Archive for November of 2011

映画 『マネーボール』

November 29, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

今回は今上映中の映画 『マネーボール』 をご紹介します。

主演のブラッド・ピットがプロモーションのために家族全員で来日し

かなり話題になっていましたが、はたして肝心の映画の出来は・・・。



うーん、微妙ですねー。

ネットでの評判は良かったのですが、私的には今一つといった感じか。

内容は貧乏で弱小な野球チーム(アスレチックス)のゼネラルマネージャーが

過去の膨大なデータを分析し、そこから得た “マネーボール理論” を活用し

常勝チームへと変貌させることに成功したという実話をもとにしたものです。



この“マネーボール理論”、あくまでも不確実、不確定なものそして感情的なものは

取り除き統計学的手法をもって分析し、勝つために必要な項目、数値を導き出す。

そしてそれにもとづき選手を評価し年棒の低い、その数値にあう選手を集めてチームを作る。

実際にこれを実行し、ワールドシリーズ優勝の一歩手前までのチームにしてしまった。



この映画を観ている途中で一つの疑問が浮かび上がりました。

最初は年棒の低い選手であっても、チームが強くなればそれなりに評価され他チームに

引き抜かれるのではないか。 そうなればまた理論にあう、年棒の低い選手を探し

チームを再編しなければならない。これの繰り返しで堂々巡りのようになってしまうのでは。

そうならないためにはチーム自体が少しずつお金持ちになり、選手の流出を防がなければ

ならないのでは? そしてその後チームはどうなったのか・・・。



ここからは映画で映されていませんが、わたしの予想通り良い選手が他チームに流出し

チーム編成も難しくなり、いまは成績も低迷してしまっているそうです。

経済や株式、債券などの世界もそうですが人間的な感情によって、完璧に計算されたものでも

簡単に覆されてしまうものです。将来への予想は難しい。



感動や爽快感を得ることはないですが、数学的理論に興味のある方にはお勧めかもしれません。

間違っても “ちょっと時間があるから見ようか” 的な方にはお勧めしません。





オルファの 『ポキPRO』 が超便利!

November 25, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

今回は便利グッズをご紹介します。 カッターで有名なオルファさんより販売されている 『ポキPRO』。

カッターの刃を簡単に折ることができ、さらに安全に処理できるという商品です。





どの職種の方でもカッターは必需品です。特にクロス職人さんやフィルム職人さんなどは

なければ仕事ができない。ガラス職人でもコーキング撤去などでは何度も刃を折りながら

作業しなければなりません。特に脚立などの上で刃を折るのは面倒ですし折れ刃の処理がさらに面倒。

小さいくせにカッターの刃なので危険。作業終了後の掃除のときにもかなり気にしながら処分します。





ところがこの 『ポキPRO』 があればもう大丈夫。腰袋に取り付ければ簡単に刃を折ることができる。

慣れてくれば手元を見なくても大丈夫。

さらに折れた刃のはケースの底に集まり処分は簡単。 カッターを最後まで使った後の根もと部分も

上蓋を開けてそのまま収納。ものすごく楽です。

使用しないときは前ブタを閉めてしまえば折れ刃が落ちる心配はありません。








実際使ってみると本当に重宝します。ケースも軽いのでベルトにつけても重さを全く感じません。

価格も安いのでお勧め商品です!

無料モニターサービスがスタート!

November 21, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

11月21日より新しいサービスがスタートしました。

“建設現場で使うあの商品が無料で手に入る!” をキャッチコピーにした 『モニターサービス』 。

企業よりご提供いただいたモニター商品を “使ってみたい” という方にお届けし

ご使用いただいた皆様からのご意見、ご感想を生の声として企業にお届けするサービスです。





昨年より金物マガジンさんとの出会いや兵庫県の三木市、新潟県の三条市のメーカーさまとの

出会いがあり色々なお話を聞かせていただきました。 その中で多かったのが 「自社商品を使って

いただいている方々からの生の声が聞きたい!」 というご意見でした。

そこで考えたのが今回のモニターサービスです。





普通に商品を購入した後でアンケートに答えてほしいと言われても、なかなか前向きに

答えられないのがほとんどたと思います。

それならメーカーから商品を提供してもらい、使用後にアンケートに答えてもらう。

もちろんアンケート回答後はそのまま無料プレゼント!

これなら現場で使用する職人さん達にもメリットが大きい。

さらに実際にモニターとして使用した職人さん達の声が商品情報としてネットで発信される

ようになれば、今後その商品を購入される方の参考にもなる。





これまでにない新しいサービスなので、職人さんドットコムをご利用いただいている方々からも

さまざまなご意見をいただきたいと思います。

どこのメーカーのどの商品をモニターしてみたい、などのご意見もオーケーです。

どしどしご意見お待ちしております!

