Archive for October of 2011

またもや六甲アイランドの映画館が閉館!

October 28, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

以前このブログで六甲アイランドにあった映画館 “MOVIX 六甲” が閉館したことを

書いていましたが、じつはその後経営する会社が変わり昨年7月に再度 “シネウェーブ六甲”

と名前を変えオープンしていました。

わたしとしては嬉しいことでしたが、正直ながくもたないのではと思っていましたが

予想通り来月に閉館してしまうそうです。



最後の映画となるであろう 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を平日のレイトショーで観に

行きましたが、お客は当然のようにわたし一人。 合計7スクリーンあるなか、その日の

レイトショーを観にきた総客数はなんとわたしとアベックの計3人。

わたしは席数166の劇場にわたし一人。

しかしアベックは一番大きい劇場、席数340になんとふたりきり。



映画館のあるフロアーの下階には飲食店が入っているのですが

営業しているのはなんと4店のみ。もちろんお客さんはほぼゼロ。

歩いている人すらほとんどいない。

さらに下階にはブックオフがあったのですがすでにそこも撤退。



前回映画館が閉館したとき以上に閑散とした状態になってしまったようです。

オープン当初の賑わっていた時代を知っているので、このギャップは辛い。

ここの栄枯盛衰が神戸市の繁栄と衰退にダブって見えてしまう。

神戸市民としてはちょっとさみしい気持ちです。








iPhone4を iOS 5 にアップデート

October 14, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

昨夜私のiPhone4を iOS 5 にアップデートしました。

本日14日、iPhone4Sの発売前にアップデートを公開ということで

かなりアクセスが集中したようで、22時頃から開始して終了したのが24時。

なんと2時間もかかりました。 疲れたー。



ではアップデートをした感想は・・・、かなり良いんじゃないですかー!

いろいろと機能が追加されていますが、はやり一番うれしいのはカメラが

使い易くなったこと。

グリッドラインが表示されたり、連続撮影が可能になったなどの機能に加えて

いちばんうれしかったのは、音量を上げるボタンでシャッターが切れること。

これ iPhone で写真をよくとる人ならなくてはならない機能です。

これまでは写真を撮るためには常に両手が必要。片手で撮ろうとするとぶれてしまい

思うような写真が撮れない。

今回この機能の追加で、より多く写真を撮ることができそうです。

画質に関しては iPhone4 でも十分満足できているので、正直これからは

デジカメを持ち歩くことが本当になくなりそうです。



そのほかに今回のアップデートで多くの機能が追加されたようなので

これからじっくりと触っていきたいと思います。

いやー、 iPhone は面白い。

スティーブ・ジョブズさん、本当にありがとう!





また落として角を割ってしまいました。




なつかしの “やすきよ漫才”

October 11, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

最近、懐かしのやすし・きよしの漫才にはまっています。

先日TSUTAYAでCDレンタルをしようとしたところ、5枚で1,000円とのこと。

いろいろ借りたいものを探したのですが、どうしても最後の1枚が決まらない。

ふと棚の端の方をみると “やすし・きよしの漫才独演会” のCDが。

強い思い入れもなく、なんとなく借りてみました。



数日後、車を運転しているときに不意に睡魔が襲ってきた。

激しい音楽でもかけようかと、スイッチを入れるとやすし・きよしの漫才が。

これがまたとびきり面白い! 運転中に思わず声をあげて笑ってしまいました。

さすが昭和に一世を風靡した “やすきよ漫才” 。

眠気覚ましのためにさらに “やすきよ漫才” のCDを3枚レンタルしました。



最近の漫才も面白いですが、やはり私は “やすきよ漫才” が大好きです。

レンタルショップで借りるものに困ったときは “やすきよ漫才” をお勧めします。

面白いですよー!







本当の伝説になったスティーブ・ジョブズ氏

October 07, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

アップルの創設者、スティーブ・ジョブズ氏がなくなられました。

享年56歳。若すぎる。そして・・・あまりにも惜しい!



ジョブズ氏は最先端の商品を世に送り出しながら、そこには常に “使い易さ” と

“デザイン性” を兼ね備えていた。

これがどれほど難しいことか。



建築関係の仕事をしていると、この“使い易さ” と“デザイン性”を兼ね備える

難しさを実感します。デザインの凝っている建築物は得てしてそこで生活する人や

その施設を活用する人に何がしかの不便を強いことが多い。

かといって“使い易さ”を追求していくとよりシンプルになり、デザイン的な違いを

表現することが難しい。

この難しさに妥協をせずに立ち向かい、常に消費者の想像以上の商品を世に送り出してきた。

これこそまさに天才発明家!



もうスティーブ・ジョブズ氏のすばらしいプレゼンも、そして新しい商品を見ることも

できないと思うと悲しいことです。

今一度あの伝説のスピーチを聴き、そして哀悼の意を表します。

ありがとう、スティーブ・ジョブズ氏!