Archive for February of 2010

金物マガジン & 職人さんドットコム

February 26, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

この度、以前このブログでも紹介させていただいた

フリーペーパーを出版している 『金物マガジン』 さんと

現場で働く職人さんによりためになる情報を発信したい

という共通の思いから色々と協力してサービスを提供して

いこうということになりました。



まずその初めとして 『金物マガジン設置店マップ』 をつくってみました。

フリーペーパーとは思えない全ページフルカラー。

さらに掲載されている広告や記事もかなりマニアックで思わず職人さんが

手にとってしまうこの 『金物マガジン』 がなかなか皆さんの手に

届いていない。色々な方に話をきくと、どこに設置されているのかわからないと

言う回答がほとんど。

それならば全国のどこの金物店に設置されているかマップで表示しようと

言うことになり、まずは関西版からスタートしてみました。

どうですか、見やすくないですか?

最新号が2月25日に出たばかりです。

ぜひ皆さん、金物マガジン設置店に寄っていただき手にとってみてください!

読者プレゼントもありますよ。

金物マガジン

金物マガジン

悪質な “ホームページリース商法” (後編)

February 23, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

どのようなホームページが建設業界、とくに地場で営業活動をされている

法人さんや個人事業主さんとって必要なのか。



・低価格である。

お金をかければどんなホームページも作り上げることができますが

費用対効果考えると、今の不景気月額3,150円以上の広告費は厳しい!


・誰でも簡単に更新できる。

更新されていない古いホームページはだれも見てくれません。

かといって更新するのは面倒。また業者に頼むと高い。

いつでもどこのパソコンからでも簡単に更新したい!


・営業活動に活用したい。

いままではホームページを作っても名刺にアドレスを表示することしか

営業活動では活用されていない。また携帯対応サイトを作成するには

別途費用がかかる。

インターネットで表示されるだけでなく、携帯サイトとしても表示でき

自社だけのQRコードをつくりたい。

またサイト全体を印刷ができ、会社パンフレットとして活用したい!


上記の3つの要望を取り入れ、さらにホームページの信用度をあげるために

独自ドメイン(その会社だけのインターネット上の住所の様なものです)を

取得し、皆様にご提案しているのが “職人さんドットコム” よりご提供させて

いただいておりますホームページ作成サービスです。

ご興味のある方はフリーダイヤル 『0120−492−341』まで。

またメール、FAXでもお受けしています。

お気軽にご相談を!

悪質な “ホームページリース商法” (前編)

February 19, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

最近中小企業、個人事業主を対象にした悪質な “ホームページリース商法” が

話題になっています。



下記は私の体験です。

突然セールス電話がかかってきます。

「ホームページを利用してお客様を増やしませんか? いま地域ごとに限定して

お願いしており、当地域に関しては御社にお願いしたいのですが。」

不況の中、すこしでもお客様を増やしたい気持ちと、流行のホームページをもたないと

という気持ちに付け込んで強引に訪問セールスの約束と取り付けます。

そして訪問セールスに2人でこられ、ホームページの必要性を延々と説きます。

説明する事1時間半。さすがに疲れて数日検討し、折り返しこちらからお電話

するということで終わろうとすると、強引に今日の契約を迫る。

この態度がどうも気になったので契約書、価格等が記載されている資料をもらおうと

すると拒まれる。

月額2万円×5年間=120万円 の契約を今日の説明でスグに契約する気は

ないと伝えると契約書、価格が書いてある資料を取り上げ、

『わざわざ来たのに』 的な嫌味を言いながら帰っていきました。

実はこういう悪質な“ホームページリース商法” をしている会社は数社あるんですね。

この商法に疑問をもってから同じセールス電話があった別会社からも

契約の話を聞きましたが、同じ様な対応でした。

ホームページ、インターネット、パソコンの知識が少なく、また相談できる方がいない

ことを見越した悪質な商法です。



本来ホームページ自体にはリース契約はできないんですね。

そのためノートパソコンやハードデスク、またホームページを書き換える為の

汎用性のあるソフトに対してリース契約をするようです。

よく考えたものです。ノートパソコンやハードデスク、それに汎用性のあるソフト

などの価格を考えると、ホームページ作成維持費を考慮したとしても

120万円の価格は “ぼったくり” です。



この商法を知り、また私の周りの方からこの商法に関して色々と相談されていた

こともあり、職人さんドットコムにてホームページ作成サービスをスタートしました。

ただしこのサービスの条件として、建設関係の業者さんのみを対象に

“驚くような低価格” “携帯電話に対応” “営業活動に活用できる”

この3点を重視しました。


<次回に続きます>



バンクーバー冬季オリンピック

February 16, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先週から “バンクーバー冬季オリンピック” がはじまりました。

前回のトリノオリンピックではフィギュアスケートの荒川静香さんの

金メダルひとつに終わりましたが、果たして今回はどうでしょう。



いろいろと期待の種目はありますが、なんといってもフィギュアスケートの

浅田 真央、安藤 美姫、高橋 大輔、織田 信成に注目ですね。

それに別の意味で注目の男子ハーフパイプの国母 和宏選手。

また女子カーリングも気になります。

メダルの数だけでなく、オリンピックだからこそ起こる感動がほしい!

