Archive for April of 2010

まさか長谷川選手が・・・

April 30, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

まさか長谷川穂積選手がKO負けするなんて・・・。

今日WBCバンタム級王者、長谷川穂積選手とWBOバンタム級王者

フェルナンド・モンティエルの世界統一戦がありました。

日本ではあまり馴染みのないWBO(世界ボクシング機構)ですが、いままでに

あのオスカー・デ・ラ・ホーヤやナジーム・ハメド、マルコ・アントニオ・バレラ

などのスーパースターを輩出してきた団体です。



今回の対戦者は前評判も良く、かなりの強敵でした。 しかし長谷川選手

の技術をもってすればKO勝ちは堅いだろうと予想していました。

1回〜4回2分50秒までは予想通りの展開。ところがラスト10秒でドラマが・・・。

これまでと同じように右ストレートのリードパンチが飛んでくる。それに合わせて

長谷川選手が左フックをカウンターで合わせる。いままでならこのパンチが当たっていた。

ところがモンティエルは右ストレートのリードパンチと同時に左のショートストレート。

パンチ自体にはそれほどの威力はないはずだが、長谷川選手はすでに左フックの

モーションに入っていた。一瞬の隙をついたカウンター。さすがに長谷川選手でも

このパンチは読めなかったか。モンティエルの凄いところはさらに続けて右、左の

コンビネーションを繰り出すところです。今度は渾身の左。これでは長谷川選手でも

耐えられない。ここですぐに膝をついてダウンすればよかったのだが、おそらく

ボクサーの本能でしょう。ダウンを耐えようとして踏ん張ってしまう。そうなると

モンティエルの射程距離内。ラッシュが飛んでくる。さらに長谷川選手はロープに

もたれ掛りながら、手をロープに絡めてしまう。これではクリンチもダウンも

できない。そしてフィニッシュ。



あのときダウンできていれば・・・。 おそらく4ラウンド終了で、1分のインターバル

の後、第5ラウンドに入ることができただろう。そうなればあとの展開はわからなかった。

明らかにそれまでのラウンドは長谷川選手がとっていた。さらにそれまでにローブローで

モンティエルは減点されていた。採点上では面白い展開になるはずだったのだが・・・。



こういう良い試合があるからボクシング観戦はやめられません。

長谷川選手はかなり減量がきつかったようなので、ゆっくり休養をとって階級をあげて

再起してほしいところです。 もう一度あの鋭いパンチでKOするところが見たいですね。

ある居酒屋での出来事

April 27, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日大手チェーンの居酒屋に行ってきました。

週末だったのでそれなりにお客さんは入っていましたが、駅から

離れていたということもり待つことなく席に案内してもらいました。

席について上着を脱ごうとしたその時、店員さんが一言。

「お飲み物は何にされますか?」

私はまだ上着も脱いでいません。ちょっとタイミングおかしくないですか?

さすがにまだ決めていませんから後で注文しますと一言。

この瞬間から嫌な予感はしていたのですが、案の定いろいろと出てきました。



まずは店員さんの注文のとり方。 男性だったのですが、だらしない立ち方。

それに目線は常に注文の機械に。こちらに目を向けない。

さらに頼んだビールはぬるぬる。気が抜けているようで不味い。

注文した料理はなかなかこない。そしてとり皿が一枚のみ。

これで全部の料理をとれと言うのか! こちらが頼むまで持ってこない。

料理に関しては可もなく不可もなくと・・・。

いえいえ大有りでした。写真のイメージと料理の作りがあまりにも違う。

これは詐欺か? 一番驚いたのが石焼風チャーハン。

石焼なのに熱くない。ジュージュー音もせず、おこげもまったくできない。

これ石焼にする意味ないやんって感じです。


最後に会計を席で済ませて、帰ろうとレジ前を通っても誰もおらず。

「ありがとうございました!」の一言すらなし。

あきれて店を後にしました。

そういえば以前にも別の大手チェーンの居酒屋でも同じ思いをしたような。

こういう経験をするとこれらの店には二度と行きたいとは思いません。

せっかく行くならやはり気分よく食べたいですからね。

石焼

英会話のジオスが・・・

April 23, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日、英会話学校大手「ジオス」が経営破綻してしまいました。

驚きました。NOVAに続き、ジオスまで・・・。

あれほどコマーシャル、ポスターなどで宣伝に力を入れていたのに。

誰もがあのフレーズ“英会話ーのジオース”を覚えているのでは

ないでしょうか。



ここ数年で英会話業界は劇的に変わってしまいました。

NOVAが経営破綻するまでは、とにかくどこの駅に行っても

英会話学校の看板、ポスターが貼ってあり競い合って学校を開設していました。

誰もが異常だなあと感じていたのではないでしょうか。

多額の前金を徴収し、キャンセルするとほとんどお金は返ってこない。

とにかく料金体系、特に割引設定がわかり難い。

いつかこのビジネスモデルは問題が起こるだろうなあと思っていました。

それに多くの方が教育訓練給付制度を活用し、多くの給付金をもらっていたが

この制度もかなり削減されてしまった。

さらにこの不況でプライベートで海外に行く機会も減ってきている。

これでは高い料金を払って “駅前留学” しても意味がない。



これほど一つの業態の栄枯盛衰を短期間で感じ取ることができるのは

そうそうないような気がします。

はたしてこれから英会話業界がもう一度盛り返してくることはあるのでしょうか?

