Archive for November of 2010

グリーン家電エコポイント ゲット!

November 30, 2010
毎度、職人さんドットコムです。

先日グリーン家電エコポイントを活用しました。

自宅には15年以上使っているブラウン管テレビが一台。

阪神大震災を体験したテレビなのでさすがに調子も悪くなってリモコンスイッチを

押しても電源が入らない。 20回ほどいろんなボタンを押すとようやくオンに。

もちろん電池不足ではありません。さすがに買い替えないとと思っているときに

このエコポイント制度が。お得な期限ギリギリの11月末に購入しました。

大手家電量販店で購入したのは東芝32型REGZA(レグザ)。それ以外の詳細は不明。

販売価格41,800円から考えると上位機種でないのはあきらか。

どうもテレビの機能にあまり興味がないので価格に優先順位がおかれました。

エコポイントも12000ポイント。 かなりお徳でした。




しかし液晶テレビ安くなりましたねー。 ほんの数年前まで1インチ5,000円と言われて

いたのに今回購入したのはなんと1インチ1,300円。もちろん最新機種でもなければ

便利な機能もありませんが、単純に見るだけならこの商品で十分。

この価格は安すぎる。まさに価格破壊! 

世界で日本のメーカーがこの価格で勝負するのは厳しいでしょうね。

堺のシャープ工場にソニーが出資を見送ったとのニュースも流れていました。

液晶テレビ事業、これから世界的にみると有望なのでしょうがそれだけ競争も激しく

半導体のように価格競争で苦しむのは必至。

3Dなどで差別化を図ろうとしているようですが、これもまた難しそうな気がします。

国内市場でも今回のエコポイントが終了した後、どのようになるのか心配ですね。

ダブルで2階級制覇!

November 26, 2010
毎度、職人さんドットコムです。

やりました! 粟生選手と長谷川選手、それぞれフェザー級、スーパーフェザー級

での2階級制覇。



粟生選手、現チャンピオンに対してアグレッシブに前に出て明白な判定勝ち。

さすがアマチュア高校6冠。テクニックは抜群。 と思っていたのですが

相手も現チャンピオンとあってかなり打ち込まれていました。

正直ちょっと危ない場面も。サウスポーの右ジャブに合わせて相手の左フックが

かなり当っていました。 次回からの防衛戦ではこの当り対処しないと危険です。

このフックの合わせ方は長谷川選手の得意とするところなので十分対応可能ですね。



長谷川選手、文句なしの判定勝ち。 あと少しでTKOという感じでしたね。

ただし長谷川選手もかなり危険なシーンがありました。

今回は2階級あげての世界戦。ひと回り体格が違う対戦相手にスピードよりむしろ

パンチ力を重視したような戦い方で、あまり足を使っていなかった。

長谷川選手の特徴は素早い横、前後の動きなのですが真正面からの打ち合い。

今回は打ち勝ちましたが、同じ戦い方ではさらに強い挑戦者がくるとちょっと怖いですね。

先日のパッキャオ選手のようにとにかく動き回り、常にパンチをくりだし

ここぞというところでカウンターと素早い連打。

長谷川選手のスキルなら出来そうな気がします。



今後の粟生選手、長谷川選手の活躍がたのしみですね。

まだまだ熱くしてくれる戦いを期待しています。

粟生選手、長谷川選手これからもガンバレー!

紅葉の平等院

November 23, 2010
毎度、職人さんドットコムです。

紅葉の秋ということで、京都宇治にある平等院に行ってきました。

年中渋滞している京都市内。とくに紅葉の季節は半端ではない混み様。

あえてその市内を外して宇治市へ。

予想通りまったく渋滞はなし。駐車場にもとくに困ることもありませんでした。

平等院の内部を見るのにちょっと待ち時間はありましたが、ゆっくりと観光できました。



平等院といえば10円玉。 実際建物の姿形はまさに鳳凰。さすがに世界遺産!

