Archive for May of 2010

どうした日本代表!?

May 28, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日ワールドカップ日本代表が韓国代表とのW杯前国内最終戦がありました。

観られた方も多いと思いますが、どう思われました?




私は正直落胆してしまいました。まさかあれだけ弱くなってしまっているとは・・・。

確かに韓国代表はアジアの中では強豪ですが、世界レベルからみればまだまだ。

にも拘らずフィジカル、スタミナ、テクニックなどすべての面で劣っていた。

いいようにボールを回され、豪快なシュートを決められる。

ルーズボールはすべてとられ、キラーパスらしきものは一切無し。

フリーキックの見せ場も皆無。

この状態でワールドカップに出場すると思うと・・・。




イングランド、コートジボワールとの強化試合の後、W杯予選がスタート。

カメルーン、オランダ、デンマークに最低1勝1敗1分しないと予選突破

できない。 うーん、この5カ国に1勝できるだけでも奇跡にちかいのに。

グーグルからのプレゼント

May 25, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日グーグルから簡易書留が届きました。

はて? グーグルになにも注文した覚えがないのですが。

すぐに開封してみると、中から『QUOカード(1,000円分)』が。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この度は、『オンライン広告に関するアンケート調査』にご協力いただき、

誠にありがとうございました。

厳正なる抽選の結果、当選となりましたので『QUOカード』をお贈りいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


そういえば最近アドワーズ広告のアンケートに答えたような覚えが。

何も期待していないときに突然こういうものを貰うと、結構得した気分に

なりますね。

グーグルさん、ありがとう!

null





読書 『新世界より』

May 21, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日久し振りにSF小説を読みました。作品は貴志祐介氏の 『新世界より』 です。 

映画のSF作品は結構好きでよく観ます。しかし本に関してはちょっと

敬遠しがちでした。というのも本の場合はその作品独特の世界観があり

その世界観を掴むまで読み込むのにかなり苦労してしまう。

正直それを掴むまでに疲れて読むのをあきらめてしまうんです。

ただし今回の作品は前評判も良く、2008年に日本SF大賞を受賞

しており、気合いを入れて読んでみました。



さて内容ですが、1000年後?の日本が舞台で人間は「呪力(超能力)」を使い

ある限られた地域で生活している。

そこの落ちこぼれ?学生5人による冒険活劇から話は始まる・・・そして惨劇が。

正直疲れました。

内容的には面白いのですがやはり世界観を掴むのに苦労しました。

それに登場する生物(バケネズミ)などかなりグロテスクな描写で描かれており

想像するのに疲れました。さらに戦闘シーンなどではかなり過激な場面もあり

読み終えた時には頭を使いすぎて少し放心状態になってしまいました。



たしかに大賞を受賞するだけあって、内容的には面白いのですが

私にはちょっと世界観が過激すぎました。

面白い作品なのでSF作品が好きかたにはお勧めしますが、そうでない方には

あまりお勧めしません。なにせ上下巻あわせて1000ページを超えるので

この世界観に耐えれるだけの精神力が必要ですから。

新世界より




W杯日本代表決定!

May 18, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

ワールドカップ南アフリカ大会まで1ヶ月をきり、ついに日本代表選手が

決まりました。 ワールドカップに向けて日本も大盛り上がり・・・?

全然盛り上がっていませんね。



ここのところ日本代表の試合はひどかった。点が取れないのは仕方がない

にしてもあまりにも簡単に点をとられる。 それも相手はすべて二線級の

相手ばかり。観ていても疲れるだけでした。

さらに今回の代表にはスター選手がいない。中村選手も本田選手も今の

世界レベルとくらべるとあまりにも差がありすぎる。

今までの大会であればほとんどの選手の名前と顔を知っていましたが

今回の代表はほとんど知りません。 岡田監督はベスト4を目標としているが

はたして日本国内でこの言葉を本気で受け止めている人がいるのだろうか。

少なくともサッカーを知っている人にとっては無謀すぎる目標と感じている

でしょう。最近は世界各国のサッカーが生中継で観ることが

できる時代ですからみんなの目もそうとう肥えているはず。



予選突破。いや1勝。いやなんとか引き分け。いやせめて1得点だけでも。

希望がどんどん小さくなっていきまが、奇跡は信じるものにしか起こりません。

いまから技術のレベルアップは難しいのでせめて精神面での強化に重点をおき

気合いだけはどのチームにも負けない状態で戦ってほしいと思います。

そうすれば能力以上の火事場の馬鹿力が発揮できるかも。

なんだかんだ言っても日本国民は代表に期待をしていますからね。

映画 『クロッシング』

May 14, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今回は現在、ミニシアターで上映されている映画 『クロッシング』 を紹介します。

