映画 『ブラッド・ダイヤモンド』

March 22, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

先日ネット上でも評価の高いレオナルド・デカプリオ主演の映画

『ブラッド・ダイアモンド』 (2006年製作) を観ました。

“ブラッド・ダイヤモンド(紛争の資金調達のため不法に取引されるダイヤモンド)”をめぐり

1990年代後半にアフリカのシエラレオネ共和国で起こった激しい内戦を描いた

社会派サスペンス作品です。



評判通りよい映画でした。 とくにデカプリオの演技がいままで観た中で一番良かったのではないでしょうか。

スタートから人間の泥臭い部分を匂わせながら、最後は格好よく去っていく。

その間に敵対する美人ジャーナリストと紛争に巻き込また現地の黒人猟師が共に試練を乗り越えて

信頼関係を築いていく。 このあたりもかなり良く描かれておりぐいぐい引き込まれていきます。

アクション作品としても良くできていますが、じつはこの映画の最も重要ところは

“ダイヤモンド” のタブーな部分を描いていることなんです。



ダイヤモンドをめぐって貧しい国々の人たちが血を流し合う。

そしてまわりまわって先進国の富裕層の手に届く。 それも法外な値段で。

そのダイヤモンドを手にした人達はその手に届くまでに流された血、苦しみをまったく

知ることなくその美しい輝きに魅了されます。




このダイヤモンドの市場を操っているのが以前このブログでも紹介した“ユダヤの商人”。

“婚約には給与3ヵ月分のダイヤモンド指輪を”

だれがこんなことを言い出したのか。 うまい売り文句です。

以前宝飾関係の人から聞きましたが、100万円程度のものではダイヤとしての価値は

ほとんどないそうです。 そしてよく鑑定書などがついていますがそれもほとんど意味がないもの

なんだそうです。 ではダイヤモンドで誰が大儲けをしているのか。

この映画ではその答えを示しています。



女性が宝石に魅了される気持ちも分かるのですが、ぜひこの映画を観てほしいですね。

内容すべてが現実かどうかは分かりませんが、すくなくとも苦しく過酷な世界の裏側に

きらびやかな宝石の世界があることを知っておくべきではないでしょうか。

null

Comments

HANSIN-SUN wrote:

猪澤さん好みですね!  僕も見に行きたいです。  
ところで私のブログ引越ししましたのでお知らせいたします。
April 04, 2011 11:26:41

職人さんドットコム wrote:

早速ブログ拝見します!
April 04, 2011 11:27:59

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。