映画 『ソーシャル・ネットワーク』

January 28, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

先日いま話題の映画 『ソーシャル・ネットワーク』 を観てきました。

内容はいまや世界最大となったSNSサイト “Facebook” を創設した

“マーク・ザッカーバーグ氏” の創業から巨万の富を得るまでのかなり泥臭いお話です。



天才的頭脳あり、運・タイミングあり、行動力あり、

友情(?)あり、恋愛(?)あり、裏切り大ありの創業者の人生。

年齢はなんと26歳。 この年にして世界有数のリッチマンに。

2006年からサービスをスタートしてわずか5年程度。

IT産業だからこそありえるスピードですね。 既存の産業ではありえない。



先日ニュースになっていましたが、ゴールドマンサックスなどが5億ドルを出資し、

時価総額はなんと500億ドル(4.2兆円)となるそうです。

うーん、桁が違いすぎて想像できない。



Facebookのサイトには何度かアクセスしていますが、まだ登録はしていません。

というのも登録は実名が原則ですから。

実名にするメリットは大きいとは思いますが、それ以上のデメリットも含んでいるような。

特にいまの日本では何か問題があると、いや本来問題にはならないようなことでも

 “2ちゃんねる” のような投稿サイトで情報がいっきに拡散してしまう。

いちど拡散された情報を修正するのはほぼ不可能。

ここに実名での情報発信の怖いところがある。

実際アメリカでもそのことでかなりトラブルが発生しているようです。

はたして日本にどの程度普及するのかは未知数ですね。



アカデミー賞8部門にノミネートされているこの作品、お勧めです。

ただし感動や爽快感を期待してはいけません。

明るい気持ちで映画の感想を話し合える作品でもありません。

そのことを踏まえたうえでのお勧めとなります。

null

Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。