Archive for January of 2009

読書 『チェ・ゲバラ伝  三好 徹』

January 30, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

いま映画が公開されている“チェ ゲバラ”についての本を読みました。

“チェ ゲバラ”の名前くらいは聞いたことがありましたが、どういう人物で

なにを成した人かは全く知りません。

この機会にゲバラ関連の本でも読もうとアマゾンのカスタマーレビューを

参考にこの本、『チェ・ゲバラ伝』(三好 徹)をチョイスしました。



評価が高いだけあって、アルゼンチンで生まれてからボリビアで死去するまで、

遺されている様々な資料をもとに、事実と照らし合わせながら分かり易く

書かれています。もちろん死去後世界にどういう影響をあたえ、なにを遺して

いったのかまでも詳しく書かれています。



ゲバラがなぜ革命を目指す者たちのシンボルとなったのか?

それはもちろん・・・、ハンサムだったから!

って書くと怒られそうですが、これも大きな理由の一つだと思います。

(学生時代の写真はまさに金持ちのハンサムボーイって感じでした)



では本当の理由は・・・、私利私欲を一切排除し自己犠牲を厭わず

人々の為、革命のために己の全て(命すら)をささげ、そして非業の死を

とげたからなのでしょう。

アルゼンチンで生まれで、血筋もよくお金持ち。それに頭も良くて

ハンサムで、仕事はなんとお医者様。

革命とは全く無縁の生活をしようと思えばできるんです。

ましてやキューバやコンゴ、ボリビアという自国アルゼンチンとは関係のない

国々の革命のために己の命をかける。普通はできませんよね。



いま公開されている“チェ ゲバラ”の映画を観ようかどうか迷ってます。

上手く“チェ ゲバラ”を描いてくれていればよいのですが。

チェ ゲバラ

講演 『自転車屋 “あさひ” 創業者下田 進 氏』

January 27, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日自転車屋 “あさひ” 創業者下田 進氏の講演を聴いてきました。

ロードサイドにチェーン展開する大型自転車専門店で、店舗内だけでなく

店舗外にも、“これでもかー”と言わんばかりに自転車が置いてある

あの自転車屋さんです。

もともとはおもちゃ屋さんからスタートされたそうです。

自転車が好きで、自転車屋をスタートし自転車専門のプロショップ、

そして今の“サイクルベース あさひ”をチェーン展開し

2007年に東証一部上場企業となりました。



いろいろな創業者の方のお話を聴いてきましたが

必ず共通している事、それは・・・。

ほとんど仕事を休んでいない。と言うか365日、毎日仕事をしていることです。

下田氏も休日が欲しいと思う気持ちがあるようなら、創業はしない方がよいと

話していました。まあ当然と言えば当然かもしれませんが。



自転車の販売、メンテナンスに関してはかなり細やかなサービスを

されているようなので、次回自転車を買うときは“サイクルベース あさひ”

へ行ってみようと思います。どのようなサービスをされているのかを

一度体験したくなりました。

読書 『武士道』

January 23, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

年始に新渡戸稲造の『武士道』を読みました。

この作品1899年に英文で発表し、世界的な大反響があったそうです。

“武士道”とは日本人のアイデンティティーのようなものなので、

なかなか文章にするは難しかったと思いますし、ましてや外国の方に

分かって貰うのは至難の業かと。

しかしこの本は抽象的になりがちな“精神論”を実に上手く説明してくれています。

“腹切”についても、外国の人たちにはなんと野蛮な行為、と捉えられていますが

武士にとっては神聖な作法の一つとして行なわれていたということを上手く説明

しています。

日本人なら、日本男児なら是非読むべき一冊だと思います。

リストラだ、派遣切りだ、ニートだ、と色々と問題が多い現在ですが

そういう人達にこそ読んでもらいたい一冊です。

きっと読み終えたときには“気合”が入っていると思います。


<私の好きな一節>

・知識と言うものは、これを学ぶものが心に同化させ
 その人の品性に表れて初めて真の知識となる。

・武士道は知識を重んずるものではない。重んずるものは行動である。

・生命の犠牲を払っても惜しくないとする事態とは何か。
 それが忠義というものである。

武士道

上々大吉!

January 20, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

おみくじで“上々大吉”って見たことありますか?



先日厄払いの祈祷をしてもらいに六甲八幡神社へ行ってきました。

厄神祭をしていたので、待ち時間がかなりあり

暇だなあとふと横をみると、おみくじの御神籤箱が目に入りました。

そういえば今年はまだおみくじを引いていない。

神妙にしている神主さんにお金をはらい、御神籤箱を振って出てきたのが

10番! なんとなくきりがよく良い感じ。

そして運勢はなんと“大吉”ではなくさらにその上の“上々大吉”。

はて、“上々大吉”なんて見たことも聞いたこともない。

ネットで調べたところ、神社によっては“上々大吉”があるとのこと。

ちょっと嬉しい。いやかなり嬉しい!

