Archive for February of 2010

映画  『縞模様のパジャマの少年』

February 02, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日 『縞模様のパジャマの少年』 という映画をみました。

この作品は前評判もよく、ラストが衝撃的だということで

かなり期待してみました。 ただしこの衝撃的なラストシーンと言うのは

ハッピーエンドとしてのものではありません。



内容はユダヤ人収容所の所長の8歳になる少年と、その収容所で暮らしている

同年代の少年との友情話です。 と書けば戦時中の暗い中、わずかに照らされる

心温まる話しかと思いきや、この友情が悲劇を生むんですよ。

裕福で感受性豊か、そして好奇心旺盛な少年が戦争と言うものを、そして

ユダヤ人収容所と言うものを直接的に感じ、知ることなく惨劇が日々行われている

その周辺で無邪気に遊んでいる。

しかしさすがに少年も周りの雰囲気がなんとなく変わっていくのを感じる。 

祖父母が、姉が、父親が、そしてこの映画の中でもっとも苦しむ母親が。

少年が初めてその周りの現状を感じ、そして知った時に悲劇が・・・。



子供の無邪気さゆえの残酷な結果。 大人の作った嘘、虚構を疑いもなく信じ

そして友人を一度は裏切ってしまったと言う後悔と償いたいと思う優しい気持ち。

無邪気だった少年が、本当の現実を知った時のあのなんともいえない顔。

正直つらい映画です。 でも観るべき映画かもしれません。

娯楽映画ではないので覚悟をもって観てもらいたい映画です。

縞模様のパジャマの少年