Archive for June of 2008

橋下さん、がんばれ!

June 27, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

大阪府が大変なことになってますねー。 橋下知事 対

府職員との戦い。ってだれも別に戦って欲しくはないと

思うんですが。 報道等でみていると資本家 対 労働者

という公僕としてはありえない戦いのように見えます

ね。 正直選挙で選ばれた橋下知事の指示を聞こうと

もしない職員さんは、府民の皆さんに対してどう思って

るんでしょうね。公僕とは “広く公衆に奉仕する者” と

あります。では奉仕とは “利害を離れて国家や社会な

どのために尽くすこと” だそうです。 いろいろと府知事

に意見を言う前に “公僕” と “奉仕” という意味をかみ

しめて欲しですね。

橋下さん、府民の皆さん、そして苦しいでしょうか直接

的に大阪府を良くして行く事ができる府職員さん、

頑張ってください。 どの都道府県もそして国もできなか

った改革を成功させてください!

明日はわが身と思っている兵庫県民より

寝不足気味です。

June 24, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

最近寝不足気味です。 と言うのもここのところ各種スポー

ツのメジャー大会が目白押しなんですよね。 

サッカーのEURO 2008にテニスのウィンブルドン、 ゴルフ

の全米オープンと見ずにはいられない大会が真夜中、早朝

に放送されています。 正直録画で見てもよいのですが、や

はりスポーツは生中継で観ないと面白さが半減してしまい

ます。 先に行われた全米オープンなどは、仕事中の生放

送だったのであのタイガーウッズの奇跡の逆転劇も、録画

放送では感動も半減でした。

フェデラーとナダルの勝負。 ドイツとスペインとの勝負。

(勝手に決勝を決めています。)

当分寝不足は続きそうです。

※そういえば8月8日から北京オリンピックが始まりますが
こちらはほとんど時差がないので寝不足になる可能性は
低そうですね。
ただし仕事中に携帯のワンセグを利用してしまいそうですが。

USBメモリーを購入

June 20, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

ようやく買いました、USBメモリー。

以前にも書いたのですが、接続部分が曲がってしまい

いつ使えなくなるかとビクビクしながら2〜3ヶ月経ちま

した。 しかし遂に・・・。

潰れてしまいました。 ノートPCにつないでも認識してく

れない。 まさかとは思いながら何度かトライしてみた

のですがダメ。 や、やばい! 

中に大事なファイルが・・・。 ちがうディスクトップPCに

繋いでみると、あら不思議。 認識してくれました。

なぜなのかという理由はともかく、 すぐにHDDにバック


アップをしました。 愛着のあったこの曲がったUSBメ

モリーもお役ゴメンとなりました。ということで新しいメモ

リーを購入。 前回と同じBUFFALO社製品の2GBです。

ただし今回はコネクタ部分がスライド収納できるタイプです。

これならもう大丈夫! かな?

USBメモリ


塗料報知新聞に掲載される!(後編)

June 17, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

前回の続きです。

塗料報知新聞』 に掲載して頂いたきっかけは、兵庫

県塗装工業協同組合
さんの事務所にてたまたま塗料

報知新聞の方を紹介していただいたように、書いていま

すが、実は組合の事務員さんのご好意によるところが

大きく関係しているんです。 

当日私が事務所を退出した後に新聞社の方が来られ

たんです。 当然のそのままではお会いする事もなかっ

たのですが、 なんと事務員の方がすぐに私の携帯に

お電話していただき、急いで事務所に戻ったということ

なんです。 そして後日、当社の事務所にて取材をして

いただきました。

事務員さんのご好意が新聞掲載という弊社の知名度、

信用度アップに繋がったと思うと本当に感謝、感謝で

す。 事務員さんありがとう!

それに弊社サービスについて本当に分かりやすい文章

にして頂き塗料報知新聞社さん、担当記者さんにも感

謝、感謝です。 前向きに営業活動をしていると、 良い

出会いってあるものですよねー。 営業活動は苦しい事

も多いですが、こういう出会いがあるから頑張れるんで

すよね。

塗料報知新聞に掲載される!(前編)

June 13, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

職人さんドットコムが塗料・塗装業界向けの専門紙

塗料報知新聞』 に掲載されました! それも大きなス

ペースに私の写真付きで。

掲載して頂いたきっかけは、兵庫県塗装工業協同組合

さんに営業活動で事務所にお伺いしている時にたまた

ま塗料報知新聞の方が来られて、そこで紹介していた

だきました。 簡単な概要をお話させていただいたとこ

ろ、大変興味をもっていただき後日事務所に取材にこら

れました。 またその時のエピソードなどは後編にて。

とにかく記事読んでみてください。

簡潔で分かりやすい記事です!

