Archive for November of 2011

読書 『ブレークスルーの瞬間』

November 15, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

今回は面白いビジネス書 『ブレークスルーの瞬間』 をご紹介します。

内容はさまざまな成功をおさめた企業やプロジェクトがどのような戦略、戦術をもって

おこなわれ、そして大きな成功を収める前のどこに “ブレークスルーポイント”

があったのかを分かりやすく解説しています。



紹介された企業、プロジェクトはソフトバンク、マイクロソフト、ミノルタカメラ、トヨタ自動車

ページメーカー、ヨドバシカメラ、イトーヨーカドー、アップル、日本マクドナルド、

ウェブマネー、韓国経済、アポロ計画など。

多くがすでに知っている内容でしたが、アポロ計画の “ブレークスルーポイント” には

ちょっと驚かされました。



ロケット部分の責任者、フォン・ブラウン氏が短い期間でアポロ計画を成功させるためにとった戦略は?

『技術的に今までより新しく、良いものが見つかったとしても、採用するな!』

未経験のビッグプロジェクトを短期間で成功させるには、リスクの多い新技術より実績があり

信頼のあるものを組み合わすべきだと考えた。そしてそれを実行し、大きな成功をおさめた。



“ブレークスルーポイント” は奇跡や偶然がもたらしたかのように感じるところも

多いが、実はその奇跡や偶然はそれまでに燃えるような情熱をもって行動をおこしているからこそ

掴んだものであり、局所的に物事を見るのではなく常に大局観で物事をみなければならない。



2〜3時間もあれば読み終えることができますので、気軽な気持ちで読んでみてください。

できれば図書館で借りることをお勧めします。

小倉 昌男氏  『経営学』

November 01, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

先日テレビ番組 『カンブリア宮殿』 で “クロネコヤマト” を特集していました。

これまでにもNHKの 『プロジェクト?』 やその他さまざまな番組で取り上げて

きましたから、いまさらと思いながら観ていました。

するとなぜでしょう。 内容はほとんど知っていながら心が熱くなる!

そこで改めて宅急便の生みの親であり、今はなき小倉 昌男氏の 『経営学』 を読んでみました。



この本は小倉 昌男氏自ら書いた唯一の著作です。

内容は現在のヤマト運輸の前身である大和運輸から現在までに起こったさまざまな

試練、エピソードなどがかなり細かくかかれています。

とくにその時にどういう予測をし、決断をしたのか。

また実際にどのような行動に出て、結果はどうだったのか。

やはり現場で陣頭指揮をとっておられた、小倉 昌男氏だからこそ

ここまで詳しくかけたのだと思います。



『サービスが先、利益が後』、 『安全第一、営業第二』 をスローガンに

顧客の創造を実現した “クロネコヤマト” のサクセスストーリーと

小倉 昌男氏の思いを知ることができるおすすめの一冊です。