Archive for June of 2010

よくやった、日本代表!

June 29, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

よくやった、日本代表!



決勝トーナメントに進出してベスト16に。

そしてパラグアイとの一戦をむかえ、前後半で0対0の同点。

さらに15分、15分の延長でも決着がつかずPK戦に突入。

ゴールキーパー川島選手が頑張るも、駒野選手が外してしまい惜しくも敗退。




いやー、本当によく頑張りました。

PK戦での敗退はしかたがない。 運、不運もあり誰も責められない。

負けはしましたが何か清々しい思いで日本代表の姿を見ることができました。




本田選手の得点後の控え選手と喜ぶ姿。

川島選手のゴールされたあと悔しさのあまり地面を叩く姿。

闘莉王選手の試合中に檄をとばしている姿。

そして駒野選手がPKを外したあとに、みんなが慰めている姿。

どれをとっても日本人として胸を熱くさせてくれるシーンでした。



今回の日本代表に、そして岡田監督には本当に感謝です。

直前まではどうしようもない状態だったチームに “結束” をもたらし

実力以上の結果をだせたような気がします。

この 『組織力』 こそが今後の日本代表の大きな武器となっていくのでしょう。

このことが証明されただけでも今回の大会の意義は大きいと思います。



正直パラグアイに負けたのは残念ですが、今後のことを考えれば結果的に

よかったと思います。

いま強豪国と言われている国々もいままで多くの苦渋を味わってきています。

それに比べれば日本代表はまだまだです。それに今大会の活躍のおかげで

サッカーに興味がなかった人達にもサッカーの、そしてワールドカップの楽しさを

知ってもらえたことは大きいと思います。

4年後のブラジル大会まではまだまだ時間がありますが

ぜひまた新しい、成長した日本代表を楽しみに応援して行きたいと思います。

がんばれ、ニッポン!

やったぞ、日本代表!

June 25, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

やったぞ、日本代表! 予選突破おめでとう!

同点でも予選突破と有利な状態だったとはいえ、まさか勝利するとは。

それも3対1と強豪デンマークにこれまでに経験がないほどの得点差で。

最高の試合でした。




本田選手の無回転フリーキック。 遠藤選手のバナナシュート。

岡崎選手のごっつぁんゴール。決まらなかったですが大久保選手のミドルシュート。

それぞれの特徴をだしたシュートで3得点。いままでの得点不足が嘘のようです。

後半早々にもデンマークはパワープレーできましたが、身長では負けても

組織的な守備で疑惑のPKの1点のみで押さえたのはお見事!

日本代表があれほどの守備ができるとは。

真夜中でしたが眠気も吹っ飛びまし。




次は決勝トーナメント。対戦相手はパラグアイ。

正直強いチームではありますが、いまの日本代表なら勝てないチームではない!

守りに徹し、攻めるときには一気に攻勢をかける。

本当に楽しみです。

まさか今回のワールドカップで日本代表に対してここまで楽しませてもらえるとは

思ってもいませんでした。 岡田監督ありがとう!

次の試合、全力で応援させてもらいます!




ところでいま裏番組でNHKがテニスのウィンブルドンを放送しています。

これもまた結構面白い。 先日は日本の期待の星、錦織選手といまランキングトップの

ナダルが試合をしていました。ストレート負けしてしまいましたが、やはり日本の選手が

がんばっているのを観るのは楽しいですね。

もしウィンブルドンでナダルとフェデラーが勝ち上がってきたら、

こちらでも寝不足になりそうです。



惜しい、日本代表!

June 22, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

惜しい、日本代表!

オランダ代表に0対1での惜敗。

予選第二戦の相手は強豪オランダ。

勝つのは難しい。だからできれば同点。負けるようなら最低得点の0対1で。

これなら予選突破の可能性がかなり高くなる。



さて実際試合が始まると、やはり予想通りの展開に。

オランダの強力な攻撃陣をキーパー川島を中心に日本代表が耐える。

とにかく耐える。 耐えて、耐えて前半終了。

うーん、予想通り。と言うか予想以上に健闘している。

これはもしかして0対0でいけるかも。



後半スタート。 前半と同じ様に耐える。

が早い時間にスナイデルの強烈なミドルシュート。

ゴールキーパー川島がはじこうとするも、球が変化してそのままゴール。

惜しい! 反応は良かったのに。

それでも後半は点を取りに行こうと攻撃的な選手を入れ。得点を狙っていく。

終了間際には岡崎の決定的なシュート。しかし枠を外れる。 惜しい!

