Archive for December of 2009

2009年度の建設業界は・・・

December 29, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

2009年ももう終わろうとしています。

今年は百年に一度という大不況の中、建設業界では大手の倒産

だけでなく、身近な会社さんの倒産なども見てきて、本当に厳しく

辛い一年だったように思います。



先日また暗くなるような調査結果が出ていました。

“2008年度、工事受注件数の約7割原価割れ”

7割が原価割れですよ! それもこの調査結果は昨年度のものです。

ということは今年はもっと悪かったのではないだろうか。

想像しただけで恐ろしくなってきます。



来年に向けての明るいニュースを! 

と思って色々と探したのですが・・・、ない。

2010年は建設業界にとっては本当に“正念場の年”となりそうです。


パーフェクト! 長谷川選手 10度目防衛!

December 18, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

いやー、やりましたねー長谷川選手。

WBCバンタム級チャンピオン10度目防衛!

具志堅さんに続いて2人目の2けた防衛。



試合運びはほぼ完璧です。

相手の遠目からのすこしタイミングがずれたパンチを何度かもらって

いましたが、それも早い段階から見切れていたようで、3回あたりから

カウンターのタイミングがあってきていました。

そしてあの4回の左にダッキングして、至近距離からの左ストレートの

ダブル。さすが長谷川選手! 

それまでに左ダッキングからの左ストレートは最初何度か

ヒットしてはいましたが、相手も世界ランカー。さすがにそのタイミングも

読めてきたのか強くヒットしなくなってきていました。

さてそこでどういう組み立てでいくのか?



試合中数発しか打っていない左アッパーがヒットしていたのでおそらく

それを入れたコンビネーションをもってくるのかと思っていたらなんと

左ストレートのダブル! うーん、まさかこんなコンビネーションで

フィニッシュブローを打ち込むなんて。なかなか利腕である左ストレート

のダブルを打つ練習はしていないと思うのですが。

はやり長谷川選手はすごい! そして強い!



次は減量苦のため階級をスーパーバンタムにあげるかもしれないとのこと。

そうなると現WBCチャンピオンである西岡 利晃選手との対決か。

しかしこれはきっと実現しないでしょうね。どちらも良い選手なので

潰し合いになるのは避けるでしょうから。

でも実現したら面白いと思うんですけどねー。

どちらもスピードがあり、カウンターもうまい。それにお互いに好戦的ですから。

この対戦が実現するならぜひ会場に足を運びたいですね。

MOVIX六甲 閉館 2

December 11, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

シネコン『MOVIX六甲』がオープンした当時は来場者もかなり多く

オンライン予約ももちろんできませんでしたから、満員で入ることができないことも。

マトリックスを観にいったときは、駐車場までが満車状態だった。



ところが今では・・・、レイトショーで観にいくとお客がいつも数人。

話題の映画で大きな劇場であってもパラパラ。

『地獄の黙示録・特別完全版』を観にいった時は、あの強烈な映像を広い映画館で

200分間わたしひとりで鑑賞。なかなかできる経験ではありません。

先日行ったときは映画館下のレストラン街に寄ったのですが、お客はまったくなし。

正直ひとりのお客さんにもあいませんでした。

やばい感じだなーと思っていたら、来年1月末で閉館の知らせが。



思い出の映画館なので、やはり悲しいですねー。

六甲アイランドから少し離れたHAT神戸にシネコンの109シネマズが

あるのでこれからはそちらに行くことになると思いますが、

なにか私の中で、ひとつの時代が終わったような気がします。

閉館までにあと何回行くことができるかわかりませんが

じっくりと館内を見ておきたいと思います。

MOVIX六甲 閉館 1

December 08, 2009
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

最近ちょっと悲しい知らせを聞きました。 それは・・・

六甲アイランドにあるMOVIX六甲が来年1月末で閉館するということ。



阪神大震災から2年後の1997年にオープンし、当時はまだ全国的にもシネコンが

珍しかった。それに震災の影響もあって気軽に映画を観ることもできなかった。

そのため六甲アイランドにシネコンができると知って、映画好きの私には本当に嬉しかった。

初めて観にいったときのあのシネコンの雰囲気は、当時の日本のどの映画館とも違い

照明や内装に凝っていて、アメリカのシネコンの雰囲気を醸し出していました。

映画を観る前のうきうき感をさらに盛り上げてくれ、何度も足を運んだものでした。

ところが・・・。



六甲アイランドにはまだ人も住んでいない1988年頃から測量のアルバイトで

訪れていました。1992年に超巨大プール『アオイア』ができ、大型室内遊園地

『ダイナボックス』、ゴーカート場にパターゴルフ、さらにベイシェラトンオープン。

その後もホテル等の開発予定など、このリゾート計画をセゾングループがしたこともあり、

どのように発展していくのか楽しみでした。 当時は島内のマンションも販売と同時に完売。

デートスポットとしてどの雑誌でも取り上げられていまいた。六甲アイランドがもっとも

輝いていた時代です。



そして1995年、あの阪神大震災がきてしまいました。 六甲アイランドの明るい未来が

崩れ去っていった年です。 レジャー施設はすべて破壊され、島の住民も一時避難。

破壊の程度はすさまじくセゾングループは撤退。六甲アイランドに明るい話がなかった・・・。

そこにシネコン『MOVIX六甲』がオープン。ほんとうに嬉しかった。

※次回につづく・・・。