Archive for April of 2009

プチ断食 (前編)

April 28, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

去年の後半から胃の調子が悪く、このブログでも書きましたが

胃カメラを飲んで検査までしました。

今年に入り胃の調子もよくなったのですが、やはり食事には

気を遣っています。



胃、腸の調子を薬ではなく、自己の管理によって良くするにはどうすれば

よいだろうと色々ネットで調べていました。

肉、魚を控える。間食を控える。腹八分を心がけるなどなど・・・。

どれも劇的な変化を期待することが難しく、

効果が今ひとつはっきりとは感じることができない。



そこでふと目に止まったのが“プチ断食”。

3日間水のみで過ごす。それ以外のものは一切口にしない。

仏教しかり、イスラム教しかり、多くの宗教の教えのなかに“断食”は

取り入れられています。

まあ多くの宗教で取り入れられているのなら、悪いものでもないのだろう。

この機会に一度経験してみるのもよいかも。



と言うことで、ダイエット(?)もかねて“プチ断食”を決行しました。

休みの日の空腹は耐えるのが辛そうなので、少しでも空腹感を忘れることが

できるように仕事をしている平日月曜日からスタートしました。

はたしてその結果は・・・。

緊張の時間

April 24, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日、大阪府板硝子商工業協同組合で活動されておられる

理事の方々の前でお話する機会がありました。



兵庫県板硝子商工業協同組合ホームページのお手伝いをさせて頂き

また以前、“ガラス・建装時報”さん、また“ガラス新聞社”さんなどに

取り上げて頂いたおかげで、大阪の組合関係者さんからお声をかけて

いただきました。そして大阪府板硝子商工業協同組合さんのホームページも

お手伝いさせて頂くことになりました。

その説明と言うことで今回の機会を頂いたというわけです。



これまでにも色々な組合関係の方々の前でお話しする機会は

あったのですが、やはり緊張します。

なんと言っても建築関係では皆さん大先輩ですから。

これから先もこの緊張はとれないんでしょうねー。

でもこの緊張があるからこそ、やりがいもあるのですが。

HAS/YMO

April 21, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

どうも最近iPhoneを手に入れてから、常に音楽が側にある生活になっています。

まあ学生時代であればウォークマンで聴くこともありましたが、

さすがに社会人になってからは遠ざかり車内で聴く程度でした。



ところで私の最近嵌っている音楽、それは以前このブログでも書いた

天才ピアニスト“グレン・グールド”です。落ち着いたときに聴くBGMとしては

もってこいです。

先日、坂本龍一氏(大のグレン・グールドファンです)が選曲した

“グレン・グールド 坂本龍一セレクション ”のCDを買いにタワーレコードに

行ってきました。(タワーレコードに行くのも何年ぶりだろうか)



ところがたまたまそのCDが無く、寂しく帰ろうかと思ったときに

ふと“HAS”のことを思い出しました。


================================

HAS:ヒューマン・オーディオ・スポンジ

元YMOのメンバー(細野晴臣・高橋幸宏・坂本龍一)のユニットです。

実は私は学生時代から大のYMOファン!

レコード(今はプレーヤーが無く聴くことが出来ない・・・)も全部持ってました!

================================


確かコンサートのDVDが発売されていたような。

探してみるとありました! “HAS/YMO”

早速購入。そして観てみると・・・。


よかったー。昔のガチガチ“テクノサウンド”ではなく、温かみのある

というか、大人になったというか、とても心地よい音楽になっていました。

また違った“YMO”が観れたような気がします。

そういえば先日“YMO”として3人が復活するというニュースが流れていました。

うーん、コンサートに行きたい! でもチケット手に入らないんだろうなあ。

HAS/YMO

王将のワンコインランチ

April 17, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

最近は不況ということもあって、昼食をするときに価格を

かなり気にするようになりました。

丼物なら単品のみ。大盛ではなく並で。

腹八分を心がけようと思っていたところなので何とか耐えています。


先日昼食時にかなりお腹が空いた状態で車を運転していると、

餃子の王将の看板が見えてくるではありませんか。これは行くしかないと

店に近づいていくと看板の下部に“ワンコインランチ”の文字が。

“ワンコインランチ”、なんじゃそりゃ!

なんと消費税込みで“500円”。



早速店に入って“ワンコインランチ”を注文。

5分ほどして出てきた内容は・・・。

塩ラーメン(通常サイズ)、大きめのコロッケ1個、サラダ、ライス。

思ったより量が多く、腹八分を目指している私にはピッタリ!

