Archive for February of 2012

映画  『ドラゴン・タトゥーの女』

February 28, 2012
毎度、職人さんドットコムです。

今回はいま公開中の映画、『ドラゴン・タトゥーの女』 のご紹介。

映画館で予告編を観たときから、かなり気になっていました。

というのも映像がすべて白と黒で覆われ、何とも怪しげな雰囲気。

もとはスウェーデンのベストセラー小説で、すでに映画化されていたそうです。

今回はハリウッド版のリメイク作品ということです。もちろん私は初観です。



観た感想はというと・・・、かなりお気に入りです! 星5つ(最高です)!

ストーリーは、大富豪の一族に起こった過去の殺人事件を頑張り屋のジャーナリストと

頭の切れる(私生活ではいろいろと問題が多い)女性調査員が事件を解決していくというものです。

脚本が良いのは当然ですが、それとともにこの女性調査員(ドラゴン・タトゥーの女)の

キャラクターがグッド! 見た目はかなり爆裂娘で行動もそのまんま爆裂。

ところが頭の中は天才的でハートは案外シャイ? このギャップがストーリーに幅をもたせています。



過去の映画 『ハンニバル・レクター博士シリーズ』 『エンゼルハート』 『レオン』 『ニキータ』

『セブン』 『ソードフィッシュ』 このあたりの作品が好きな方にはお勧めです。

上映時間が158分とかなりながいですが全く気にならないですよ。

ただし、アベックで観に行くのはあまりお勧めしません。

色々な意味でかなり際どいシーンが多いですから。

えっ、際どいほうがいい? そういうアベックにはお勧めしておきます。  



<私のこころをとらえた予告です>




● 『新進化ウエストバッグ』 レビュー

February 24, 2012
毎度、職人さんドットコムです。

前回に引き続き、 (株)基陽さんより出品していただいた商品をご紹介します。

もうひとつの商品は、デザイン性の高い腰袋 『新進化ウエストバッグ』 です。

ひと目見た瞬間から、他の腰袋との違いが明らか。

カエデやもみじを思わせるような形に、ブラック、ブルー、レッドなどの光沢のある

色とクロコ調の型押しがしてあります。

<<<モニターのご応募はこちらから>>>





以前よりこのメーカーでは、デザイン性をもたせた龍牙シリーズというランナップを

揃えていましたが、それとともに新しいシリーズとしてこの “新進化シリーズ” が

スタートしました。


<龍牙シリーズ>




またこの腰袋はデザイン性だけでなく、機能性でもひと工夫されています。

それは腰袋本体の厚み。横から見てみるとよくわかります。

腰袋が作業のじゃまにならないようにと現場の声から誕生したそうです。







前回紹介した安全帯もそうですが、メーカーとして機能性、安全性はもちろんですが、

デザイン性での強いこだわりを感じます。

ひとと違った腰袋を持ちたいと思った方はぜひご応募ください。

現場で目立つこと間違いなし!







●  『KHじゃばらランヤード』 レビュー

February 21, 2012
毎度、職人さんドットコムです。

このたび安全帯、建設工具、工具袋を製造販売されている (株)基陽さんより

モニター商品を出品していただきました。

今回は出品された商品を実際にわたしが手に取ってご紹介します。

ひとつは安全帯としては業界初のショックアブソーバー機能付き、

『KH じゃばらランヤード』 です。

<<<モニターのご応募はこちらから>>>







まずは見た目ですが、ロープの部分に1本ラインが入っていて

ここがジャバラ状になっているのでラインが波打っているようなデザインに

みえて良い感じです。







またフック部にはアルミ艶消しブラックを使用していて、ここにもデザインへの

こだわりを感じます。

実際に触ってみた感じでは、広い開口部にもかかわらず握りやすく、開閉もスムーズ。

重さも気になることはありません。







この商品のもっとも特徴のあるところは、ロープ部分が伸びること。

伸長時1500?のタイプは通常時1000?に。

伸長時1000?のタイプは通常時700?に。

この長さの違いは現場作業でかなり違ってきますね。

狭い足場での作業では、ほとんどの人がロープをじゃまに感じたことがあるでしょう。

もちろん安全のためには必需品ですから、作業に支障をきたさない程度の負担として

身に着けることができれば一番。

ぜひ活用していただきたい商品です。 またそのお声も聞いてみたい。

多くのご応募お待ちしております!




あっさり美味しいお茶 “サバティ”

February 17, 2012
毎度、職人さんドットコムです。

先日、いろいろとお世話になっているお客様から “サバティ” をいただきました。

“サバティ(SABAH TEA)”とはマレーシアのお茶です。








マレーシアのボルネオ島にあるキナバル山へ登山に行かれたそうで、そのふもとで

栽培されているのがこの “サバティ” です。

味は紅茶のようですが、それよりあっさりしている感じで、ミルクや砂糖などは

いれずにそのまま飲むのが美味しいです。

匂いも見た目も紅茶のようですが、日本茶のように手軽に飲めるのが良い感じですね。

当分事務所での一杯はこの “サバティ” になりそうです。







オリンピック代表に向けて、頑張れしずちゃん!

