読書 『トキオ』

February 18, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

これまで東野圭吾氏の作品は多く読んできて、どれもよかったのですが

今回読んだ 『トキオ』 が私の中でのナンバーワン作品となりました。

本を読んだあと、ここまで放心状態にさせるとは・・・。

恐るべし東野圭吾作品!



不治の病で死にゆく息子を目の前にしながら、そばに寄り添う妻に主人公の父親は

ある告白をする。“自分は過去にこの息子と会っていたんだと・・・。”



この作品6年前にNHKで出演、国分太一 , 櫻井翔にてドラマ化されています。

かなり評価が良かったようですが、この本を読んだあと見てみるとやはり

本を読み終えたときの感動にはかないません。

本のなかでは “ここぞ!” という重要なシーン、言葉がテレビではどうしても

放送する事ができないようです。 映画と違ってテレビは規制が厳しいですから。



まだこの作品を読んでいない方はぜひ読んでください。 時間がなかなか作れない方でも

無理やりにでも読んでください。 決して時間を無駄にしたと後悔する事はありません。

読み終えたあと、きっとこの作品に出会えたことを喜ぶでしょう。

とくに最後のひとことが・・・、心に残ります。

null

Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。