内容がまた良い。特に下記のフレーズが気に入りました。

『身に徳つきて・・・』



先日、新渡戸稲造の書いた『武士道』を読んで、

“徳”を得ることの大切さを感じていたとこなんです。

禅寺で坐禅を組んだり、修行をするのもすべて

人としての“徳”を積むのがひとつの目的ですから。

最近の私の“修行?”の賜物かも。

(毎日俗世間にどっぷり浸かってる生活をしているのですが・・・)

厄神さん

胃カメラの検査結果は・・・

January 16, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

前々回に書いてました胃カメラの検査結果を。

胃、十二指腸内部の映像を見ながら先生がひとこと。

『十二指腸があれてますねー。潰瘍の一歩手前です。』

『潰瘍ー!?』

たしかに十二指腸の周りは白っぽくなっており、あきらかに

正常の状態ではないのがわかりました。

それにどうも悪い菌にもやられている様で、少しの間投薬治療が

必要とのことでした。

健康なあいだは体のことには全く無頓着でしたが、

今年は適度な運動と、バランスの取れた食事、それに腹八分目を

心がけて生活しようと病院帰りに誓いました。

商売繁盛を願って!

January 13, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

毎年恒例の柳原えべっさんへ行ってきました。

11日土曜日夕方の本えびすということで、かなり混むだろうと

予想したのですが、入場規制もなく思ったほどの人出はありませんでした。

いつもお参りするまえに屋台で腹ごしらえしてからお参り行くのですが

今年は屋台の席にも余裕がありゆっくり飲んでしまいました。

ほろ酔い気分になりながら新しい熊手を購入し、いざお参りへ。

境内では『福神楽の祈祷』(写真)が行われていました。



私は年始早々胃が痛かったので、健康でありますようにとお願いしてきました。

もちろん商売繁盛も。

今年は厳しい経済状況になりそうですが、えべっさんのような笑顔を忘れず

前向きに行きたいですね。

えべっさん

胃カメラ 初体験!

January 09, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

以前このブログに胃痛について書いていました。

病院に行かずに薬と絶食で治そうとしたのですが・・・

なんとあれから激痛が治まらず病院へ行きました。そして胃カメラを飲むことに。

いまだかつて胃カメラを飲んだことがなかったので、少しワクワク。

鼻から入れる病院もあるそうですが、わたしは口から。

むかしはかなり苦しく嘔吐くこともあったそうですが、いまは麻酔をして

眠っている間に終わるそうです。



前日は夕食を早く終え、朝食抜きで準備万端。

いざ胃カメラを・・・。そのまえにゼリー状の薬(?)で喉のまわりを麻痺させます。

つぎに注射(麻酔?)をされてベッドの上に横になりました。

そして・・・。

じつはその後は全く覚えていないんです。気が付いたときには全く別の場所のベッドに

寝かされていました。それも大口をあけたまま(恥ずかしいー!)。



ところで、私はどのようにしてベッドに移動したのだろうか?

先生以外に男手はないし、麻酔がかかったまま自分で移動したのだろうか?

なぞです・・・。

お酒を飲んで記憶をなくし、自分が酔っている間に何をしたか不安になる人がいますが、

その気持ちが初めてわかりました。病院関係者に迷惑をかけてなければよいのですが。

さて、この胃カメラ検査の結果は・・・。それは次回に。



映画 『WALL・E/ウォーリー』

January 06, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

そして “あけましておめでとうございます”。

昨年後半から景気が一気に悪くなり、今年も良くなりそうな雰囲気もなく

あまり明るい気分で年越しはできませんでしたが、

とにかく今の現状をよく把握し、着実に前進していきましょう!

今年の私のテーマは“周りの人、物に感謝をする”です。



さて、年始早々暗い気分を晴らすために映画を観てきました。

話題のアニメ、『WALL・E/ウォーリー』です。

ディズニー(ピクサー)の制作ですからもちろん面白くない訳がない。

ただなかなかアニメを映画館で観ることがなかったのですが

この作品はどうしても映画館で観たかった。

というのもテレビCMのCGアニメーションがあまりにも綺麗だったからです。

実際映画館で観ると・・・、素晴らしい! 美しい! ブラボー!

CGを観るだけでも価値があります。

内容はゴミ処理型ロボットの“ウォーリー”と最新型ロボット“イヴ”との

淡い恋物語です。純粋で可愛いですよー。

なにせ“ウォーリー”の一番の目的は“イヴ”と手を繋ぐことですから。

ストーリー的な面白さはそれほど凄いとは思いませんが、

なにかミュージカルを観た後のような爽快な気分になりました。

気分転換にはもってこいの映画です。お勧めします!

ウォーリー