Archive for June of 2008

読書 『マッキンゼー式 世界最強の仕事術』

June 10, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今日は先日読んだ 『マッキンゼー式 世界最強の仕事術』を

紹介します。

マッキンゼーとは、言わずと知れた世界有数のコンサルティ

ング会社である。 経済ニュースなどでよく聞くことがあると

思いますが、 日本人には大前 研一氏が所属していた会

社として有名である。

さて、本の内容ですが筆者自身がマッキンゼー出身というこ

とで、コンサルの進め方などをかなり詳しく書かれていま

す。 ただほとんどの顧客が大会社のため正直自分に当て

はめて考えることができる部分が少なく、ちょっと冷めた目

で読んでしまいました。 そんな冷めた目で読んでいた中で

ただひとつはっきり分かったことがあります。

それはマッキンゼーの社員の仕事量は半端ではないこと。

四六時中仕事のことを考え、 資料を集め、行動し、 プレゼ

ン資料を作成する。 そして最も重要なプレゼンを世界トップ

クラスのCEOの前で行う。 社員全員が超ハードワーカーで

す。 当然といえば当然ですが。もちろん実力主義。 さすが

です。

今どきのニュースでは、やれニートだ、公務員の給与を下げ

ることに反対だとか、 仕事をすることに対しての不満で一

杯です。 正直1日8時間の労働を週5日しただけで、 普

通に生活できる国であり、時代である。 果たしてそんな国

が世界中にどれほどあり、 そんな時代がそれまでにあった

のだろうか? 格差社会と言われる今時ですが、 いろいろ

な本や、ニュースを見ていると、 格差が付くのも当然のよう

に思えてきます。 頑張った人には頑張った対価を。 また

サボった人にはサボっただけの対価を。 それが当然のよ

うな気がしますし、 それこそが平等のような気がします。

平等は平等でも ”機会の平等” が大事ですよね。

マッキンゼー式