読書 『ユダヤの商法』

March 15, 2011
毎度、職人さんドットコムです!

日本マクドナルド創業者である故藤田 田氏が昭和47年に書かれた “ユダヤの商法”

を読んでみました。

あのソフトバンク創業者、孫正義氏も学生時代にこの本を読んで大きな影響を受けたそうです。



内容はユダヤの人たちが商売というものをどのように捉え、どのように行動し結果をだしているかを

強い文章で書かれています。

わたしの読書後の感想はというと・・・、うーんどうなんでしょう?って感じです。

昭和47年という時代背景も関係しているのかもしれませんが、どうも白人至上主義的な

ところが感じられました。 特に日本人に対して否定的というか卑下しているというか。

“卑屈になるな日本人!” といわれているような。 ちょっと悲しい気持ちになりました。

それにユダヤ商法の根底にあるのが “Win−Win” の関係ではなく “Win−Lose” の関係

であるところもどうも気になりました。



本の内容でちょっと面白い文章がありました。

藤田 田氏いわく “薄利多売はバカの商法” なんだそうです。

もしいまも生きていたなら現在のマクドナルドをみてどう感じるんでしょうかね。

真っ先に低価格戦略をとり、“デフレの勝ち組” といわれている現状を。



現在この本は廃版になっており中古市場ではなんと1万円オーバーで売買されています。

さすがに購入する気にはならず、図書館で探してみるとなんとあるんですよねー。

さらに予約の件数をみると10件以上。さすがに皆さん考える事は一緒のようです。

ぜひ読んでみたい方はお近くの図書館で探してみてください。

null


Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。