荘厳な雰囲気を漂わせていました。 しかしそれ以上に内部の素晴らしさには

目を見張るものがあります。

中心に大きな阿弥陀如来坐像。そして周りの壁には木造雲中供養菩薩像が52躯。

薄暗い中、窓から入る光が神秘的な雰囲気を醸し出し、異次元にいるような感覚。

多くの方にぜひ一度体験してもらいたいですね。

とこでこの内部拝観。 平等院庭園に入るための入園料600円とはべつに

内部拝観料が300円いるんです。それに内部は狭いため入場制限があり

待ち時間も必要。  そのため多くの方が外部からの拝観のみで帰られているようでした。

もったいのない。 内部拝観は必須です!



あと近くにある世界遺産、宇治上神社にも立ち寄りました。

こちらは鎌倉時代に建てられた神社建築では、日本最古の本殿。

この神社は源氏物語の舞台にもなっていて、ちかくに源氏物語ミュージアムもあります。

源氏物語ファンにとって宇治は聖地?

しかし私はどうもこの源氏物語が苦手でまだ読んでいないんです。

もともと色恋沙汰の小説は好きではないので。 まあ年をとって時間を十分にとれるように

なったら読んでみたいと思いますが。



京都市内から宇治はすこしはなれていますが、また違った雰囲気を持っていますので

1日かけての散策をおすすめします。 お茶も美味しいですし。

もちろん私も抹茶と茶だんごを食べて帰ってきました。

平等院

null

null

リボルビング払いの恐さ

November 19, 2010
毎度、職人さんドットコムです。

先日ご年配の方からクレジットカードの請求明細書の内容がよく分からないので

見てほしいといわれました。

その内容を確認してみると、上から “一括払い”と書いている項目が続き最後に

“リボ払い” との項目が。

聞いてみるとその買い物をした時だけ、通常カードが手元になくたまたま引き出しの

奥に置いていたカードを利用したとのこと。

どうもそのカードはリボルビング専用カードだったようです。



さてここからその請求内容を見てみると

利用額4万円。 

今回請求額1万円。

手数料500円 ・・・手数料???

リボ払いの上限額が1万円になっている。 1万円???

こんな上限額はありえない。 1万円なら毎月上限額を超えるのは必至。



カード会社に問い合わせてみると。

・なぜ上限額が1万円?

上限額の申請がなければ最初から1万円の設定になるとのこと。

・手数料500円の根拠は?

4万円の金額に実質年利15%がかかるとのこと。

4万円×15%÷12ヶ月=500円

ここで疑問が???

今回の請求では1万円を支払っているのだから

実際に利息がかかるのは3万円に対してなのでは?

3万円×15%÷12ヶ月=375円

ここのところを聞いてみると、どうもリボ払いの場合

最初の請求金額4万円に対して最初から利息がつくらしい。

これっておかしくないかい?

キャッシングしたのなら全額に対して利息を支払うのは当然ですが

通常の買い物で、実際お金を借りている状態の金額は3万円なのに。




このまま4万円の買い物をして支払い終わるまでに支払う手数料(利息)は?

4万円×15%÷12ヶ月=500円

3万円×15%÷12ヶ月=375円

2万円×15%÷12ヶ月=250円

1万円×15%÷12ヶ月=125円

支払手数料合計はなんと1,250円

この低金利時代になんというぼったくり商売。



どれだけの方がこのリボルビングの内容を知っているのでしょうか?

やたらと特典ばかりを強調し会員を集める。

ご年配の人たちにこの内容を理解してもらうのにはかなり時間がかかると思います。

はたしてこの時間をかけて窓口で説明しているのか?

カード会社の社員さん達ははたしてこのサービスを自分達の両親や親族

それに大切な友人達に勧めることができるのでしょうか?

きっと勧めるならその危険性も説明すると思いますが、同じ説明をはたしてお客様に

しているのかどうか?



私の勉強不足でリボルビングの内容を知らなかっただけかとも思いましたが

周りの多くの方に聞いてもやはり詳しく内容を知っている方はほとんどいませんでした。

頭のいい人間が美味しい話で会員をあつめ、無知な人からお金を集める。

わたしにはこのサービスがそのようなものに感じてしまいました。。

マニー・パッキャオ 6階級制覇!

