Archive for January of 2010

読書 『奇跡のリンゴ』

January 29, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今回は 『奇跡のりんご』 と言う本のご紹介を。

内容はりんごを無農薬、無肥料で栽培することに成功した話です。

そういえば以前にNHKの 『プロフェッショナル 仕事の流儀』という番組でも

取り上げられていたはずなんですが、そのときはりんごの話なんて・・・

興味をそそらなかったのであえて観ませんでした。

ところがその後、このりんごの話がかなりの反響を呼んでいたんですよね。

本も多数出版され、絵本にまでなっていました。

りんごの話で感動するの?



感動しましたね。それもかなり!

現在のりんご栽培に農薬、化学肥料は必須であり、それなしに栽培するのは

不可能と言われていたそうです。

それをごく普通にりんご栽培をしていた木村 秋則さんがある本に出会いそして

無農薬、無肥料での栽培に挑戦し、8年を掛けて見事成功しました。

と言ってもそれまでに800本あったりんごの木が半分近く枯れ、その中の

わずか1本の木から7個の花が咲いたに過ぎなかった。

さらに実際に実をつけたのが2つのみ。正直お金にはならない代物です。

そしてここからまだまだ木村さんの苦労は続くんですよ。

早朝から畑に足を運び、夜はキャバレーでアルバイト。

“継続は力なり” とはいいますがゴールが見えない、いや本当にゴールが

あるかも分からない中で信念を貫き通すのは並大抵のことではないでしょう。

それに相手は天候、気候に大きく影響を受ける “生きもの” ですからね。



話だけを聞くと無骨な農家の人って感じがするかもしれませんが

実際本の表紙に載っている木村さんは本当にどこにでも居そうな、

優しい笑顔をもった田舎のおじさんって感じです。



ちょっと最近元気が出ない。 仕事で疲れている。という方にこの本はお薦めです。

読み終えたときにはきっと前向きな気持ちになれると思いますよ。


読書 “「原因」と「結果」の法則”

January 08, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今回は年始早々に読んだ本を紹介します。

それは英国の作家ジェームズ・アレンが1902年に書いた

“「原因」と「結果」の法則”という作品です。

この作品、自己啓発書としてはかなり有名なようで “道は開ける” などの

作品を書いたデール・カーネギーなどにも大きな影響をあたえたそうです。

ではその内容は・・・。



心の中の “思い” が自分のいま置かれている環境、現状をつくり出して

いる 『原因』 であって、その 『結果』 としていまの自分がある。

つまりいまの環境、現状に不満を持ち、変えたいと思うなら

『原因』 である心の中の “思い” を変えることでこれからの 『結果』 も

変えることができる。ただしこの「心の中の “思い” を変える」ためには

かならず自己犠牲が必要である。

そして最終的に得るもの、それは・・・“穏やかな心”。



宗教的な感じですが、宗教色は一切ないです。

ページ数も100ページありませんので、1時間もあれば読み終えることができます。

暇つぶしのつもりで目を通されてはどうでしょう。

案外心をグッと捉えるかもしれませんよ。

「原因」と「結果」の法則