読書 『自助論』

February 02, 2008
毎度、建設・建築業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

今年に入ってまた良い本を見つけました。 イギリスのサミュ

エル・スマイルズが書いた『自助論』です。 なんとこの作品

1858年に書かれ、 日本では明治時代の大ベストセラーだ

ったそうです。 ちなみにその当時の作品名は『西国立志

編』だそうです。 

”天は自ら助くる者を助く” なんとなく聞いた覚えがありま

せんか? ”自らを自らの努力によって助ける” つまり自分

自身で考え、決断し、行動を起こさなければならない、と言う

事です。 誰かに強制されたり、自分自身が否定的な考え

を持って行動を起こしても、 目的を達成する事はできな

い。 当然のことを書いているのですが、この本の良い所は

より多くの実例を挙げて説明しているところです。(ちょっと

実例が古いですが)

ぜひ一度読んでみてください。 ナポレオン・ヒルやデール

カーネギーの作品にも引けをとらぬ良い作品です。 

自助論

Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。