スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

September 24, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

いま書店のビジネス書コーナーに行くとかならず山積みされている

『 スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン 』 を読んでみました。



天才的と言われているスティーブ・ジョブズのプレゼンを参考にしながら

その極意を分かり易く解説されています。

・ 構想はアナログで。

・ 3つの項目にまとめる。

・ シンプルなメッセージに。

・ 専門用語だけでなくあいまいな言葉も使わない。

・ 自然な話し方をしたければ練習あるのみ。

・ 5回以上の通し練習と質問への充分な準備。



特に強調されていたのが、“準備”と “練習” 。

プレゼンをするまえにはもちろん“準備”のために様々な資料を

集め、研究します。 その量は相当なものとなりますが、実際

プレゼンでは時間も限られている為すべての内容をお話することは不可能。

そこで大切になってくるのがその内容をいかにシンプルにまとめるか。

ここがたいへん重要であり、“準備” の大きな目的でもある。




Youtubeなどで実際に行っているジョブズのプレゼンをみてみると

普通に話をしているような、それでいて驚きとユーモアを含んだ

しっかりとしたストーリーとメッセージが込められている。

これができるのもすべて “練習” の賜物なのだそうです。

“練習”を充分にしているからこそ、簡単そうに見せることができるそうです。

簡単そうに見せる事もプレゼンでは重要なことだそうです。

※これって難しいですよね。



プレゼンをした事のある方、またこれからする予定のある方はぜひ一読を。

たいへん勉強になるかと思います。

それと動画サイトなどで実際のプレゼンも観られたらよいかと思います。



null

Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。