Archive for April of 2011

姫路城 『平成の大修理』

April 29, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

今日姫路城に行ってきました。

これまでにも何度か姫路城には行っていましたが、今回は平成の大修理を

おこなっている“姫路城大天守修理見学施設” を訪れるためです。




平成の大修理では壁面の修復や瓦の葺き直しなどが行われており、

今回見学できるのは天守閣外部での作業の様子です。

見学のための事前予約をしていったのです、GW初日ということもあり

30分程待たされました。

1階から見学用として外部に設置されたエレベーターでゆっくりと天守閣まであがります。

ようやくあの姫路城の天守閣を外から間近で見学できる! と思ったのですが・・・。




目の前にあるのは大きなガラスで仕切られた誰もいない広い作業場。そしてその奥に

足場がかけられまったく手のつけられていない天守閣。今日は休日なので作業もお休み。

天守閣まで手の届くほどの距離まで近づけると思っていましたが実際には天守閣から

かなり距離がありました。正直期待外れ。来るのが早すぎたかー、残念!




修理の様子を見たい方はもうすこし期間をおいて、さらにできれば平日のほうが

良いでしょう。でないと実際に作業をされている様子は見れないと思います。

今回の大修理見学は建設関係者、とくに瓦、左官に関係のある方は必見です。



null

null




クレームに対する素早い対応とフォロー

April 26, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

最近はFAXなど、資料を送るにしても手書きのものがめっきり減って

しまいましたが、私はなにか字を書く機会があればできる限り

“筆ペン” を使うようにしています。

そしていつも愛用しているのが以前このブログでも紹介した “あかしや新毛筆” です。

これまでに10本程度購入してきましたが、先日購入した筆ペンにちょっとした不具合が。




最初の書き始めで色がかなり濃く感じ、そのまま書き続けるとだんだんと紙に

にじみが。 よく筆先をみるとインクがかなり溜まっている。 さらに筆先の少し上にある

小さな穴からもインクが漏れている。

これまでに購入した商品ではこのような現象はなかったのでやはり欠陥商品?

パッケージの裏を見ると商品に不具合があれば本社に返品してほしいと書いていたので

商品を封筒に入れ、あかしや新毛筆を使って書いた手紙も添えて送ってみました。




数日後新しい商品と切手、それにあかしやの新商品 “あかしや新毛筆極細タイプ” が

同封されてきました。

不具合に対する素早い対応とその後のフォロー。 良い感じです!

これからも “あかしや新毛筆” をいちファンとして使い続けるでしょう。

null


福島原発問題の矛盾

April 22, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

東日本大震災発生から1カ月以上たちますが、いまだに大きな余震がおこり

物資の不足や住居、仮設住宅建設の遅れ、瓦礫の撤去などの問題が山積しています。

とくに今問題になっているのが福島原発事故の問題。

放射能漏れが続いているようで連日ニュースで報道されています。




『政府は22日から半径20キロ圏内を立入禁止や退去を命令できる “警戒区域” に指定すると発表』

昨日この報道を聞いたときはかなり驚きました。

この “警戒区域” は法的に立ち入りを制限し、罰則規定もあります。

政府、菅直人首相の指示だそうですがどうも腑に落ちない点が。

震災当初から水蒸気爆発や高濃度汚染水の流出などかなり危険な状態が続いていましたが

ここ最近になって少しずつですが改善されているように報道されていました。

とくに東京電力からの報告では数値的にも良い方向に向かっていると報道されていました。



ところが昨日政府から警戒区域指定の発表。

いったい状況が良くなってきているのか、悪くなっているのかわからない。

先日も状況改善報道のあとに原発事故レベルが最悪の “レベル7” に引き上げられたと発表。

細かな数値をたくさん示し “状況は良くなっていますよー” と安心させながら、肝心なところ

(あとで分かった時に責任を負う可能性のあること)に関しては念を入れて厳しく発表。

私にはどうしてもここに矛盾を感じてしまうし、本当に現在起こっていることを包み隠さず

真実の発表をしているのだろうかと疑問を持ってしまいます。



世界が注目している今回の原発問題。 日本という国の対応が試されている時だと思います。

現政府にはしっかりした対応を期待します!

