映画  『人生、ここにあり!』

January 24, 2012
毎度、職人さんドットコムです。

今回は先日、神戸の新開地にある小さな映画館で観た、とてもこころ温まる作品

『人生、ここにあり!』 をご紹介します。



1983年のイタリアで新しく制定されたパザリア法により、精神病院が閉鎖され

行き場を失った元患者たちは、病院付属の協同組合に集められ慈善事業という名目の

単純作業をしながら無気力な日々を送っていました。

そこに労働組合の活動にあまりにも熱を入れすぎた主人公が、左遷扱いとなって

この協同組合の責任者となってやってきます。

はたしてこの協同組合はこれからどうなっていくのか・・・。



日本では 『人生、ここにあり!』 というタイトルですが、原題の直訳は

『やればできるさ!』。

この映画の内容はまさにこの 『やればできるさ!』 を実感させてくれます。

コメディータッチで楽しいことから苦しく、そして悲しいことまで。

さらにここにイタリアならではの “情熱” をスパイスし、なかなか触れにくい

恋と性をうまく絡めて描いています。



もう上映している映画館も少なくなっているので、今後DVDでしか観れない

かもしれませんが、ぜひ時間を作ってみてほしい作品です。

きっとこころが “ほっこり” しますよ。


予告





問題 : 4:00頃の暗い雰囲気が、5:40には有頂天に。 それはなぜでしょうか?




Comments

izawa wrote:

ちりこさん、コメントありがとうございます!
あまり注目されていなくても、感動をくれる作品に出会うと
嬉しいですよねー。

ジャンルを問わず、時間があれば映画を観ていますので
また面白い作品があるときはぜひ紹介していきたいと思います。
February 27, 2012 07:09:07

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。