Archive for October of 2008

映画 『チャンス』

October 31, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日時間があったので、久し振りにレンタルDVD店へ。

新作、準新作を探してもこれといった作品がない。

旧作品の中でふと目に止まった作品が、今回の作品

『チャンス』です。むかし一度観てかなり良い印象が

残っていた作品です。

あのピンクパンサーのピーター・セラーズ主演映画ですが、

ドタバタ喜劇ではなく、どちらかと言うと人情喜劇というか

ヒューマンドラマという感じです。

幼いころから大きなお屋敷の中でお庭の世話をし、

外の世界を全く知らず、唯一の楽しみがテレビという

チャンス(庭師)が突然屋敷を追い出されてしまう

シーンから話が始まります。

車の事故がきっかけで経済界の大物と知り合い、

色々な誤解と勘違いから、最後は大統領候補にまで。

観ていてそれはないだろう、ってシーンが度々ありますが

それでも心を温めてくれる良い作品です。

特にピンクパンサーでは観ることの出来ないピーターセラーズの

演技が良い感じです。シャーリー・マクレーンとの絡みのシーンでは

ハラハラしながらも、最後には大笑いしてしまいました。

さて今回改めてこの作品を観て、以前感じとる事ができなかった点が。

それは“服装、身嗜み”の大切さです。

チャンスはいつも正装で過ごしています。たとえ庭をさわるときでも。

庭の話以外できないチャンスを服装、身嗜み、そして風格すら感じさせる

存在感が誤解、勘違いをおこさせます。

これって営業活動でも当てはまりますよね。

人は良くも悪くも第一印象から大きな影響を受けるようです。

顔や体格などの肉体的特長はなかなか変えることは難しいですが

服装、身嗜みは、自分の気遣いひとつですぐに良くなります。

チャンスのような良い意味での誤解が新しい信頼関係を

生むのかもしれませんね。

チャンス