Archive for September of 2008

戦争って・・・恐ろしい。

September 30, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今の若い日本人にとって“戦争”は遠い過去のもので、ほとんど実感が

ないと思います。もちろん私自身も。

先日NHKが“戦争”の暗部を正面から取り上げた番組をしていました。

“戦争”の大義名分はそれぞれの側であったとしても、究極は人間の

殺し合いです。

普通、人間は本能的に人間を殺す事に躊躇する、恐怖するそうです。

当然ですよね。ところが戦争ではその“本能”を取り除かなければならない。

そのために兵士はいろいろと訓練をする。兵士自身がその“本能”を意識する

ことなく、日々の訓練によって効率的に殺人ができる兵士に作り上げる事が

目的である。

人間的な倫理感を消し去って、戦場に出て行く。もちろん敵も同様に躊躇なく

殺人ができる。そういう状況に24時間休みなく何ヶ月もいるとなると、通常の

精神状態でいれなくなるのは想像できます。そしてその精神状態でいる事が普通に

なる。考えただけでも恐ろしい。しかし更なる恐怖、というか不幸は帰国した後に。

戦場で人間的な倫理感を消し去るようにと訓練された兵士が、帰国した後には

その倫理感をまた取り戻して社会生活に戻れという。

ものすごく矛盾していますよね。その矛盾に耐えようとすればするほど無理が出てきて

心的外傷後ストレス障害(PTSD)になってしまう。普通に考えればそうなってしまう

のは当然のように思います。今アメリカでこの事が大きな問題になっているそうです。

日本にいる限り“戦争”というものを実感として感じることはありませんが、

それぞれの“戦争”がなぜ起こり、そしてその後どういう結果、“後遺症”が残ったかを

知っておく必要があるような気がします。

戦争




速習筆ペン講座 終了

September 26, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

ようやく終了しました。

ユーキャン ”速習筆ペン講座” の最後の課題を。

いやー、長かった。 標準学習期間、6ヶ月のところをなんと

1年半かかってしまいました。実はこの”速習筆ペン講座”を

受ける前に、“ボールペン字講座”も受けていたのですが、

こちらも6ヶ月のところを今回同様1年半かかっていました。

毎朝起きてからの20分を使ってしていたつもりなのですが、

3日に一度のペースだったということに・・・。

かなりのマイペースでした。

さて成果は・・・(写真参照)。

決して上手くはないですが、それなりに書ける様になったかな?

ボールペン、筆ペンときて次は何をしようか。

朝から本格的な毛筆はちょっと難しそうだし。

そういえば筆ペンで書ける写経セットというものが販売されて

いたような。買ってみようかなあ。

速習筆ペン講座

こむら返り

September 23, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日久し振りに“こむら返り”になってしまいました。

