Archive for May of 2009

可哀想な犬達

May 29, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日イギリスBBCが制作した『犬たちの悲鳴 〜ブリーディングが引き起こす遺伝病〜』

という番組を観ましたが、かなり考えさせられる内容でした。



ドッグショーなどでの見た目の可愛さ、格好良さ、またどのような血統をもっているかを

優先するあまり近親交配が重ねられている。その結果多くの純血種の犬が遺伝性疾患に

なり苦しんでいます。まさに“犬たちの悲鳴”です。

人間において近親交配が法律で禁じられていることからもわかるように、犬達にとっても

どれだけ危険であるかは分かっているはずなのですが。



それぞれの犬種の標準ってなに? 血統って何?

番組では100年ほど前の純血ブルドックの写真がありましたが、現在の姿とはかなり違って

いました。今のブルドックは特徴のある部分をより強調した姿になっています。

とくに顔の輪郭、顎に関してはあまりにも違う。というか完全に変形してしまっています。

恐ろしいほどに・・・。

ダーウィンの進化論でもここまで短期間での変形は説明つかないでしょう。

この見た目が変わったことで、犬にとって良い事は・・・ない!

呼吸がしにくい。食事がとりにくい。見にくい。歩行しにくい。走る事ができない・・・。

ほんと、訴えることができない犬達がかわいそうです。



キャバリアという犬種では遺伝性疾患として“脊髄空洞症”という病気が発症するそうです。

この病気は死ぬほどの頭痛が絶え間なく襲ってくる。犬にとってはまさに地獄。

番組ではその病気になっている犬がドッグショーでなんとチャンピオンに。

もちろん飼い主はそのことを知っています。チャンピオンになったことでその犬から

さらに多くの子供、孫ができていくのでしょう。その疾患をもって。



犬の血統ってなんのために、誰のためにあるのでしょう。それを守るために遺伝性疾患によって

犬達が苦しむ。ほんとうに犬好きな人なら、いや人として犬の苦しんでいる姿をみていられない

と思うんですが。

きっと裏のどこかで動いている“お金”が犬好きだった人をも“盲目”にしているのでしょうね。

本当に悲しい・・・。

ドッグ


真空断熱マグカップ?

May 26, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

また購入してしまいました。

THERMOS(サーモス)製の真空断熱マグカップ!

今回は500mlの携帯できるタイプです。

以前このブログにも書いたのですがこのマグカップ、保温性は抜群です!

朝入れたてのコーヒーなら夕方頃まで十分な温かさが残ってます。

それに飲み口がまた良くできています。車に乗っているときでもワンタッチで

開けることができるので、飲みやすい。さらにさらにデザインもグッド!

これからは缶コーヒーを買う機会が少なくなりそうです。

サーモス

サーモス

新型インフルエンザ

May 22, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

とうとう新型インフルエンザが日本に上陸。それも神戸に!

先週末から神戸の高校生の間に集団感染の疑いがとの一報。

学校閉鎖。神戸まつり中止。さらに神戸以外の市、県へと拡大。

そしてついに関東圏まで。

うーん、感染力の強さに驚きです。ここまで一気に感染が拡大するとは。

それまでの空港などで行われていた水際対策も効果なく・・・。

各自治体、国としてもここまで拡大してしまうと効果的な対策を打つのは

難しいでしょうね。



しかし今回の件でのマスコミなどの過剰な対応について批判が出ていますが、

はたしてどうなんでしょう?

今回の新型インフルエンザは弱毒性だそうです。が、はたしてこの先ずっと

弱毒性でいるのでしょうか?

元々は豚同士で感染するのウィルスが変異して人から人へ感染する新しいウィルス

が生まれたそうです。

どこでどのようにして変異したのかわからない。ということは・・・。

現在は弱毒性であってもいつか変異して強毒性になる可能性もありますよね。

昔流行したスペイン風邪も当初は弱毒性だったものが強毒性になったそうです。



程度の問題はあるかと思いますが、より慎重な対策を今のうちにしておく

必要があるでしょうね。なにせ未知のウィルスですから。

よく映画などで新型ウィルスの蔓延で世界が滅亡の危機に陥るというストーリーが

ありますが、そうならないように今回の騒動をその“もしも”のための予行演習と

とらえて行動を起こすのも良いのかもしれませんね。

マスク


ケガにご注意!

May 19, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日営業マンが松葉杖をついて事務所に来られました。

話を聞くと、どうも子供さんのサッカーチームの練習でボールを蹴っていたのが原因とのこと。

何度か蹴っているうちに膝に少し違和感があり、あとで病院にいくと

なんと膝、半月板を損傷し、手術が必要だと言われたそうです。

松葉杖をついている姿はかなり辛そうで・・・。


この話は他人事ではない!