読書 『アリアドネの弾丸』 『蒲生邸事件』

April 19, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

ここのところ図書館で予約をしていた本が週2冊以上届いており

時間のある限り読むように頑張っています。ビジネス書はじっくりと。

小説は速読で。ただし速読といってもかなり遅いですが。

最近読んだミステリー小説系の本を2冊紹介します。



『アリアドネの弾丸』 海堂 尊

バチスタシリーズ第5弾となる作品です。 最近の作品では医療現場と官僚との戦いが

主となり、ミステリー的な要素が少なかったのですが今回は第1作にも負けないような

読みごたえあるミステリー小説となっています。かなり難解なトリックだったのでなかなか

頭の中で整理ができず最後のほうは速読することができませんでした。

今後もバチスタシリーズは続きそうですが、この作品は今後も上位にランクされるのでは

ないでしょうか。

null



『蒲生邸事件』 宮部 みゆき

東野 圭吾氏にはまるまではよく読んでいた宮部 みゆきさんの作品を今回読んでみました。

大学受験に失敗した高校生(主人公)がホテル火災に巻き込まれ、そこで謎の男に助けられます。

意識を取り戻してみるとそこは昭和11年の帝都東京。まさにいま二・二六事件が起ころうと

しているその現場に立ち会うことに。 はたして主人公の運命は・・・。

私の好きなタイムスリップものです。以前東野 圭吾氏の作品 『トキオ』 を紹介しましたが

それとはまた違った良さがありました。1997年の日本SF大賞を受賞されたようです。

やはり宮部 みゆき作品も捨てがたいです。

長編作品なので時間はかかりますがおすすめです!

三木市の道の駅

April 15, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

最近は車で遠方に行くときによく各地にある道の駅を利用します。

どの道の駅も現地の野菜や果物などそれぞれの地元物産品を販売しています。

数年前の道の駅はそれほど規模は大きくなかったと思うのですが、最近できた

ところはどこも規模が大きく建物のデザインにもこだわりがありかなり目立ちます。

先日立ち寄った三木市にある道の駅もそのひとつです。




外部を木で覆い3つのドーム型の屋根が特徴的な建物です。

(写真撮影に失敗しました・・・)

国道沿いにあるのでかなり目立っています。 また駐車スペースも広く三木市の

観光スポットとなっているようです。

入ってみると野菜などの地元直売店だけでなく、『金物の町、三木』 の歴史紹介や

さまざまな道具などが展示されていました。 またここでは展示しているだけではなく

実際にそれらの道具を手に取って購入することもできるようになっていました。

かなり専門的な商品もあり、一般の人がなかなか手にすることがない道具もさわること

ができますので日曜大工、DIYを趣味にしている人にはお勧めです。



またかなり広いイベントスペースもあり、さまざまな催物が開かれているようです。

三木市方面に行かれる方はぜひ立ち寄ることをお勧めします。

ただしちょっと休憩のつもりが長居してしまう可能性が大きいのでその辺は

考慮されて行かれるほうがよいかも。

null

null

ラスベガスで大金星!