ハンマーのオーエッチ工業さま、工場見学!

November 18, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

先日ハンマーや作業工具、物流機器で有名なオーエッチ工業(株)さまの

工場見学をさせてもらいました。





ハンマー製造では特に有名なオーエッチ工業さまですが、実際にハンマーを使用する

職人さんのなかで道具としての “ハンマー” にどれほどの人がこだわりをもっているでしょうか?

ハンマーは人間が使う道具としてはもっとも基本的なものであり、それ故商品の違いも

それほどないと思っていませんか?



  医療用のチタン製。価格は・・・、驚きです。


実は私自身がそう思っていました。しかし今回の工場見学で考えを改めました!

ハンマー本体の材質はもちろん形状、製造工程、それにグリップの材質、形状まで驚くほど

多くの種類があります。 カタログに載っている種類を数えようと思いましたが・・・

多すぎてあきらめました。

ちなにみ年間の全製造本数はなんと55万本。

さらに驚いたのは様々なメーカーからの特別注文を多く製作していることです。

実際見せてもらいましたが、それぞれの職種、メーカー独自の細かなこだわりが盛り込まれた

ハンマーが数多く並んでいました。 メーカーの名前も日本を代表するような企業ばかり。

やはりこだわりのハンマーは日本でしか作ることができないようです。








今回訪問した時はヘッド部を製作するための鍛造の工程が止まっていたので

迫力のあるところは見ることができませんでしたが、止まっている機械からも威圧感を感じました。

また様々な種類のラチェットバックルなどの製造現場を見学させてもらい、使う側としては

なかなか見ることができないものばかりなので、大変勉強になりました。

帰りにはお土産までいただいてしまいました。

オーエッチ工業さま、ありがとうございました!








※鍛造(たんぞう)と鋳造(ちゅうぞう)の違いは?

鍛造・・・金属の塊を熱してハンマーなどでたたいて成型する。高い強度があるが大量生産しにくい。

鋳造・・・金属を溶かして型に流し込み成形する。製造しやすく大量生産向き。



読書 『ブレークスルーの瞬間』

November 15, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

今回は面白いビジネス書 『ブレークスルーの瞬間』 をご紹介します。

内容はさまざまな成功をおさめた企業やプロジェクトがどのような戦略、戦術をもって

おこなわれ、そして大きな成功を収める前のどこに “ブレークスルーポイント”

があったのかを分かりやすく解説しています。



紹介された企業、プロジェクトはソフトバンク、マイクロソフト、ミノルタカメラ、トヨタ自動車

ページメーカー、ヨドバシカメラ、イトーヨーカドー、アップル、日本マクドナルド、

ウェブマネー、韓国経済、アポロ計画など。

多くがすでに知っている内容でしたが、アポロ計画の “ブレークスルーポイント” には

ちょっと驚かされました。



ロケット部分の責任者、フォン・ブラウン氏が短い期間でアポロ計画を成功させるためにとった戦略は?

『技術的に今までより新しく、良いものが見つかったとしても、採用するな!』

未経験のビッグプロジェクトを短期間で成功させるには、リスクの多い新技術より実績があり

信頼のあるものを組み合わすべきだと考えた。そしてそれを実行し、大きな成功をおさめた。



“ブレークスルーポイント” は奇跡や偶然がもたらしたかのように感じるところも

多いが、実はその奇跡や偶然はそれまでに燃えるような情熱をもって行動をおこしているからこそ

掴んだものであり、局所的に物事を見るのではなく常に大局観で物事をみなければならない。



2〜3時間もあれば読み終えることができますので、気軽な気持ちで読んでみてください。

できれば図書館で借りることをお勧めします。

元世界ヘビー級チャンピオンのフレージャー氏、死去

November 11, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

先日元世界ヘビー級チャンピオンのジョー・フレージャー氏が死去したという

ニュースが飛び込んできました。

ボクシングファンとしてはかなりショックというか、悲しいというか・・・。



1970年代のヘビー級ボクシングではモハメド・アリ、ジョージ・フォアマン、そして

ジョー・フレージャーがとにかく強かった。 そしてこの三人で多くの名勝負が生まれました。

ジョー・フレージャーは無敗のアリと戦い、左フックでダウンを奪い判定で勝利。

第2戦目は微妙な判定で敗退。そして第3戦目は『スリラー・イン・マニラ』 と呼ばれる

名勝負、死闘を繰り広げましたが、惜しくも14回TKOで敗退。



強打のジョージ・フォアマンとはどうも相性が悪く、2戦しどちらも滅多打ちに合いました。

しかしその天下無敵のフォアマンもなんとアリに8回TKO負け。

とにかくこの時代のヘビー級は面白かった。 今のヘビー級とは比べものにならないほどに。



軽、中、重量級のボクシングも面白いのですが、やはりあのヘビー級の圧倒的なパワーには

かなわない。 一発のパンチですべてが変わる。 一瞬たりとも気が抜けない。

改めてジョー・フレージャーの映像を見てそう思います。

ぜひフレージャーの雄姿を見てください!