学生時代にラグビーやテニスなどをされていた方が、かなりのブランクがあるにも

関わらず昔と同じような感覚で動いてしまい、膝やアキレス腱、足首などを痛めた

という話はよく聞きます。

今回の方も昔はよくスポーツをされていた方で、やはりその昔の感覚で

動いた為に限界を超えてしまったようです。

最近私もフットサルをする機会があり、頑張って動くのですが

どうしても無理してしまう。意識の中では無理な動きではないのですが

イメージとプレーとが一致せず、体に負担がかかる。そして・・・。

いまは次の日以降の疲労(回復に時間がかかります)のみで耐えていますが、

正直大きなケガをしそうで怖いです。どうしてもスポーツを始めると

程々を考えずに、目一杯頑張ってしまうので。

皆さんもどうぞスポーツをする時には、十分な準備運動と体のメンテナンスを

行ってください。 くれぐれも大きなケガのないように。

真空断熱マグカップ

May 15, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今回はお気に入りアイテムをご紹介します。

コーヒーが好きでよく飲むのですが、すぐに冷めてしまう。

長時間保温できるカップはないかと探して、たどりついたのが

THERMOS(サーモス)製の真空断熱マグカップ!

真空断熱技術では世界的に定評があるメーカーだそうです。

かなり長時間保温してくれます。

それに蓋がついていて、蓋を外さずそのまま飲めるのもよい感じです。

見た目もオシャレで言うことなし!

ただ容量が240mlとマグカップとしては少し小さいのが気になる

点ですが。


サーモス社はいろいろな真空断熱タイプのボトルなどをつくっています。

次は車内で飲む為に500mlタイプのワンタッチであけることができる

ボトルを狙っています。

マグカップ

マグカップ



辰吉丈一郎はなぜ闘う!

May 12, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

最近は雑誌を買わなくなりました。主な情報はインターネットで足りますから。

昔は『ボクシングマガジン』を毎月買っていたのですが。

先日書店へ行くと棚に辰吉の写真が表紙になっている雑誌を発見。

以前なら辰吉が表紙の雑誌はよく見かけたのですが、最近ではマスコミにも

あまり取り上げられる事もなく、“辰吉”の文字すら見ることが・・・。



さて今回のこの雑誌は『Kamipro(紙のプロレス)』という格闘系のようです。

正直はじめて見ました。中はK−1から女子プロまでてんこ盛りです。

肝心の辰吉の記事は・・・。



友人であるキックボクサー立嶋篤史との対話形式で書かれており、かなり

本音で話していますね。

『人間は遅かれ早かれ死ぬんや。僕は召し食って、糞して、死を待つんや

なしに一生懸命やりたいことをやって死にたい。』

全て読んで思いました。

もし“あしたのジョーの矢吹 丈”が同じ質問をされたら同じ回答を

しているだろうなあって。

“辰吉丈一郎”が“矢吹 丈”と被るんです。

そう思っているボクシングファンは多いと思います。

リングの上で『真っ白な灰に』なれたら本望だと。

だから今でも多くの熱烈なファンがいるのでしょう。



先日タイで試合をして、ボコボコに殴られて負けてしまいました。

正直むかしの面影はありません。

でも辰吉丈一郎なんですよ!

輪島さん、具志堅さん、渡嘉敷さん、平仲さん、みんなバラエティー系

になってしまいました。が、辰吉にはそうなってほしくないし、きっと

そうならないと思っています。


ぜひ書店に寄ることがあれば、この雑誌に目を通してください。

男なら“熱く”なるものがありますよ!

辰吉

読書 『学問のすすめ』

May 08, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

ここのところ何かとバタバタしていて、なかなか本を読む時間を

とることができませんでしたが、せめてGW中くらいに一冊はと思い

福沢諭吉の『学問のすすめ』 を読んでみました。

といっても原本ではなく解説書なんですが。



“天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず”のフレーズ?は有名ですよね。

この意味分かります?

『生き方や暮らしぶりが平等なのではなく、生きていくうえでの権利が平等である』

今の格差社会についての問題にも関係する重い言葉ですね。

“生き方や暮らしぶりが平等なのではなく・・・”ここのところ特に重要ですよね。

今のニュースを見ていると、個々の努力や背負っている責任の大きさにはあまり

目を向けず、生き方や暮らしぶりだけに焦点をあてているような。

もっと影で努力している部分や、どのような責任をもって行動をとっているかなど

そういうあたりについてももっと報道してもよいのではないでしょうか。



世の中には賢い人愚かな人、貧乏な人金持ちの人、身分の高い人低い人とがいる。

その違いはどこからくるのか? それは・・・。

ずばり、“学問”を身につけているかいないかである!