November 16, 2010
毎度、職人さんドットコムです。

現在ボクシング界の “パウンド・フォー・パウンド(全階級の中で最強)” と言われている

マニー・パッキャオが6階級制覇を達成しました。



地上波では映像でなかなか見る機会がなく、日本での知名度は少ないかもしれませんが

世界的に、特にアメリカでの人気はすさまじいものがあります。

ライトフライ級から階級をあげて現在はスーパーウェルター級。

もともと世界チャンピオンになった当時から強いチャンピオンとは言われていました。

その強いと言われていたチャンピオンが階級をあげるごとに体重の重いチャンピオンと

対戦していきます。 単に階級制覇を狙うだけなら弱そうなチャンピオンと対戦するのですが

パッキャオは違います。 ほとんどのチャンピオンが前評判も高く、不利の予想ばかり。

ところが実際に対戦すると勝つんですよ。 それも逃げることは一切なし。

常に倒しにかかります。 この姿がアメリカ人を熱狂させるのでしょう。



今回の対戦相手はスーパーウェルター級の王者 アントニオ・マルガリート。

この選手はガードが硬く、パンチ力もあり、打たれ強く、アグレッシブ。

パッキャオにとってはかなり危険な選手。

体格も正直ふたまわりは違います。

いくらパッキャオでもかなり苦戦するのではと言われていました。



実際の試合では・・・、パッキャオの圧勝でした。

最初こそ硬いガードにすこし梃子摺っていましたが、それも途中から見切ったようで

10Rではマルガリートの右目がほぼ塞がってしまい(眼窩底骨折だったそうです)

試合続行は不可能かと思いましたが、そこはメキシカン。

不屈の闘志で最終ラウンドまで戦いました。

結果は12R判定勝ちでしたが、TKOにちかい圧勝。

恐るべしパッキャオ!



ここまで強くなってしまうともうそれに見合うだけの対戦相手がいない。

いや、それがいるんですよねー。 最強の対戦者が。

“史上最速のスピードスター” と言われている選手、フロイド・メイウェザーが。

41戦41勝 無敗。

ただしこの選手、現在私生活等でいろいろと問題があり、対戦の実現は難しそうです。



パッキャオのような選手をぜひ多くの人に見てもらいたいですね。

きっとボクシングファンも増えると思います。

ただし目が肥えて、日本選手の試合がかすんでしまうかもしれませんが・・・。

日本選手も世界に向けて頑張れー!

三木金物まつり

November 12, 2010
毎度、職人さんドットコムです。

先日全国的に金物の町として有名な三木市で行われた 『三木金物まつり』

に行ってきました。

多くの人出があり車で行くとなかなか駐車できないときいていました。

実際に行ってみると予想以上の車の数。駐車渋滞に巻き込まれながら

なんとか車を止め、いざ会場へ。 



会場入口からすでに人、人、人。 驚きました。

それに広場に出店されているテナントの数が多い。さらに会場地図をみると

体育館のなかでも様々なメーカーが展示即売会をしています。

金物に関するこれだけの催しは日本でもやはり一番でしょうね。

多くの建築関係、とくに大工さんが来られていたように思います。

それに調理師さんでしょうか、包丁を買われている方を多くみました。

また店員さんとお客さんとの値引き交渉もよく見かけました。

電卓片手に笑顔のやり取り。 会話を聞いているとまるで漫才のよう。

周りの人もそのやり取りを楽しんでいるようでした。



あと今回どうしても見ておきたかったのが “三木金物鷹”。

鋸や庖丁、ナイフ、ギムネ、鉈(なた)、手鈎(てかぎ)などで作った

鷹のオブジェです。 重さ1.5トン、翼長5m、高さ3.2mととにかくでかい!

圧倒されました。 写真からもその大きさを感じていただけるのではないでしょうか。

今回初めて行ってみましたが、イベント会場や多くの食べ物屋台など一日中楽しむ

ことができました。

null



正倉院展

November 09, 2010
毎度、職人さんドットコムです。

いざ、正倉院展へ!

