映画 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

October 25, 2011
毎度、職人さんドットコムです。

久し振りに映画館で映画観てきました。

今回は 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 です。

名作「猿の惑星」 の前編となる内容で、どのようにして“猿” が高度な知能を

持ち、そして人間に代わり地球を支配するようになったのかを描いています。



2001年に一度名作「猿の惑星」 のリメイク版がつくられましたがこちらは

かなりひどかった。CGなどを駆使し映像的には面白かったのですが内容がダメダメ。

だから今回もちょっと心配していましたが、実際内容のほうは・・・。

良いんじゃないですかー! 私は好きです。



ネット上では辛口評価もありますが、ストーリー的に十分納得できるものになって

いました。 名作「猿の惑星」 では猿に虐げられている人間をみて

『頑張れ人類!』 と人間に感情移入しましたが、今回は逆の

『頑張れ猿たち!』 と猿に感情移入してしまいました。



知能を手に入れたことで自我に目覚め、己の置かれている現状を認識する。

そしてその過酷な状況を克服するために仲間と共に行動にでる。

人間の最大と敵となるのは果たして・・・。

それは知能を持った猿ではなく、人間の “傲慢” にあった。



名作「猿の惑星」が好きな方ならかなり楽しめると思います。

あと観に行く方はエンドロール始まってすぐに席を立たないように。

あとで重要なシーンが出てきますから。

あの最後の終わり方からすると、もしかしたら続編が作られるかもしれません。


Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。