さすがは福沢諭吉さん。あなたは偉い!

では福沢諭吉さんのいう“学問”とは? それは・・・。

『一家の生計を立てるのも学問です。商売をするのも学問です。時代の動きを

察知するのも学問なのです。和漢洋の書物を読むことだけが学問であるという

ことではありません。』

うーん、実に分かりやすい。

生きる術を身に付け、そのことに精進するのも学問であると。

いまさらながらこの本が当時ベストセラーになったのも納得です。

またこの本では、人と国とのあり方。また国(日本)と国(外国)とのあり方に

ついても分かり易く書かれています。

もちろん明治に書かれたものなので、現在ではすこし合わないところもあるようですが

基本的考え方は同じです。



実は当初『学問のすすめ』を原本で読もうといろいろと見ていたのですが

明治時代に書かれた文章はやはり難しかった。

またいつか時間ができたら、原本に挑戦してみたいと思います。



※福沢諭吉さんは猛烈な勉強家だったそうで、床に布団を敷くこともぜず

机に突っ伏して寝ていたそうです。

学問のすすめ

“ グレン・グールド 坂本龍一セレクション ”

May 05, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

以前にもこのブログに書いていました、

“ グレン・グールド 坂本龍一セレクション ”のCDを買ってきました。

この間はタワーレコードになかったので、HMVへ。

クラシックコーナーで探そうとするのですがなかなか見つからない。

店員さんに頼もうかと思ったのですが、そういうときに限って近くに

店員さんがいないんですね。 あとの約束も入っていたので時間も少なく

諦めかけていたその時、目に飛び込んできました。 “グレン・グールド”の文字が。




しかし最近のCDショップは探しにくいですねー。 数が多いというのもあるんだと

思いますが、どういうカテゴリー分けをしているのかが今ひとつわからない。

まあ私自身あまりショップに行っていなかったからかもしれませんが、

ネットでの検索の容易さと比べてしまうと・・・。

“iTunes Store”がどんどんシェアを奪っていくのも納得してしまいます。

まあショップはショップなりの探す楽しさもあるんですがね。



さて“ グレン・グールド 坂本龍一セレクション ”の感想は・・・。

うーん、良いですねー。 実に良い!

落ち着いた時に聴くにはもってこい。

グールドといえば“バッハ”というイメージが強いのですが

バッハは1曲のみであとはベートーベン、モーツァルト、ブラームスなど

色々と違った曲を聴く事ができ、とても楽しめます。

価格も2枚組み2,835円と実にリーズナブル。

ドライブのお供にもお薦めです!

グールド

プチ断食 (後編)

May 01, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

月曜日、“プチ断食”スタート。

体重65kg



1日目:朝昼晩と3食をぬく。とくに空腹感も感じず快調に過ごす。

食事をする時間が空くことで、一日がながく感じる。

これなら3日間以上いけるかも・・・。

体重64kg



2日目:朝昼晩と3食をぬく。2日目にして早くも体調の変化がおこる。

午前中は大事なプレゼンがあり、緊張もあったためか空腹感も感じず

体調は良い感じ。ところが・・・。

午後に入ってからすこし頭痛がはじまる。

ネットで調べたところ、どうも血糖値が下がったためにおこったようだ。

夜になりさらに頭痛が激しくなる。

体重63kg


3日目:朝昼晩と3食をぬく。頭痛がさらに激しくなる。

仕事に差し支えることがない様、気を遣いながら過ごす。

なんとか仕事を終えたが、夜になってさらに頭痛が激しくなる。

ここで血糖値をあげる為にチョコレートでも食べればよいそうだが

一切口にせず。

じつはこのあたりから “ナチュラルハイ” になる予定だったのだが・・・。

体重62.5?


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

多くの断食経験者が頭痛、肉体的苦痛がある域を超えると、頭がさえる、

体が軽くなる “ナチュラルハイ” (ランナーズハイみたいなもの) になっている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


4日目:朝起きても前日からの頭痛が止まらない。

ナチュラルハイになれず、しかたなくプチ断食終了。

お粥さんとチョコレートを食べる。すると・・・。

あら不思議。1時間もしないうちに頭痛が解消。なんという分りやすい頭痛。

体重は最終2.5?減。



<“プチ断食”を終えた感想>

断食をなめてました。体のだるさ、体調不良はほとんど感じなかったのですが

まさかあれほどの頭痛に襲われるとは・・・。

内臓の調子は良くなったのかもしれませんが、あの頭痛はもう勘弁です。

はたして次回の“プチ断食”はあるのだろうか・・・。