Archive for August of 2008

映画 『アイアン・ジャイアント』

August 19, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

前回紹介した映画 『ダークナイト』 があまりにも ”重い”

ので、 今回はかなり ”軽め” のそれでいて、心がグッ

とくる感動作を紹介します。

その作品とはアメリカのアニメ映画 『アイアン・ジャイア

ント』 です。 ディズニーやピクサー作品とは違って昔の

アニメーションという感じの映像です。 1999年の作品な

ので、すでに観られた方も多いのではないでしょうか。

さて内容ですが、とある片田舎の町に飛来してきた、

巨大な鉄のロボット ”アイアン・ジャイアント” 。 この

ロボット、自分がなんのために飛来し、なにものなのか

まったく分かっていない。 知能は幼稚園程度?

そのため突拍子もない行動をするのですが、 心は至っ

て純粋。 そのロボットが小学生の子供と友達となり、

友情を育んでいきます。 スーパーマンに憧れ、 生き物

の命が失われる事に心を痛めます。 そしてその命を奪

う銃(武器)を嫌います。 ところが実は自分自身が、

命を奪う”スーパーハイテク兵器” だった・・・。

正直後半は悲しいです。 それもかなり。 強く涙腺を

刺激します。 が、この映画はここからが真骨頂!

最後は思い切り笑顔にしてくれます。

子供向けアニメ映画だからと侮ってはいけません。

そこいらの大作?と呼ばれている映画よりよっぽど心を

揺さぶります。 難しく考えず、 素直な気持ちで観てくだ

さい。 きっと好きな映画の一本になりますよ。

アイアン・ジャイアント

映画 『ダークナイト』

August 12, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

前評判の良い映画 『ダークナイト』、 早速観てきました。

題名からは外されていますが、前作 『バットマン ビギンズ』

の続編です。 バットマン自体はかなり映画化されています

が、 クリスチャン・ベイル演じるバットマンからは脚本も良く

映像も観ていてあきません。 ただし内容はかなり ”ヘビー”

です。 軽い気持ちで観るにはちょっと辛いかも・・・。

前作は 『恐怖』 をテーマにしていましたが、本作は 『正義』

をテーマにその表と裏を実に上手く表現しています。 

”本音と建前” ってやつです。

さて映画の内容ですが、正義の味方 ”バットマン”対 極悪

非道 ”ジョーカー” の対決です。 この ”ジョーカー” がかな

り危険。 頭脳明晰だが人を恐怖に陥れることが一番の楽し

み。 サイコ野郎です。 かたや ”バットマン” ルールを守る正

義の味方。 この戦いって実は現代社会の犯罪に当てはま

る所があるんですよね。

ルール無視の犯罪者に、ルールの範囲内で罪を裁く。正直

難しい、と言うか無理です!

映画の中でジョーカーは何度も 『究極の選択』 をさせます。

それも僅かの時間で判断をせざるを得ない状況で。

バットマンは究極の選択をします。 それも良かれと思う選択

を。 ところがその選択がまた憎しみを生み、 新たな犯罪が

起こる。 そして最後にバットマンが・・・。

エンドロールが始まっても席を立てませんでした。

2時間半の上映時間、それに内容もかなりヘビーですが、

お薦めします! 観て損はない映画です。

ただし軽い気持ちで観に行くにはちょっと辛いかも。

ダークナイト