塗料報知新聞

読書 『マッキンゼー式 世界最強の仕事術』

June 10, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今日は先日読んだ 『マッキンゼー式 世界最強の仕事術』を

紹介します。

マッキンゼーとは、言わずと知れた世界有数のコンサルティ

ング会社である。 経済ニュースなどでよく聞くことがあると

思いますが、 日本人には大前 研一氏が所属していた会

社として有名である。

さて、本の内容ですが筆者自身がマッキンゼー出身というこ

とで、コンサルの進め方などをかなり詳しく書かれていま

す。 ただほとんどの顧客が大会社のため正直自分に当て

はめて考えることができる部分が少なく、ちょっと冷めた目

で読んでしまいました。 そんな冷めた目で読んでいた中で

ただひとつはっきり分かったことがあります。

それはマッキンゼーの社員の仕事量は半端ではないこと。

四六時中仕事のことを考え、 資料を集め、行動し、 プレゼ

ン資料を作成する。 そして最も重要なプレゼンを世界トップ

クラスのCEOの前で行う。 社員全員が超ハードワーカーで

す。 当然といえば当然ですが。もちろん実力主義。 さすが

です。

今どきのニュースでは、やれニートだ、公務員の給与を下げ

ることに反対だとか、 仕事をすることに対しての不満で一

杯です。 正直1日8時間の労働を週5日しただけで、 普

通に生活できる国であり、時代である。 果たしてそんな国

が世界中にどれほどあり、 そんな時代がそれまでにあった

のだろうか? 格差社会と言われる今時ですが、 いろいろ

な本や、ニュースを見ていると、 格差が付くのも当然のよう

に思えてきます。 頑張った人には頑張った対価を。 また

サボった人にはサボっただけの対価を。 それが当然のよ

うな気がしますし、 それこそが平等のような気がします。

平等は平等でも ”機会の平等” が大事ですよね。

マッキンゼー式

あの豆腐料理店が・・・。

June 06, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

以前このブログでも書いたお気に入りの豆腐料理店に行っ

てきました。 が・・・

店の近くまで行っても看板が見えない。 暗いしどうもおかし

いなあと思ってみてみると、 なんと閉店していました。

これまで何度か寄せてもらったのですが、いつもお客さんは

まばらで、 正直この日が来るのではないかと思っていまし

たが、まさかこんなに早くとは・・・。

料理は美味しかったんですよ。 特に餅チーズ(だったか

な?)が。 いつも行く友人が好きで一度に4皿頼んだ時も

あったんです。 でももうあの餅チーズは食べれない。

美味しい味は覚えているのに食べれないって結構辛いです

ねー。 

飲食業はやはり立地が大事ですね。 正直場所さえもっと良

い所であれば、きっと繁盛していたと思うんですが。 これも

不景気が大きく関係しているんでしょうかね。

神戸の “関帝廟”

June 03, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

みなさん “関帝廟”って知っていますか?

三国志演義にでてくる関羽の廟(死者の霊を祀る所)なんで

す。 以前中国の方から神戸にこの関帝廟があることはきい

ていたのですが、 正直日本人にはあまり馴染みがなくどこ

にあるのかも知りませんでした。 三国志に興味をもちだし

てから、一度は言ってみたいと思っていました。

先日兵庫県板金工業組合さんへお伺いした帰りにちょっと

変わった建物を見つけたんです。 以前から気にはなってい

たんですが、 ちょっと時間ができたので車からおりて寄って

みました。 実はその変わった建物がこの “関帝廟” だった

んです。 正直ビックリしました。 敷地はそれほど広くは無

いのですが、静かで雰囲気はよい感じでした。 “関羽さん”

(親しみを込めて)にお参りし、置いてあった小冊子を貰って

きました。 それを読んでみると・・・。

信義や義侠心に厚い武将として祀られているだけでなく、

商売の神様としても祀られているそうです。 そのため華僑

の方々が住んでいる多くの場所にこの “関帝廟” があるそ

うです。 日本で言えば “えべっさん” のような感じかな?

“えべっさん”にはもちろん毎年お参りに行きますが、この

“関帝廟”にも毎年お参りに行こうかなと思っています。

関帝廟