た名作『ひまわり』です。 とくに音楽が有名で誰もが一度は

聴いたことがあると思います。 かなり悲しげな曲です。

大まかな内容は知っていたのですが、 なぜかレンタル店で

目が止まり借りてしまいました。

この映画、イタリアで制作され1970年に公開されました。

映画がはじまっていきなり ”これぞイタリア人” と言う感じの

やたらに明るい(ある意味、能天気)なカップルが登場しま

す。 そう、この能天気なカップル(すぐに夫婦になります)

が戦争により、何ともやりきれない、感情だけではどうする

こともできない悲しい現実にぶち当たります。 前半の明る

い雰囲気と後半の暗く、重苦しい雰囲気のギャップが戦争

によって引き裂かれた2人の悲哀をより一層感じさせます。

さらにこの映画の音楽がまた悲しさを倍増させています。

映画を観終わって、たしかに名作って感じはするんですが

あまり落ち込んでいるときに観る映画ではないですね。

題名の”ひまわり”は最初と最後に画面いっぱいに映し出さ

れます。 でもこの”ひまわり”も最初に出てきた太陽に向か

って生き生きとしたものが、 ラストシーンに出てくるとみん

な下を向いているんですよ。 またこれが悲しい・・・。

良い映画なんですが、観終わった後無性にアクション映画

が観たくなりました。

ひまわり

阪神大震災から13年

January 17, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今日で阪神大震災から13年が経ちます。 当時も今日のよ

うに寒かったのを思い出します。 1995年1月17日 午前5時

46分、 私はベッドの中で熟睡していました。 そしてあの地

震が・・・。 何が起きたのか分からず、とにかく外へ。

まだ周りは暗くどうなっているのか良く分からない。 ただ埃

とガスの臭いが鼻について。 

だんだんと目がなれて周りを見ると、家という家が潰れてい

る。 人が生き埋めになっている。

神戸に地震? まさかー! 誰もが思っていました。

神戸に地震は来ないと・・・。 

今日の寒さで、当時何日も車の中で毛布に包まれながら

寒さと空腹に耐えて寝ていたことを思いだしました。

地震は本当にいつ来るか分かりません。

どこにいても備えは大切です。

なにせ日本は地震大国ですから。

読書 『罪と罰』

January 13, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

読み終えました。ドストエフスキーの『罪と罰』を。

映画や本などでよくこの作品 『罪と罰』が例えなどで登場す

ることがあったので、一度読みたかったのですがかなりボリ

ュームがある本なので躊躇していました。 なにせ1860年

代に書かれたロシアの作品ですからねー。

さて、読んだ感想は・・・。

”いやー、良かった。本当に良かった!”

さすが名作って感じでした。

頭も良く、人としての倫理観も兼ね備えた主人公 ラスコーリ

ニコフが、貧乏や病気などの様々な不幸により現実を悲観

していき、小さな罪は大きな理想、目的のためであれば許さ

れると妄信し、 強欲な金貸しの老婆を殺してしまう。 しかし

もともとが悪人ではないこと、それに周りに良い人達がいる

おかげで、しだいに罪の意識を感じはじめ、そして最後に

は・・・。

こういう内容だけを書くと何か難しそうですが、 探偵小説

推理小説的な部分もあり、かなり引き込まれてしまいまし

た。 とくに最後の”エピローグ”は良かった。 暗い話が続

いた ”闇” のなかで、 ようやく ”光” が見えたようで。

ぜひ読んでみてください。 お薦めします!

と言っても読み終えるにはかなりの根気と時間が必要かも

しれません。 約1000ページにびっしりと文章が書かれてい

ますから。 ちなみに私は速読のおかげか5日間で読み終え

ることができました。

年始早々、良い本に出会えてよかったです。

罪と罰

今年も柳原のえべっさんへ

January 11, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今年も柳原のえべっさんへ行ってきました。 残り福(11日)

は天気が悪そうなので”本えびす”に行ってきました。 昨年

同様デジアラさんとJR兵庫駅で合流し、 まずは屋台で定

番の熱燗、ビールにつぼ焼き、おでん、焼き鳥をお腹に入

れて準備万端。 去年の熊手を小脇に抱え神社の方へ。

境内に入る前に新しい熊手を購入。 昨年よりワンランクア

ップ! そして境内へ進もうと前を見ると、人、人、人。

さすがに残り福が雨予報なので、本えびすに集中している

ようでした。 まあ急いでいるわけでもないのでゆっくり参拝

し、色々と願い事をしてきました。

ところで今年はおみくじを引いたのですが、なんと半吉。

そんなのあったんだー、って感じでした。 してその中身は

・・・。

願い事−−−かなうでしょう。

おいおい、 半吉って良いやんかー。

でも後のことに関しては・・・微妙なニュアンス。

果たしてこれは喜んでよいものなんでしょう?。

屋台

えべっさん

メーカーさんの値上

January 07, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

昨年末のガラス新聞に載っていたのですが、またメーカーさ

んが値上がりするそうです。まあこのところの原油高を考え

ると仕方のないことなのかもしれません。 とにかく今年は

あらゆる商品の値段が上がるようです。 実態経済では不

況の状態にあるにも拘らず、 物価は上昇(インフレーショ

ン)という、特殊な景況悪化(スタグフレーション)の状態だ

そうです。 

この先どうなるのだろうと不安になりますが、実はオイルショ

ックの時代にもおなじ状況にあったようです。考えてみれば

当時も異常なオイルの高騰が原因で不況が起こっていまし

た。 と言うことはこの先同じような展開になるのでは・・・。

当時のことを調べてみると、オイルショックの翌年には石油

価格がほぼ半値まで低下して、スタグフレーションから脱却

したそうです。 

来年(まだまだ先です)にはこのスタグフレーションから脱却

できるのでは。 でもそんなに甘くないだろうなあ。サブプライ

ムローン問題、中国バブル崩壊と世界的な不況の要因は

たくさんありますからねー。

ガラス新聞

明けましておめでとうございます!

January 04, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今年の年末年始は寒い日が続きましたが、皆さんどのよう

に過ごされましたでしょうか? 私はと言うと、特にどこに行

く予定もなかったので、時間がある限り読書をしようと思い

古本屋で6冊も買い込んでしまいました。そのなかでもっと

も嵌り込んで読んでいるのが、かの有名なドストエフスキー

の 『罪と罰』 。 この本結構分厚く、文章もページ一杯に書

かれていて読み応え十分。 また読み終えたら感想を書きた

いと思います。

さて今年の景気ですが、どうもあまり良くないようですね。

原油高騰、サブプライムローン問題、建築確認申請の厳格

化による住宅着工件数の大幅減など、どれをとっても明る

い話題がないです。 建設業界にとっては厳しい1年になり

そうです。

お正月