待ち時間を確認すると40分。

うーん、思ったほど待ち時間が変わっていない。 しかし閉館時間を考えると

いま並んでおかないと時間切れになる可能性が。 しかたなく最後尾へ。

そして待つこと20分・・・? 思ったより早く入れました。



チケットを渡して展示室に一歩入るとまたもや待ち時間30分の看板が。

よくみるとそれは“螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)” を間近で

観るための列でした。 うーん、さらに並ばないといけないのか・・・。

と思ったのですが間近ではなく一歩後からなら並ばなくてもオーケー。

早速うしろから見た時の第一印象は・・・、美しい!

と同時に思ったよりも小さいなあ。 ウクレレのちょっと大きい感じ?

イメージした琵琶よりふたまわりほど小さく感じました。

しかし細部まで美しい装飾をほどこされたこの展示品は

今回展示されていた他のもののなかではやはり別格ですね。



他の展示品も当時はどれも美しく輝いていたのでしょうが、さすがに

劣化は如何ともしがたい。 とくに衣服などの繊維関係はわずかな面影が

のこる程度になっていました。 説明文を読まなければ内容を確認できないものが

多かったように思います。

ところがこの“螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)”は

ほとんど劣化をしていない。 近年製作されたといっても間違ってしまうほどの

保存状態には驚きです。 この保存状態はまさに奇跡的ですね。

今回の展示は19年ぶりとのこと。 次回いつ公開されるかわからないことを

考えると、今回じっくり観ることができたのは本当にラッキーでした。

正倉院展と興福寺、二月堂

November 05, 2010
毎度、職人さんドットコムです。

以前より一度いってみたいと思っていました “正倉院展” に

行ってきました。

とくに今回は教科書にもかならず載っている

“螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)” が展示されると

言うことでかなりの混雑が予想されました。



当日(11/3)は13時頃到着したのですが、もちろも長蛇の列。

1時間以上の待ち時間です。 さすがに待ち時間がもったいないので

正倉院展のちかくにある興福寺を観光することにしました。

興福寺はたしか小学生の頃に遠足できたことがあるような。

たまたまこの日は特別公開の期間だったようで興福寺にある

“五重塔、東金堂、東金堂後堂、北円堂”に入ることができました。

堂内にある仏像はどれも国宝、重要文化財ばかりで荘厳で威圧感さえ

感じました。また五重塔では本来見ることができない心柱を床下から

みることができ、その太さ、大きさに驚きました。



まだ時間があるようだったのでそのまま二月堂へ。

二月堂といえばもちろん 「お水取り」 で有名ですね。

東大寺金堂(大仏殿)の東方の丘陵部にあるので景色もよく

夕日に輝く東大寺をiphoneで撮ってみました。



さて夕方になってきたのでさすがに正倉院展も空いてきているだろうと

予想して入口に向かったのですが、遠くからでも確認できるほどの

人の列が・・・。

(続きは次回へ)





縁起物でいっぱいの綱敷天満宮

November 02, 2010
毎度、職人さんドットコムです。

以前より営業周りの途中で時間があれば、その地域にある小さな神社仏閣に

寄るようにしています。

先日須磨海岸の近くに面白い神社を見つけました。

それは綱敷天満宮といい学問の神様、天満大神菅原道真公を祀り

979年創建と由緒正しき天神さんです。

この由緒正しき天神さんにサーフボードを抱える子供の銅像や大きな

なすびの置物があるんです。



その子供の銅像の正体は・・・

サーフボードを抱える幼少時代の菅原道真公なんだそうで

時代の荒波に乗り、一人でも多くの方々が幸せになることを願い製作

されたそうです。面白い発想ですねー。

ちなみに須磨海岸ではウィンドサーフィンはしていても波がないので

サーフィンはしていないのですが。



つぎになすびの置物は・・・

「なす」 の花は一つの無駄もなく実を結び また「成す」と語呂が同じ処より

努力はむくわれ願いが叶えられるという縁起をふくみます。

願いを込めて 「なす」 に腰かければどんな願いも叶えられます。

さすがにひとりでその 「なす」 に腰かける勇気はありませんでした。



それ以外にも牛の群れの置物?があったりと境内には本当に色々なものが

あるようです。

また時間があるときにじっくりと見てみたいですね。