映画 『阪急電車 片道15分の奇跡』

May 24, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

先日映画 『阪急電車 片道15分の奇跡』 を観てきました。

いぜんこのブログでも書いたのですが原作本もすでに読んでおり

また内容もよかったので最初見に行くのを躊躇していました。

というのも原作本がよい場合、映画化でよくなることはほとんどなく

むしろ劣化してしまうことが多いからです。



ところがこの作品はネット上での評価もよかったので、原作のあの心地よさを

どこまで映像化できているかという興味で観たくなりました。

そして観た感想は・・・。



よかった―ですよー。 観終わった後こころがちょっとポカポカしたような気がしました。

原作にも劣らず、むしろ良い出来になっていたような気がします。

登場する8人それぞれの悩ましいエピソードがうまく絡み合い、最後はそれぞれが

それぞれを元気にしてくれます。 良い話てんこ盛りって感じです。

それに阪急電車というちょっと上品な感じもグッド! あれが阪神電車ではミスマッチになります。

ただひとつ気になったことがありましたが。



途中でうるさく下品なしゃべり方をするおばちゃん連中が登場します。

実際にそういうおばちゃんは阪神電車やJRには乗っていることがありますが、

阪急電車ではほとんど見かけたことがない。 少なくともわたしはまったくありません。

作中に出てくるうるさいおばちゃんをたしなめる上品なおばあさんはたくさんいそうですが。



心温まる作品です。ぜひ誰かと一緒に映画館で観てください。

きっと観終わった後にいろいろと話が弾むと思いますよ。

阪急電車

Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。