さすが餃子の大将!

また看板をみつけたら入ってしまいそうです。

餃子の王将




遼くん、頑張れ!

April 14, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

遼くん、マスターズの予選を通過することができませんでした。

うーん、残念。



初参加、それも17歳の招待選手ということですから仕方がないんですが。

しかし日本のマスコミの加熱ぶりは凄いですねー。日本ではアイドル的

スターであっても、海外ではまったく無名選手ですからちょっと遼くんの

扱われ方が・・・。



たしかにスウィングもきれいで、飛距離も充分。経験をどんどん積んでいけば

本当のスーパースターも夢じゃないと思いますが心配ですねー。

周りの関係者が何不自由ない、全てが整った環境を提供し

常に好成績を期待される。もし悪い成績をだしても自分以外で言訳を探す事が

難しくなってしまう。この状況を17歳の青年に課すのはちょっと酷な気がしますね。

特に遼くんの場合、“聞分けのよい少年”がそのまま大きくなろうとしている感じ

なので全ての責任を自分に課して、苦しまなければよいのですが・・・。



どのスポーツに関してもスーパースターと呼ばれる人たちには、それぞれ

独特の“毒(個性)”があるように思います。

遼くんにも遼くんだけの、遼くんだからこそ出てくる“毒(個性)”を

出して欲しいですね。その時はきっとプレッシャーをはね退ける遼くんだけの

“術”を身に着けているんでしょう。

遼くん、頑張れ! メジャーの優勝が待っているぞー!

追加経済対策

April 10, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今日麻生太郎首相より追加経済対策が発表されました。

省エネ家電の普及促進やエコカー購入の補助金制度。

また太陽光発電の普及や子育て支援などに15・4兆円を支出するそうです。


いやー、大盤振る舞いですねー。

100年に1度の経済危機ですから、大きな支出も分らないではないですが

その財源は大丈夫なんでしょうか? 赤字国債を増発するそうですが・・・。

借金はいづれ返さなければならない。ではその返済計画は・・・。

テレビでもよく流れているのですが・・・“ご利用は計画的に!”

国は本当に計画的に“利用”しているのでしょうか。


今年は衆院解散・総選挙もあるようです。

今後の日本が“明るい日本”になるために今何をするべきかを

国民一人ひとり考えていかないといけない時なんでしょうね。

読書 『ドラッカー 365の金言』

April 07, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日はじめて“ピーター.F.ドラッカー”の著書を読みました。

言わずと知れたアメリカの経営学者ですね。

様々なコラム等では読んだことはあるのですが、本として読んだのは

これが初めてです。というのもドラッカーの著書はあまりにも多くて

どれを代表して読んでよいものやら迷っていましたから。

そこで見つけたのがこの本。

様々な著書の重要箇所を抜粋し、1日1頁、1年365日で構成されていて

短く、大変分りやすくまとめられています。

ドラッカーの入門書としてはピッタリです。


私は本を読むときにいつも赤ペンをもって、お気に入りの箇所があると

ラインを引くのですがこの本、毎ページと言ってよいほどラインが

入ってしまいました。一度読んだだけで終えるのは勿体ない本です。

定価2,800円と少々お高いですが、内容からすると安いくらいです。

ピーター.F.ドラッカーを知りたいと思われる方は、ぜひ一読を!

ピーター.F.ドラッカー

お通夜

April 03, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日二日続けてお通家に参列しました。

お二人とも建築関係の仕事をされており、年齢は40代半と60歳になった

ばかりとまだまだこれからという方々でした。

とくに40代半の方は心臓発作ということもあり、まったくの突然でお通夜でも

皆さんおどろいておられました。

私は先日映画 『おくりびと』を観たばかりということもありなにか複雑な

思い出で参列させていただきました。とくにお顔を拝見させていただいた時に

いままでならすこし“怖い?”というような感覚があったような気がしますが、

今回はそのような気持ちはまったくなく、『きれいなお顔で、穏やかな表情だなあ』

ってなにかいままでに感じた事のない感覚でご遺体をみることが出来た様な気がします。

お通夜の最中は、それほど悲しみを感じる暇もなくバタバタして時間が過ぎて

行きますが、やはり後でお顔を見ると元気な姿を知っているだけに

悲しさがこみ上げてきます。