ジョー・フレイジャー VS モハメド・アリ 第1戦




ジョー・フレイジャー VS モハメッド・アリ 第2戦




ジョー・フレイジャー VS モハメッド・アリ 第3戦




ジョー・フレイジャー VS ジョージ・フォアマン 第1戦




ジョー・フレイジャー VS ジョージ・フォアマン 第2戦

三木金物まつり 2011

November 08, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

今年も三木市で開催された 『三木金物まつり』 に行ってきました。

週末の土日両日ともあいにくの雨で人出は昨年よりも少なかったようです。

わたしが行った日も最初は曇りだったのですが、やはり途中で雨が降ってきました。





このお祭りのおもしろさはなんといっても圧倒的な屋台の数と金物などの激安での直売。

飲食関係の屋台も多く、なにを食べようか迷ってしまいます。

ちなみに私は500円のソバ飯を食べました。 ボリュームもありおまけに玉子付。

職人さんのようなお兄ちゃんが焼いていましたが美味しかった!





雨のせいか野外の金物関係の直売店には去年ほどの混雑は感じませんでしたが

室内にある直売店にはもう人、人、人。 さすがにゆっくりと見ることができませんでした。

唯一買うことができたのが六角棒レンチ。価格はなんと300円、安い!

雨が降らなければもうすこしゆっくりと見て回ることができたのにー、残念。





映画 『ミッション:8ミニッツ』

November 04, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

この前の 『猿の惑星』 に引き続き面白い映画をご紹介。

いま映画館で上映されている 『ミッション:8ミニッツ』 です。

じつはこの映画に関して全く知らなかったのですが 『猿の惑星』 の上映前の

予告をみて、どうしても観たくなりました。



内容は、ある正義感の強い米軍大尉が爆破テロを阻止するために、すでに行われた

テロによって犠牲となった人の8分前の意識の中に何度も入り込み、犯人を捜すというもの。

タイムトラベルものの場合、ストーリーがかなり複雑になり映画を観ている間に

なんども 『???』 となることがありますが、今回はというと

『??????』 これくらい考えさせられるシーンがあります。

もちろん最初のシーンから 『?』 でスタートし、最後は 『?×10』。

帰りの車の中で映画のシーンを思い出しながら自分なりにストーリーをつなぎ合わせていました。

この映画を複雑にしているのは、あくまで亡くなった人の意識の中での話であって

タイムトラベルをしているわけではないという点。



こういう関係の映画は得てして最後は悲しいシーンで終わることが多いのですが

この作品はハッピーエンドかな? 正直もう一度見直さないと本当のハッピーエンドなのか

どうなのかわからない。 ただ最後の “8分間” は緊張の中に笑顔がいっぱいでよかった!

脚本もよく、俳優もグッド! テンポがよいのでダレることがありません。

気軽に観るのではなく、腰を据えてじっくり観てほしい作品です。

おそらく、いや必ずもう一度観たくなると思いますよ。




小倉 昌男氏  『経営学』

November 01, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

先日テレビ番組 『カンブリア宮殿』 で “クロネコヤマト” を特集していました。

これまでにもNHKの 『プロジェクト?』 やその他さまざまな番組で取り上げて

きましたから、いまさらと思いながら観ていました。

するとなぜでしょう。 内容はほとんど知っていながら心が熱くなる!

そこで改めて宅急便の生みの親であり、今はなき小倉 昌男氏の 『経営学』 を読んでみました。



この本は小倉 昌男氏自ら書いた唯一の著作です。

内容は現在のヤマト運輸の前身である大和運輸から現在までに起こったさまざまな

試練、エピソードなどがかなり細かくかかれています。

とくにその時にどういう予測をし、決断をしたのか。

また実際にどのような行動に出て、結果はどうだったのか。

やはり現場で陣頭指揮をとっておられた、小倉 昌男氏だからこそ

ここまで詳しくかけたのだと思います。



『サービスが先、利益が後』、 『安全第一、営業第二』 をスローガンに

顧客の創造を実現した “クロネコヤマト” のサクセスストーリーと

小倉 昌男氏の思いを知ることができるおすすめの一冊です。