少年時代のトラウマ

September 28, 2010
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日なんとなく動画サイトを観ていていると聞き覚えのある音楽(子守唄)が

流れてきました。そしてふと思い出したことが。

その音楽はもしや少年時代にトラウマになったあの子守唄では・・・。



幼少の頃からとにかく映画が好きで、機会があればどんなジャンルの映画でも

観ていました。

そして初めて恐怖映画を観たのがたしか小学生の頃、『サスペリア2』 という

当時かなり話題になった作品。そのため大きな映画館で上映されており

初の恐怖映画を大画面、大音量で観る羽目に・・・。

とにかく怖かった。 恐怖映画がこんなに怖いものかと。

途中で観るのをやめればよかったのですが、なぜかもったいない気がして最後まで。



この映画改めて観てみるとストーリー、カメラアングルなどよくできており

いまみても充分に楽しめる作品でした。

またすべての殺人シーン (ちょっとグロあり) もかなり凝っていて、恐怖心を煽ります。

とくに効果的だったのが殺人をする前にある子守唄が聞こえてくる。これがまた不気味

な感じの子守唄で、それが聞こえてくるだけでもう怖くて怖くて。

その日以来その子守唄が頭から離れない。 とくにその映画をみた日の夜はまったく

寝れなかった。これがはじめて私が持ったトラウマです。

さすがにいまではそれを克服しましたが。



動画サイトを観ているとたまに自分にとっての貴重な、掘り出し物の動画を見つける

ことがあります。 こういうことがあるからネットサーフィンはやめられないんですよね。


null

Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。