孫正義氏の壮大なビジョン

July 06, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日ある動画サイトで、ソフトバンク株主総会後に行なわれた

新30年ビジョン発表会』 を観ました。

もちろんプレゼンターは代表取締役社長である孫正義氏であり

自身『今迄の私の人生で一番大切なスピーチ』とまで話され

最後は涙ながらに終わるという思いのこもったものです。



“情報革命で人々を幸せにしたい”

この言葉が孫正義氏の、そしてソフトバンクの全ての思いを表しているそうです。



2時間弱と長いスピーチですが、ぜひ観てもらいたいですね。

特にラスト30分からはいままでに知ることができなかった孫正義氏の

幼少時代の話が聴けます。いままでの伝記的な本にはなかった内容も多く

なぜこれほどまでの決意をもって事業を行なってきたかがよくわかります。



以前本で読んだ時に “孫正義” という名前に大変こだわっていたことが

書かれていました。

在日韓国人であった孫正義氏が日本国籍を取得するのに、最初 “孫” という

苗字が使えなかったそうです。

それでもいろいろと手を尽くしてなんとか “孫正義”

として日本国籍を取得。

これだけを読むとただ単に韓国人であることへのこだわりの為だけで

名前を残したのかと思っていました。

ところが今回のプレゼンのラスト30分を観て、

それが間違いであることを知りました。

韓国人だとか日本人だとか、そんなことにこだわるような次元で物事を考えている

いるのではなかったんですね。



今回のプレゼンにプラス、孫正義正伝 『志高く』 と言う本を読まれると

より興味をもたれるのではないでしょうか。

孫正義氏

Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。