April 12, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

先日は長谷川選手が惜しくもフェザー級タイトルの防衛に失敗して

しまいましたが、その次の日に遠くラスベガスの地で大金星を手に入れた

日本人選手がいます。 それは元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者、

石田 順裕選手です。



対戦相手は27戦全勝、次期世界王者最有力候補のジェームス・カークランド。

あの元6階級王者オスカーデラホーヤがプロモートする期待のホープです。

以前よりチャンピオン街道まっしぐらだったのが、警察のご厄介になったりと

ブランクをつくっていました。対戦時でWBO世界ミドル級4位でしたが

実力はチャンピオンであってもおかしくない選手。

もちろんボクシング選手としての価値はかなりのものです。

今回の試合は正直言うとカークランド選手の調整試合という感じで見られていました。

だからまさか誰も負けるとは思っていませんでした。



ファーストラウンド。カークランド選手が頭を振りながら強引にパンチを繰り出す。

あきらかに勝負を早いラウンドで終わらせようとしています。

1分もしないうちにカークランド選手のサウスポー右ジャブに対して石田選手の

左ストレートがカウンターで顎にヒット。 完璧なダウンを奪う。

立ち上がるもカークランド選手完全に足にきているのにさらに強引に前へ。

そこは元暫定王者。長身から繰り出すストレートで2度のダウンを奪いTKO!

劇的な番狂わせ。



今回の試合は聖地ラスベガスからペーパービューにて全米に放送されました。

これってボクシングファンにとっては凄いことなんですよ。

日本選手が映されるだけでも嬉しいのにまさかTKO勝利してしまうなんて。

それもスーパーウェルター級という重量級での勝利。

これで石田選手の知名度と選手としての価値は一気に上がるでしょう。

年齢が35歳と言うことなのでできるだけ早くにビッグマッチを組んでほしいですね。

石田 順裕選手、おめでとう!

トリプル世界戦を生観戦

April 08, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

今日神戸のワールド記念ホールで行われたボクシング世界トリプル戦を観てきました。

WBCスーパーフェザー級
粟生隆寛(王者=帝拳) vs ウンベルト・グティエレス(挑戦者・3位=メキシコ)

WBCスーパーバンタム級
西岡利晃(王者=帝拳) vs マウリシオ・ムニョス(挑戦者・6位=アルゼンチン)

WBCフェザー級
長谷川穂積(王者=真正) vs ジョニー・ゴンザレス(挑戦者・1位=メキシコ)


粟生選手の試合が18:00からということでしたが到着したのが18:40頃。

粟生選手の4回KO勝利ということですでに試合は終了。リングには誰もいない。残念!

会場は7割程度の入り。ワールド記念ホールは収容人数8000人程度とそれほど

広くないので私の座った2階席でもかなりリングを近くに感じました。

以前K−1の試合を大阪城ホール2階席で観ましたがそのときはかなり厳しかった。

曙が米粒のように見えましたから。



19:00過ぎになって西岡選手の試合がスタート。

地元加古川出身ということもあり会場にも多くの応援団が来ていました。

さて試合内容はどうだったか? 

さすが西岡選手、予想通りの展開。

序盤攻め急がずじっくり相手を観察し、9回最大の武器である左ストレートが炸裂。

そしてTKO勝利! 会場も大歓声、大盛り上がり!