少なくとも景気回復がない限りは難しいでしょうね。

映画 『第9地区』

April 20, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日 『第9地区』 という映画を観てきました。

この映画は評価が “好きか、嫌いか” の両極端に分かれてしまう

ちょっと変わった映画です。



SF映画でありながら宇宙のシーンはほとんどなし(全くなかったかも)。

そして舞台は南アフリカ共和国のヨハネスブルグ。

(何でやねんってかんじです。)

ドキュメンタリータッチでスタートするのですが、どうも設定が???

ある日、地球に巨大な宇宙船がやってくる。問いかけても全く返事はなし。

しかたなく壁を破壊し、船内に入るとそこには・・・、

グロテスクな宇宙人がいっぱい。

(正直私はこのシーンで引いてしまいました。)

どうもこの宇宙船が故障をしてしまって動くことができない。

しかたなく地球に難民として滞在することに。

さて、ここからこの映画の本題に入っていくのですが・・・。



私にはこの映画は辛かった。 とにかく映像が汚い。グロテスク。

人種差別的なものを扱っているのかと思いきや、どうもそうでもない。

というのも差別する側も、される側も自分勝手で行動がめちゃくちゃ。

同情するシーンかと思いきや、次には同情される側が銃を乱射するは

相手を惨殺するは。

原始的な行動をする割には、高度なテクノロジー、武器をもっている宇宙人。

それなら地球を征服できるだろうと思いきや、なぜかギャングにいい様に

虐められる。

そしてこのグロテスクな宇宙人の大好物はなんと猫缶。

本当に何でやねんって感じです。



今まで見てきたSF映画とは全く違う、異質の作品です。

グロテスクなシーンがオーケーの人で、いままでのSF映画に飽きた人には

よいかもしれませんが、そうでない方は見ないほうがよいかも。

トラウマになるかもしれません。

第9地区

読書 『クックパッドというビジネス』

April 16, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

皆さんは “クックパッド” という会社を御存知でしょうか?

日本最大の料理サイトを運営し、昨年7月マザーズに上場した会社です。

日本一のレシピのデータを持ち、多くの女性が活用しているそうです。



テレビで紹介されているのを見て、この会社のビジネスモデルに

興味をもちました。

そこでこの会社を紹介している本“六〇〇万人の女性に支持される

「クックパッド」というビジネス”(題名が長すぎる!)を読んでみました。


まずサイトにアクセスして思ったことは、実にシンプル! 

いまのこのトップページを作り上げるまでにかなりの苦労があったそうです。

どのようにすればユーザーが投稿したくなるかを徹底的に分析し、

システムを作り上げたそうです。

さらに広告の表示に対してもかなりのこだわりをもっているそうです。

どのようにすれば広告をできるだけ広告と意識させないように表示するか。

また投稿された写真をいかに美しく見せるか。



この本を読んだあと、クックパッドのサイトにアクセスすると

その苦労の跡がよくわかります。

男性なのであまりこのサイトを活用することは少ないと思いますが

お好み焼きのレシピあたりで作ってみたいです。

ちなみにお好み焼きのレシピは54件あがっていました。

クックパッド

井上ひさしさんを悼み

April 13, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日小説家、劇作家でもある井上ひさしさんが亡くなられました。

遅筆でも有名で公演に間に合わないことが多々あり、

よくニュースになっていましたね。

そのためかペンネームが 『遅筆堂』 だったそうです。



初めて井上ひさしさんの本を読んだのが、浪人時代でした。

当時本を読むことを苦手としていました。というのもそれまでに読んだ本で

面白かったといえるものがほとんどなかったからなんです。

読まされるのは夏休みの宿題、読書感想文の課題本。

あれほど面白くない本はない。(じっくり読めば面白いのかも?)

いつの頃からか本を読むことが苦痛でしかたありませんでした。



しかしさすがにいい歳をして、本嫌いではダメだと思い

読んでいて楽しくなる本はないかと色々と調べているとある雑誌で、

井上ひさしさんの 『モッキンポット師の後始末』 と言う本が紹介されていました。

当時から井上ひさしさんは売れっ子作家でしたが、私は全く知りません。

まあゆっくり時間をかけて読んでみようかと思いながら読み始めると・・・

面白い面白い。なんと2日で読んでしまいました。

内容は大学生3人のはちゃめちゃ生活と、その尻拭いをする神父さん。

このやり取りが最高なんです。当時は浪人生でしたから、私もこんなに面白い

大学生活を送りたいと思い、勉強に気合を入れ直したのを覚えています。




読書嫌いの自分が2日で本を読み終えるとは!

当時の私にしては大変な驚きでした。本がこんなに面白いなんて! 