February 14, 2012
毎度、職人さんドットコムです。

先日お笑いコンビ・南海キャンディーズのしずちゃんが、ロンドン五輪日本代表を

目指して全日本女子ボクシング選手権大会のミドル級に出場。

そして見事優勝! といっても出場者3名で実際の試合は1試合のみでしたが。

はたしてその試合の内容は・・・。



ボクシングの技術云々はまだまだで、これからどんどん練習しないといけないで

しょうが、あのスタミナと根性には驚きました。

以前の試合では技術はもちろん、体力も全くなく、おまけに試合に負けて泣いている

姿はちょっと痛々しかった。ところが今回は全く違う。

体格の良さを前面に出して打たれても打たれても前に出て、とにかく手を出す。

試合は2分×4ラウンドでしたが、最初のラウンドを見ていておそらく3ラウンド

あたりでガス欠になるだろうと思っていましたが、結果は大差の判定勝ち。







今売れっ子で仕事が忙しい中、本当に頑張って練習していたのがよくわかりました。

実際にオリンピック代表になるにはさらに強い選手との対戦がありますが、

その恵まれた体格とあの根性、それにこれからの練習量で技術面をカバーできれば

本当にロンドン五輪日本代表になれるかもしれません。

がんばれしずちゃん! オリンピックが待ってるぞー!




モハメド・アリの娘、レイラ・アリの試合です。







草間彌生さん展覧会 『永遠の永遠の永遠』 に行ってきました!

February 10, 2012
毎度、職人さんドットコムです。

先日、大阪の国立国際美術館で行われている草間彌生さんの

『永遠の永遠の永遠』 の展覧会に行ってきました。

以前よりテレビなどで草間彌生さんの特集番組などを観ていて、ぜひ一度

作品を観てみたいと思っていました。







草間彌生さんと言えばもちろん“水玉模様” 。 当然会場は水玉模様でいっぱい。

さらに最近では、“目や横顔” をモチーフにした作品が多くあり

水玉模様以上に何か訴えかけてくるものがありました。 まさに異次元感覚!

とくに 『魂の灯』 という作品は、決してテレビで体感できないものなので

この作品を観るためだけでも、行く価値十分です。

草間さんの精神を垣間見ることができますよ。







また最後に上映されていた短編映画もぜひ見てもらいたいですね。

現在82歳になる草間さんの凄さがわかります。

特にわたしはこの映像で出てきた、10歳の時に描いた絵に衝撃を受けました。

ぜひ時間のある方、いや時間がなくても無理矢理にでも時間を作って行ってみてください。

きっと “異次元” を垣間見ることができますよ。







ただし会場を出た後に、軽い疲労感を味わう可能性があります。

わたしはその疲労感を癒すために、近くにあるリーガロイヤルホテルで

お茶をして帰りました。

行かれる方はぜひリーガロイヤルに寄ってください。

ちょっとしたお楽しみがありますから。


天才ピアニスト “グレン・グールド”

February 07, 2012
毎度、職人さんドットコムです。

今年に入ってから、あのスティーブ・ジョブズの伝記本を読んでいます。

ただなかなか読む時間がなくて、ようやく下巻の後半へといった感じです。




天才の雰囲気を漂わせる “グレン・グールド”






ところでこの本のなかに、天才ピアニストの “グレン・グールド” のことが書かれていました。

ジョブズの iPad の中に グレングールド の演奏した、バッハの 『ゴールドベルク変奏曲』 が

2曲も入っていたそうです。

若かりし無名ピアニスト時代に演奏したものと、晩年に演奏したものと。

そして最初ジョブズは無名時代の激しく情熱的で、テンポの速い演奏が好きだったが

病気になってからは晩年の演奏が好きになったそうです。




若かりしころの演奏






じつはわたしも晩年の 『ゴールドベルク変奏曲』 の演奏が大好きです。

集中して仕事をしたいときや大事な手紙を書く時などには、この演奏を聴きながら

机に向かっています。

もちろんわたしのiPhoneにはどちらの演奏も入っています。



晩年の演奏




ぜひ一度、グレン・グールドの演奏を聴いて、そして観てください。

なにかこころに響くものがあるかもしれませんよ。



杭州飯店の燕三条ラーメンを食べてきた!

February 03, 2012
毎度、職人さんドットコムです。

先週、新潟県三条市を訪問したことを書きましたが、今回はその時に食べた

美味しいラーメンをご紹介します。

そのラーメンとは・・・、『杭州飯店の燕三条ラーメン』。







背油濃しょうゆをベースとした燕三条ラーメンは全国的に有名で、とくに杭州飯店の中華そばは

その元祖と言われているそうです。

特にこのラーメンの特徴は、きしめんのような極太麺。ラーメンというより “うどん” といった感じ。







しかしこの極太麺が背油たっぷりのスープによく絡み、冷えた体にエネルギーをあたえてくれます。

また写真の通り、うつわから溢れんばかりのスープと麺でお腹いっぱい大満足。







店構えや店内はどこにでもある中華店といった感じですが、店内には有名人のサインがいっぱい。

店内は広く、駐車スペースもかなりあります。

新潟方面に行かれる方にはお勧めです。きっと大満足されると思いますよ。