読書 東野圭吾 『麒麟の翼』

September 13, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

久しぶりに東野圭吾氏の作品を読みました。

それは加賀恭一郎シリーズの最新作 『麒麟の翼』。

前回の 『新参者』 があまりにもよくできていたので、今回は

どうなのだろうと、ちょっと不安になりながらも読んでみました。



前回と同様日本橋を舞台に人間臭さを出しながら、“悲しい” 殺人事件を

解決していきます。今回は友人関係、家族の絆、そして教育について

深く考えさせられました。



本当によくできた作品です。 前回の『新参者』 にはすこし負けてしまいますが

ぜひ時間をつくって読んでほしい作品です。

読み終えた後、きっと実物の “麒麟の翼” を見に行きたくなりますよ。



Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。