世界的な映画賞を多く獲得した韓国映画で、北朝鮮の現実をかなりリアルな

感じで描いている作品です。



かつて北朝鮮のサッカー選手として有名だった主人公と病弱な妻、そして純朴な

小学生の少年に、サッカーボールが大好きな犬が織り成す壮絶な悲劇のお話です。

ニュースなどで知る強制収容所、豆満江を渡っての中国への脱北、コッチェビ

(浮浪児)、領事館への駆け込みなどが、ドキュメンタリ映像ではないかと思える

ほどの迫力で迫ってきます。

映画の最初と最後に描かれている幸せそうなわずかなシーン以外は

ほどんどが緊張の連続で、正直救いのあるシーンはありません。

これが隣接する韓国から見えてくる北朝鮮の真の(?)姿なのでしょう。



とにかく辛く、悲しい映画です。これだけ恵まれた日本からほんのすぐ近くに

このような国家が存在することに、いまさらながら驚き、考えさせられます。

韓国軍哨戒船爆破、核開発、拉致被害者の問題などいろいろとありますが、

もっと身近な問題として関心を持つべきなのかもしれません。


ご年配の方が多く観にこられていました。そしてほとんどの人が号泣。

かわいい犬に病弱の妻、初恋の彼女、そして・・・。

やはり思い出しただけでも悲しくなってきます。

映画ではちょっとと言う方は、ぜひ予告編だけでも観てください。

これだけでも結構グッとくるものがありますよ。

クロッシング

みかげ山手ロール

May 11, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日、神戸山手幹線沿いにある “みかげ山手ロール” のロールケーキを

食べてみました。

ここのお店、オープンして1年も経っていないと思うのですが結構人気が

あるようで、休みの日など駐車場にガードマンがでるほどです。

ロールケーキがメインで10数種類もあり、どれもカラフルで美味しそうです。

今回私が食べたのはもっともシンプルでベーシックな“匠ロール”です。

スポンジに生クリームを巻き込んだ、見た目は全く普通のロールケーキです。



ではお味のほうは・・・、結構甘い。といっても北海道産の生クリームに

はちみつ(百花蜜)をつかった上品な甘さです。

自分にはこの甘さ、好きですね。 以前に食べた “堂島ロール” のうす甘

よりも良い感じです。

最近は甘さを抑えたケーキが多いですが、やはりケーキはこれくらい

甘くないとケーキを食べた気がしませんね。

null

吹屋ふるさと村

May 07, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今年のGWは天気が良かったですねー。

絶好の行楽日和でどこも人でいっぱいだったようです。

私も日帰りドライブでいける範囲のなか、あまり人が集まりそうにない穴場を探し

岡山県の中西部にある“吹屋ふるさと村”へ行ってきました。

団体旅行などの観光地としてはほとんど訪れることがない場所です。

なにせかなりの田舎で、道が細く交通の便が悪い。峠越えで車が一台通るのが

やっとという道が続き、初心者やサンデードライバーではちょっときついかも。



さてこの“吹屋ふるさと村”ですが、標高550mの山嶺に江戸時代から明治

にかけて中国筋第一の銅山町に加え、江戸後期からベンガラという特産品の

生産がかさなり、幕末から明治にかけて「ベンガラの町」として全国に知られ

ました。町並みの旧街道沿いにベンガラ格子に赤銅色の石州瓦、妻入の

切妻型、平入型式等が印象的な風情たたずむ商家・町屋が立ち並んでいます。



町並み自体は端から端まで歩いてもわずか10分程ととても小規模ですが、

町全体が赤銅色ということで、いままでに見たことのない独特の雰囲気が

ありました。それにGW中は夜の町並を灯篭などでライトアップしており、

幻想的な雰囲気を醸し出していました。

吹屋ふるさと村

また近くにある木造校舎としては日本一古い吹屋小学校(現在も学校として使用)

もライトアップされていました。

吹屋小学校



ところで今回“吹屋ふるさと村”を訪れたいと思った一番の理由は、そこから

少し離れたところにある“広兼邸”を訪れたかったからなんです。

この“広兼邸”、多くの方がテレビ、映画で見ているはずです。 

というのもこの建物は映画『八つ墓村』のロケでつかわれたあの巨大な邸宅なんです。

りっぱな石垣や楼門、門番部屋まであり、まさに小さなお城といった感じでかなりの

威圧感を感じました。まさにあの映画のイメージにぴったりですね。

広兼邸



神戸から“吹屋ふるさと村”までは250km程あり、日帰りではちょっと

しんどいかもしれませんが、一般的な観光地に飽きた方にはぜひお勧めします。

笹畝坑道という吹屋銅山の坑道跡もあり、夏でもひんやり涼しく、これからの季節に

ぴったりです。