スーバーバンタム級としては体の線が細く見えますが、試合を重ねるごとにパンチ力

防御感ともによくなっているように感じます。 ウィラポンに連敗していた当時より

格段に強くなっていますね。



さてつぎはメインイベント。長谷川選手の登場です。

会場はほぼ満員。大声援のなか試合がスタート。

前回の試合同様初回から積極的に前に出る。かなりヒヤッとするパンチももらって

いましたがほぼ互角。それでも前に出る長谷川選手。

そして4回、パンチが交錯した一瞬の隙をついて挑戦者ジョニー・ゴンサレス選手の

タイミングをずらした右フックがまともに顔面へヒット。

ロープ際まで飛ばされダウン。ロープにもたれながら立ち上がりファイティングポーズを

とるも足がもつれてレフェリーストップ。

会場は大きなため息と悲鳴が・・・。 



観ている人の中にはストップが早いのではという人もいましたが

レフェリーストップは妥当ですね。あのまま試合続行していればパンチ力のある

ゴンサレス選手に潰されていたかもしれません。

2階級あげての世界タイトルはやはり重いものだったように思います。

とくに体格差がそのままパンチ力となってあらわれてしまいました。



長谷川選手のテクニックが一級品であることは誰もが認めるところ。

序盤から打ち合いにでるのではなく、長期防衛を続けていた時のように

じっくり相手を見て試合を組み立て、自分のペースからカウンターを狙うような

クレバーなボクシングをしてほしいですね。それなら階級をあげてももう一度

世界タイトルを手に入れることができると思います。

長谷川選手はまだ30歳。今回は残念でしたが、十分休養をとって再起してほしいですね。

20110409-111.jpg

null

姫路の書写山圓教寺

April 05, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

先日姫路にある書写山圓教寺に行ってきました。

966年創建とかなりふるく 『西の比叡山』 と呼ばれています。

またトムクルーズの映画 『ラストサムライ』 のロケ地にもなったそうです。




圓教寺は書写山の山上にあり、そこまではロープーウェイで行きます。

到着してからまず徒歩で磨尼殿に。ここは京都の清水寺と同じ舞台造りの仏堂です。

姫路の山奥にこれほどの建物があることに驚きました。

さらに奥に進むと中央に広場を囲んで右に大講堂、正面に食堂、左に常行堂の3棟が

「コ」の字形に並ぶ 『三之堂』 に到着します。ここがラストサムライのロケ地に

なった場所です。 当日はすこし小雨まじりだったこともあり見学者も少なく

映画と同じ雰囲気を十分に楽しむ事ができました。さらにここでは中央広場をのぞみながら

写経ができます。 わたしも書いてみようと思いましたが書き終わるのに1時間ほどかかり

そうなのでかわりに 『花びら写経』 というのをしてみました。

これは花びらをかたどった散華(さんげ)のかたちの色紙に般若心境の一部を写経します。

中央広場に向かって人気もない静かななかで正座をしながらの写経はこころが落ち着きます。

所要時間は約15分。 書写山へ行かれる方にはお薦めです。



今回は東日本大震災の復興祈願をしてきました。お賽銭はもちろん受付に置いてあった

募金箱にも僅かながらの思いを入れさせてもらいました。

関西にいると日常生活では東日本大震災の影響をあまり感じることがありません。

直接現地に行く事はできないですが間接的であれなにか協力できればと思います。

null



東日本大震災発生から3週間

April 01, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

東日本大震災発生から3週間がたちました。

死者、行方不明者をあわせた人数はなんと2万8千人。

さらに行方不明者として連絡されていない方も多数いるとのこと。



あたり一面津波により倒壊した家屋などの被害映像から日に日に地元の人たちが

復興のために頑張っている姿が映し出されるようになりました。

笑顔でインタビューに答えている姿や校舎が使えない状態でも卒業式を迎えようと

頑張る先生や被災者、それに生徒の姿に本当に勇気付けられます。



しかしその裏には個々に起こったさまざまな悲しいエピソードが・・・。

それらのエピソードは新聞などに多く載っています。

手を繋いでいた両親、子供の目の前で津波に流されてしまったひとたち。

いちど避難所に着いていながら、その他の人たちを助けるためにふたたび

町に戻っていったひとたち。

消防団で住民に避難勧告をするために最後まで残り、そしてなくなったひとたち。

どのエピソードも胸が詰まってしまいます。

心に深い悲しみを抱えてしまった人たちに、はやく仮設住宅ができ、安心して生活ができる

環境が整ってほしい。



阪神大震災の時に実感したのですが、時間が経つと共に仲間と一緒にいるという安心感とは

別の家族単位、個人単位でのプライベートな空間、時間が必要になってきます。

多くの人達と一緒にいるといま目の前にある悲しい現実から離れる事はできるのですが

時間とともにその現実に個人として対応しなければいけない時がきます。

そのためにはプライベートな空間、仮設住宅が必要となります。

政府にはライフラインの復旧と仮設住宅の建設を早急に行ってほしいですね。