そして試合終了。結果は0対1。





しかし本当に日本代表はよくやった。 だれもがそれを認める試合でした。

本大会にはいるまでのあの惨敗。バラバラなチームだったのが

嘘のように連携がとれ、緩慢な動きをするものは一人もおらず

守備にも攻撃にもつねにまわりにサポートがついてくる。

技術面や体格では負けてしまっても、このアグレッシブな動きと組織力を

発揮すればその部分はある程度カバーできる。それを日本代表が証明しています。




本当に面白くなってきました。

次回のデンマーク戦は深夜キックオフですが、眠れそうにありません。

きっと次の日は寝不足でしょう。それでも日本代表のここ一番を観ずには

いられません。ただ残念なのは試合終了後すぐに仕事の時間になるので

ビールが飲めないことですね。

アルゼンチン強し!

June 18, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

やはり強かったアルゼンチン代表。

予選2試合目 “アジアの虎” とよばれ今アジアでトップにいる韓国との対戦。

アジアのサッカーが世界的にもてどの程度なのかを知るにはピッタリの

試合でした。



結果は4対1アルゼンチンの圧勝。

韓国代表が完膚なきまでに叩きのめされたと言う感じ。

あの韓国代表があそこまでやられるとは・・・。

メッシにイグアイン、それにテベスの3人で前線に切り込まれてはさすがの

韓国ディフェンスもずたずたに崩されてしまっていました。

とくにメッシ。 とにかくドリブル、キープ力は凄すぎる。

自身が得点をしなくてもひとりで4人のディフェンダーを引き付ければ、

他の選手は余裕で得点ができる。その結果がイグアインのハットトリック。



今後のメッシの活躍。アルゼンチンの快進撃が楽しみです。

ブラジル、スペイン、ポルトガル、オランダ、ドイツあたりとの対戦が観てみたい。

あと1ヶ月程、寝不足が続きそうです。

奇跡がおきた!

June 15, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

ワールドカップ日本代表に奇跡がおきたー!

カメルーン代表に対してなんと1対0で勝利。勝ち点3ゲット!




本大会に入るまでの試合では本当にひどい状態だったのが、守りに守って

なんと0点に。もちろんオウンゴールもなし。

さらになんと期待薄だった本田選手が唯一のワンチャンスをものにして

1点ゲット。どんなに得点力不足でも、今までどれだけのチャンスを潰していても

どんなに不細工な得点であっても、あの一瞬だけしっかりゴールに入れてくれれば

よかった。それをあの本田選手が成し遂げた。 

よくやった!!!

松井選手の絶妙な切り返しフェイントに正確なセンターリング。

それにゴールキーパー川島選手の好セーブ。

この試合だけはすべてが噛み合っていた。



カメルーン代表に不協和音があるの、エトーの調子が悪いの

中盤のキーマンである選手の出場辞退だのといろいろと日本代表に有利な事も

あったと思いますが、ワールドカップはとにかく勝つこと。勝ち点を手に入れること。

それができればすべてオーケー。

いままでどれだけ岡田監督が責められていようとも、勝てば名監督。

ワールドカップフランス大会でも絶望的な状況から奇跡おこしましたから。

岡田監督はなにか奇跡的な “運” をもっているのかもしれません。

この “運” を次からのオランダ戦、デンマーク戦に活かしてほしいですね。

がんばれニッポン! 予選突破だー!

ワールドカップ南アフリカ大会開幕!

June 11, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

ついにはじまりました。 サッカーワールドカップ南アフリカ大会。

アフリカ大陸初の大会とあって今までの大会の雰囲気とはちょっと違う

感じがしますね。 まあ南アフリカの治安の悪さがばかりが目立ち

南アフリカの自然や文化などについてはほとんど取上げられていないのが

ちょっと寂しい気がしますが。




開会式直後の試合、南アフリカ 対 メキシコ。 実力的にはメキシコの圧倒かと

思って観ていました。ところがやはり開催国の利か序盤こそメキシコに押されて

いましたが、試合全体では押し気味に進め惜しくも 1対1 の同点。

会場に集まった9万人の観客もまずまず納得といった感じですかね。




ところで日本代表。FIFAランク110位のジンバブエ代表と30分×3本の

練習試合をして、なんと無得点。結果は0対0の引き分け。

おいおい、こんな状態でワールドカップに出場して大丈夫か!?