明方起きようと、ふと足を伸ばしかけた途端に激痛が走りました。

“しまったー!”と思ったときはもう遅かった。あまりの痛さに

ベッドの上で唸りながらうずくまってしまいました。なんとか

ふくらはぎを伸ばそうと頑張るのですが、激痛は止まらない。

半分寝ている状態で無理やりスクワット運動。どれくらい時間が

経ったのか分りませんが激痛が“すうーっ”と消えていきました。

こむら返りは水分不足や筋肉の過労が原因でなるようです。

そういえば・・・。 前日にフットサルをしたような。

フットサルをする前にはある程度ウォーミングアップはするの

ですが、終わったあとのクールダウンは殆んどしていません。

やはり年のせいか、クールダウンと入浴中のマッサージは必要な

ようです。年とともに体のメンテナンスはしっかりとする必要が

ありますね。

ところでこの“こむら返り”の後遺症がなんと二日後に出てきました。

普通に歩くのもかなり辛いくらいに。

昔だったら痛みはその日で終わっていたのに・・・。

肉体は正直です。

リーマン・ブラザーズの破綻

September 19, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

米証券大手リーマン・ブラザーズが破綻しました。

いやー、驚きました。まさかリーマンほどの会社が破綻

するなんて・・・。 山一証券の破綻とは規模が違います

からねー。

ところで破綻の原因である“サブプライムローン”ですが

同じ様なローンが日本にもあったんですよ。

1993年から2000年まで住宅金融公庫がすすめていた

その名も“ゆとりローン”です。

最初の5年間は利率を低く抑えその分は6年目以後に上乗せする。

そうすることで家を買い易くする、というものでした。

最初の5年間は返済金額も抑えられるのですが、6年目からは

返済金額がなんと1.5倍ほどになってしまうというとんでもない

ローンです。さらに最初の5年間は利息を払っているようなもので

元金はほとんどかわりません。

当時マンション購入などで、ローンのシュミレーションを頼むと

ほとんどがこのローンで計算していました。そして売り文句が

いまなら月々これだけでマンションが買えますよって。

決して普通の住宅ローンでの計算書は出してきません。

お客様から言われない限りは・・・。ほとんど詐欺です!

これっていまの“サブプライムローン”と考え方は全く同じです。

冷静にローンがなんたるかを知っていれば、矛盾に気付くのですが。

さらに今回の問題はこの“サブプライムローン”を証券化した

ことですね。 ここまでくるともう金融のプロしか理解ができないと

思います。今も昔もそうですが、頭の良い人たちが詐欺まがいの

システムを作って一般人から利益を得る。そして行き着くところ

までいくと、そのシステムは破綻。

無知な一般人は損をして、一部の頭の良い人たちが暴利をむさぼる。

この構造はいつになっても変わらないのかもしれません。

日本の官僚が考える色々なシステムを見ている限りは。

アマゾンドットコムは便利?

September 12, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

久しぶりにアマゾンドットコムで本を買いました。 新本を

買う場合、私は必ず内容を確認します。

古本ならちょっとでも引っかかる文章があればスグにゲ

ットするのですが、なにせ新本は値段が高い!

(遊びの出費を抑えればよいのですが・・・)

ネットで仕事に必要な資料を探していると、 ちょうど参

考になりそうな本を発見。早速三宮へ探しにいくと無

い。 今すぐ必要なのでそのまま大阪まで探しに行きま

したが無い・・・。 しかたなくアマゾンで探すと新本はな

く中古本のみ。 うーん、この本売れてないんだなーと

思いながら古本を購入。 定価より若干安い感じ。

数日後に宅急便で到着。 いやー、便利ですねー。

購入には5分とかからず、あれほど探した本が数日で

ゲット。 アマゾンがよく利用される理由がわかります。

できれば時間制限付きで、本の中身が全部立ち読み

感覚でみれるようなサービスをしてくれたら、 書店で買

わずに全てアマゾンで買うのになあ。

コスト削減には知識と経験が必要です!

September 09, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

ある職人さんからの体験話です。 大手ハウスメーカーの

下請けで現場作業をしていたそうです。 大手の下請けと

なるとどうしても請負金額が低い。 材料でのコスト削減は

できないので作業時間をできるだけ短くおさえないといけな

い。 そのためにはどうしても丁寧な仕事ができず、 満足な

仕上がりとはならない。 辛いところです。

あるときハウスメーカーの大きな現場で、色々な職人さんが

こられていたそうです。 そのなかのある若い職人さんが

作業をしているのを見て驚いたそうです。 どの職種の職人

さんもそうなのですが、作業工程を簡略化できる所と絶対に

簡略化できない所があるんです。 それは知識だけではなく

経験から分かることなんですが、 若い職人さんはしてはい

けないその簡略化をしていたそうです。 じつに恐ろしい。

こういうことが住宅トラブルに繋がっていくんですよ。

おそらくその若い職人さんはそういうハウスメーカーの仕事

ばかりをしていたのかもしれません。 また最初にしっかりし

た職人さんの下で仕事を教えてもらったのではないかもし

れません。 やはり職人さんはいろいろなところでの経験が

大事です。 厳しい師匠のもとでの経験はきっとその人の

財産になりますよね。