日本中の不景気を日本選手の頑張りで吹き飛ばしてほしいですね。

トヨタ リコール問題

February 12, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

いま世界のトヨタが大変なことになっているようです。

『品質のトヨタ』 にリコールの嵐!

アメリカでのアクセルペダルの問題からスタートし、いまもっとも話題の

車種であるプリウスなどのハイブリッド車にも欠陥?がみつかった。

そのため日本の経済を牽引していたトヨタの株価も大暴落。




たしかに品質第一のはずがこれだけのリコールが続けば、今までにリコールが

あっても隠していたのではと思われるのは仕方がないところか。

ただし今回のリコールでのトヨタの実際の金額的な損失はどのようなものなんでしょうか。

とくにハイブリッド車に関してはプログラムの修正だけで改善されるそうで

実際に今回のリコールでディーラーにもっていかれた方は、プログラムを更新するだけで

すぐに終わったそうです。ハイブリッドシステムに関する大きな欠陥でなければ

今後もハイブリッド車は売れそうな気はします。



ただし、アメリカで起こったアクセルペダルの件はかなり問題ですね。

費用もさることながら、購入者が集団訴訟をしようとしているそうな。

いままでの企業に対する訴訟からみて、莫大な損害賠償をとられるのでは。

欠陥、改良に関する情報公開に関してもそうですが、これからトヨタは創業以来の

厳しい立場に立たされそうです。しかしここで本家の豊田社長がうまく解決できれば

トヨタの社歴に大きな足跡を残すことになるんでしょう。

頑張れ、トヨタ!

マイクロUSBメモリ

February 09, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日新しいUSBメモリが必要になりアマゾンにて購入しました。

以前デスクトップパソコンに挿していたUSBメモリを蹴って壊して

しまった経験があるので、できるかぎり小さいものをと思い探していました。

するとあるんですねー。とてつもなく小さいUSBメモリが。

バッファローから発売されているマイクロUSBメモリで

出っ張りがなんと5?。あまりにも小さくてビックリ。

それに価格も8GBで2,700円。 安い!

ハードディスクもそうですが最近のメモリ関係は本当に価格が安くなりました。

購入する側からすると嬉しいことです。

※この商品小さくて邪魔にならず持ち運びにも便利ですが、取り外しに関しては

ちょっと難ありって感じです。まあ小さいから当然ですが。

usb

usb1

朝青龍、引退!

February 05, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

とうとう朝青龍が引退を表明しました。

直接の原因は素人に手を出して、ケガをさせたということですが

いまだにはっきりとした事実がわからず、有耶無耶のまま幕引きに

なってしまいました。まあいままでの相撲協会の対応からすれば

もっともおさまりの良い結果になったと言うことですかね。



しかし相撲協会の対応は全てが後手後手でしたねー。

もし格闘技の有名選手がどんな理由があろうとも素人に手を出して

ケガをさせれば、引退勧告などかなり厳しい処分がくだされるのが当然。

ましてや正当防衛ではなく、酔った勢いでの乱闘となれば即引退。

それに示談がすんだとしても刑事事件は免れません。

いまの相撲業界にとっては興行的に朝青龍はいてもらわなくてはならない

横綱だったのかもしれませんが、これ以上相撲界のイメージを悪くするのは

やはり将来的にはマイナスにしかならなかったでしょう。



そういえば小学生の時代に相撲消しゴムというのがあって、四角の空箱を裏返し

そこにコンパスで土俵をかき、相撲消しゴムを向き合わせて

空箱の端を指先でトントンと叩いて勝負をしたものでした。

当時は子供でも相撲に興味があったんですが、今はどうなんでしょう?



貴乃花親方が理事に就任する事が決まり、これからゆっくりかもしれませんが

改革が行われるのでしょう。

はやく日本人同士の横綱対決が観たいものです。


映画  『縞模様のパジャマの少年』

February 02, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日 『縞模様のパジャマの少年』 という映画をみました。

この作品は前評判もよく、ラストが衝撃的だということで

かなり期待してみました。 ただしこの衝撃的なラストシーンと言うのは

ハッピーエンドとしてのものではありません。



内容はユダヤ人収容所の所長の8歳になる少年と、その収容所で暮らしている

同年代の少年との友情話です。 と書けば戦時中の暗い中、わずかに照らされる

心温まる話しかと思いきや、この友情が悲劇を生むんですよ。

裕福で感受性豊か、そして好奇心旺盛な少年が戦争と言うものを、そして

ユダヤ人収容所と言うものを直接的に感じ、知ることなく惨劇が日々行われている

その周辺で無邪気に遊んでいる。

しかしさすがに少年も周りの雰囲気がなんとなく変わっていくのを感じる。 

祖父母が、姉が、父親が、そしてこの映画の中でもっとも苦しむ母親が。

少年が初めてその周りの現状を感じ、そして知った時に悲劇が・・・。



子供の無邪気さゆえの残酷な結果。 大人の作った嘘、虚構を疑いもなく信じ

そして友人を一度は裏切ってしまったと言う後悔と償いたいと思う優しい気持ち。

無邪気だった少年が、本当の現実を知った時のあのなんともいえない顔。

正直つらい映画です。 でも観るべき映画かもしれません。

娯楽映画ではないので覚悟をもって観てもらいたい映画です。

縞模様のパジャマの少年