置き引きのその後

October 22, 2010
毎度、職人さんドットコムです。

以前このブログにあるスーパー銭湯で置き引きにあったことは書きましたが

その銭湯が先日ニュースにでていました。



“スーパー銭湯に2カ月居候、詐欺容疑で男逮捕”

24時間営業のスーパー銭湯に、宿泊料金を払わないまま約2カ月間も寝泊まり

していたとして、兵庫県警尼崎東署は18日、詐欺(無銭宿泊)の疑いで住所不定

の無職の男を逮捕した。

調べに対し、男は「金がなく、行くところもなかった」などと話し、

容疑を認めているという。逮捕容疑は、8月25日から10月17日までの間、

尼崎市内のスーパー銭湯に居続け、宿泊代など総額約15万8千円を支払わなかったとしている。

同署によると、同銭湯は毎朝10時のチェックアウト時にその日の宿泊料金を支払う仕組みで、

容疑者は約2カ月間、一度も館外に出ることなく、潜んでいたという。

同銭湯は年中無休だが、半年に1度の定期点検のため18日朝にすべての客を退館させた際、

「実はお金がないんです」と、男が“自首”したという。銭湯の従業員は

「退場記録が1人分足りなかったので、もう逃げられたと思っていた。

まさかまだ潜んでいたとは…」とあきれていた。



おいおい、滞在2カ月間でお金もなくてどないして生活しててん!

館内で飲食した場合は、すべて腕にはめたバーコードを読み込みあとでの清算。

それならレンストラン等では食事はできないし、外出もできない。

ではどのようにして食べるものを手に入れるのか・・・。

その方法は自販機を利用するしかない。

ということはどうしても現金を館内で手に入れなければならない。

その方法は・・・置き引き?

置き引きにあってからもう2週間。 いまだに手帳、Iphoneは見つかっていません。

今となってはどうすることもできませんが、なんともやりきれない気持ちに。

これも不景気が影響しているのでしょうかね。

Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。