日本代表の予選突破には本当に奇跡が必要なようです。

映画 『ションシャークの空に』

June 08, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日名作映画 『ショーシャンクの空に』 を大スクリーンの映画館で観てきました。

1994年に公開されたこの作品を当時なぜか見逃していました。

当時は『フォレストガンプ』『スピード』などの話題作に目をとられてしまって。

これらの作品もかなり面白く、忘れられない映画ですが 『ショーシャンクの空に』

のあの感動にはかないません。何度観てもあきませんし、その都度あたらしい

発見があります。そしていつもエンドロールのところで “希望(Hope)”

を持つことの意味、そして大切さを感じさせてくれます。落ち込んでいる時などに

つい観たくなる私にとっては “強壮剤” となる映画です。



最近TOHOシネマズ系の映画館で1950年〜70年を中心に、歴史に残る

外国の傑作娯楽映画50本を、1年間にわたり連続上映する特別企画を行なって

います。この50本の中に今回 『ショーシャンクの空』 が選ばれました。

大スクリーンで観ることができないと思っていた作品が多数選ばれています。

もし時間があれば、お気に入りの映画を大スクリーンで観られてはどうで

しょうか。きっといままで以上の感動がこみ上げてきますよ。

私はあと 『ベンハー』 『アラビアのロレンス』 『2001年宇宙の旅』あたり

を大スクリーンで観てみたいですね。

ショーシャンク

だいじょうぶか日本代表!?

June 04, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

ワールドカップまであとわずかということで、とうしても日本代表が気になります。

先日のイングランド戦は、攻守うまくバランスが整っていて負けはしましたが

よい試合をしましたね。 コーナーから闘莉王のダイレクトシュート。

前半は無得点で耐えたのですが、やはり後半は攻められ続け2得点をあげられてしまった。

ただし1点目の自殺点はやむをえないとしても、2点目はハンドはちょっと・・・。

さらにきょうのコートジボワール戦では、まったくと言ってよいほど見ごたえの

あるシーンがなかった。まあ今回も不運な自殺点はありましたが。



ほんとうにこのままワールドカップに入るのかと思うとちょっと心配ですね。

予選突破とか1勝とかの問題ではなくてラグビーの試合のような得点差で負けて

しまうのではないかと。“5−0” などのスコアでは恥ずかしいどころか

ヨーロッパや南米などの予選で僅かの差で突破できなかった国々に申し訳なくて。



いま、日本代表にとっての最大の問題は“中村 俊介”を中心にしていくのか

それとも“本田 圭佑”でいくのか。

この部分をはっきりしないと戦術がまったく変わってくると思うのですが。

はたして岡田監督はどちらを中心にすえるのか。

私的には調子を落としているとしても“中村 俊介”中心にチーム編成して

欲しいところですね。

14日のカメルーン戦では1勝してほしい。いやせめて1分けはしてほしい。

でなければ最終のデンマーク戦まで楽しみがなくなってしまう。

1勝1負1分なら僅かでも予選突破の可能性がありますからね。

気になる “ipad”

June 01, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日日本でも発売された“ipad”。 マスコミでもかなり取り上げられており

販売も上々のようですね。



はたして電子書籍はどこまで普及するのでしょうか?

確かに端末さえあればどこでもどんなジャンルでも読むことができるのは魅力的ですが、

“読書”するための機能がかなり制限されるような気がします。

私の場合、本のジャンルにもよるのですができるかぎり早く読みながら(速読とまでは

いきませんが)気に入った文章があればラインを引く、また本の端を折るなどします。

一通り読み終えたあと、よい本であれば再度じっくり読む。

自分にとってよい本なのかどうかは折り目の多さで分かります。

(折り過ぎて本のケースに入らない事もありますが)

この行程で自分の頭の中の本棚によい本が整理されていきます。




ところが“ipad”ではこの行程を行うことが難しいような気がします。

おそらくラインや端を折るようなことはできるかもしれませんが、

本を読み終えたあとの本を持った感覚、重さや厚み、においなどの五感で

感じるものがないのはちょっと記憶に残りにくいような気がします。

ただし雑誌などに関しては“ipad”は大きなツールになると思います。

動く広告や商品の写真からネットショップへの誘導など、読者にとっても

今までの本にはない楽しい機能が追加されているようですから。



ぜひ一度さわってみて、その優れた機能を感じてみたいですね。

今は否定的な思いをもっていますが、実際さわってみたらすぐにでも購入たくなる

いやその場で購入してしまう。 そういう面白い商品かもしれません。

先日のニュースではアップルの時価総額がマイクロソフトを越えたそうです。

一時は倒産するかもとまで言われ、マイクロソフトから出資までもらっていたのが

嘘のようです。

やはりスティーブ・ジョブズはすごいですね。