ケビンとのお別れ

November 07, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

先日実家で飼っているケビン(柴犬)とのお別れがありました。

8月中頃、ケビンの首周りに大きなしこりができているのをみつけ

すぐに動物病院へ。血液検査をするとなんと悪性のガン“多中心型リンパ腫”。

それも症状が1〜5段階のうちの4段階。

抗がん剤による治療をしても今年いっぱいもつのは難しいとの事。

ま、まさか・・・。こんなに元気なのに・・・。



すぐに抗がん剤治療をスタート。

治療当日はかなり弱々しくなるのですが、翌日からはいたって元気に。

それも異常なほどに。病院でユンケルでも打ってもらったかのように散歩では

走り回る。それに食欲旺盛! それまでの倍以上を食べようとします。

食事に関してはドッグフード以外は与えないようにとの指示が。

それでも私が食事をするときにはいつも横にきて、食事を分けるように催促のポーズ。

『本当に病気か?』とケビンに問いかけてしまうほどに。



治療は続きます。

しかし治療後、体調がもどるまでの期間が少しずつ長くなり・・・。

治療から3ヶ月に入り、元気なうちに大好物のピザを食べさせてあげよう

ということになりました。久しぶりのピザ。

それはもう食べる食べる。ねだるねだる。

最高に満足だー!って顔をしてその日は就寝していました。



ところが次の日、少し呼吸が息苦しそうになりフラフラとした足取りに。

とうとう覚悟の日が近づいてきたか・・・。

ピザを食べた日以降はまったく食事を受け付けなくなった。

散歩をすることもできず。

そして10月5日、みんなに看取られながら天国へ。

あっけないほどの最後。

ほんの数日前は元気に散歩をし、帰宅する最後の直線では綱を引っ張って

私にダッシュを催促していたのに・・・。



阪神大震災の翌年から実家の仲間となり、いつも周りを癒してくれていました。

本当にありがとう。

ケビンと出会えて、人に、動物に、生き物に、そしてまわりの全ての物事に

すこし自分が優しくなれた気がします。

ケビン

Comments

ハンシン中川 wrote:

つらい別れでしたね、僕も今年1月に別れがありました。
けなげに生きていたわんちゃんの事を今も忘れません。 毎日会っていた友達ですからね。

がんばってください!
November 17, 2008 20:13:35

izawa wrote:

ありがとうございます。

子犬のころからいつも見ていたので・・・。

もう少し落ち着いたら写真の整理をしようかなあ。

その時はビール片手に、笑顔で思い出にふけってみようと思います。
November 18, 2008 23:34:59

カシマ@デジアラ wrote:

そうだったのですね・・
ケビンくんのご冥福を心よりお祈りします。

きっと、イザワさん家の家族になれて、
幸せ満開の一生だったに違いない!

カシマもにゃんこ飼ってて思うのです。
いつか絶対にお別れの日がきてしまうけど、
その時は、本当に辛いと思うけど、
一緒に暮らしていて貰った幸せは、
その辛さを補って有り余るほどの、
価値あるものだって。

にゃんことの時間、プライスレス です。

また、ケビンくんの写真、
時々、アップしてください。
November 26, 2008 13:26:36

izawa wrote:

カシマさん、コメントありがとうございます!

ケビンの場合は余命何日と分っていたので
その日が来るまで、できる限りの事をしてあげたることが
できたと思っています。でも・・・。
日ごろからもっと色々としてあげたかった。

にゃんこ、可愛がってあげてくださいね。
“プライスレス”・・・『たしかにぃ〜!』
November 27, 2008 01:36:11

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。