それからはもう止まりません。 時間があれば井上ひさしさんの本を読んでました。

さらに司馬遼太郎、太宰治、芥川龍之介、ヘミングウェイ、ゲーテ・・・。

とにかく有名どころをどんどん読んでいきました。読書嫌いが嘘のように。



井上ひさしさんには本当に感謝しています。

読書嫌いの私に読書の楽しさを教えてくれたのですから。

また久し振りに 『モッキンポット師の後始末』 を読みたくなってきました。
 

亀田一家、またもやトラブル!

April 09, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今日本のボクシング界では大きな問題がおきているようです。

それは、あのトラブルメーカーで有名な亀田一家です。

先日行われた世界戦、亀田興毅 VS ポンサクレックでの出来事。

一方的な内容で明らかな判定負けにも関わらず、試合途中でおこった

バッティングの件で亀田親父が試合後、関係者に対して椅子を蹴ったり

脅迫まがいの暴言を吐いたそうです。これが後日大問題に。



最近は亀田兄弟の試合を観ていませんでした。

というのも反則はし放題で判定があまりにも偏っているためです。

レフリーも注意をしない。毎回同じ様な内容で同じ様な判定勝ち。

さすがに嫌気が差しました。 あのような試合は、命をかけて戦っている

他の選手に失礼です。 ボクシング関係者のだれもが苦々しく思っていると思います。



さて今回の試合改めて観てみると、やはりポンサクレックの圧倒的な判定勝ちは明らか。

一回目のバッティングも老獪なポンサクレックが亀田選手の機先を制して行った

感じですね。そして問題の2回目のバッティング。これは両者ともですから減点は無し。

とうぜん判定に関しても問題なし。 のはずなんですが・・・。



さすがに日本ボクシングコミッション(JBC)も今回の問題では厳しい処分を下す

ようです。なにせ世界ボクシング評議会(WBC)までが問題にしていますから。

さすがに以前プロモーターとしてバックアップしていたジョー小泉氏もさじを

投げたようです。 まあ当然ですよね。

ビッグマウスの選手はいままでにも多く出てきていましたが、引退後にも尊敬を

得ているのは、カシアス・クレイことモハメド・アリくらいじゃないですか。

ビッグマウスをするなら圧倒的な強さと飛び切りのカリスマ性を持たないと

あとで嘲笑を買ってしまいます。

まだ若い亀田兄弟。 これからすこしでも謙虚さを身に着け、クリーンな試合をすれば

またファンは戻ってくる・・・かな?

読書 『かもめが翔んだ日』

April 06, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

ここ最近図書館に足を運ぶ事が多くなってきました。

そこで目に留まったのがこの本 『かもめが翔んだ日』 です。



皆さんは “リクルート事件” を覚えているでしょうか?

80年代後半、政財界に大きな影響をあたえた贈収賄事件です。

その贈賄側になったのが、リクルート創業者でもある江副 浩正氏です。

この本 『かもめが翔んだ日』 は江副 浩正氏がどのようにリクルートを創業し

いかにして日本トップ企業にまで発展させたか。そしてどのような苦渋の思いでダイエーに

株式を譲渡したかまでを、心の葛藤や周りとの軋轢など、当時では語ることのできなかった

ことが詳しく書かれています。



江副氏は東京大学を卒業後、すぐにリクルートを起業。

企業への営業周りを繰り返し、当時はまだなかった就職情報誌を立ち上げます。

それからは毎年増収増益。 フロムエー、とらばーゆ、住宅情報、エイビーロード、

カーセンサーなどつぎつぎと情報誌を創刊し、成功を収める。

これだけをしていればいまでも高収益をあげる、超優良企業の創業者としてカリスマに

なっていかもしれません。

つまずきは不動産会社、リクルートコスモスを立ち上げてからです。

不動産業界ではよりよい条件で不動産を取得、建物を建設する必要があります。

そのためにはどうしても規制や利権などが絡んできます。そこでより有利な条件を得るため

贈収賄などの事件がおこってしまう。 その典型がこのリクルート事件です。



この本ではリクルート事件にはほとんどふれていません。そのため起業家としての自分自身を

振り返った内容となっています。

読んでいると、江副氏がほんとうにがむしゃらに走ってきたのがわかります。

ただし後半、ダイエーへの株式譲渡までのくだりはちょっと悲しくなってきますね。

いまでも優良企業であるリクルート。その創業者である江副 浩正氏を起業家としてより高い

評価をするべきかもしれません。

null

熱の花

April 02, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

以前にこのブログで準備運動をせずランニングを1時間して

体を壊したことをかきましたが、あれからさらに影響がでてきました。

それは・・・、“熱の花” です。 口の周りに水泡ができるあれです。

“熱の花” は体が弱っているときや疲労、強いストレスがあるとき、

また強い紫外線を受けたとき、胃腸が弱ったときなどにおこるそうです。



そういえはあの時、寝不足に胃腸の調子も弱っていて、おまけに天気がよかったので

川沿いで長時間日向ぼっこをしていたような。

まさに “熱の花” の症状が出るのにぴったりな状況だったようです。

年齢的な体力の衰えはしかたないとしても、やはり体調管理はしっかりしておかないと

いけませんね。 快食快眠、これが一番です。