読書 『探偵ガリレオ』と『容疑者Xの献身』

November 25, 2008
毎度、建築・建設業・職人の求人情報サイト職人さんドットです。

久しぶりにミステリー小説を読みました。

以前友人から面白い本があるからと勧めらてていた

東野圭吾作 『容疑者Xの献身』です。




今年に入ってから読んだ本はほとんどがビジネス書関係でした。

というのも東野圭吾や宮部みゆきなどの小説はあまりにも面白く、

途中で止める事ができない。そしてほとんど徹夜状態で読んでしまう。

そのため仕事に差し支える事が・・・(ちょっと言訳)。

とにかく小説を読む時は時間に余裕のあるときに。

ということで先日の連休に読んでみました。

『容疑者Xの献身』を読もうとしたら、実は『探偵ガリレオ』からの続きものという事

でした(人物設定が同じ)。 ならば2冊続けて読むことに。



『探偵ガリレオ』
様々な事件を科学的に解決していく短編小説。さすが理系出身の作者です。

専門知識がないと思いつかないトリックです。

刑事物の一時間番組をみているように楽しく読めました。

ただ感動とか、心に残るとかというものはないです。

その流れで、『容疑者Xの献身』に。

正直ちょっと期待が薄れてきていました。そして・・・。



『容疑者Xの献身』
はっきりいって傑作です。『探偵ガリレオ』とは登場人物が同じということだけで

まったく別物です。

読む前に“これほど深い愛情に・・・”という宣伝文句にちょっと違和感を感じて

いたのですが・・・、この宣伝文句はピッタリです。

内容は・・・、とにかく読んでください。

まったく内容を知らずに読んだ方が、より心の震えを感じる事ができるでしょう。

実はこの作品、映画になっているんですねー。それも主役は福山雅治。そして

もっとも役作りが難しく、演技力が必要な登場人物に堤 真一。

原作がよいもので映画になって良かったと感じた作品が今までなかったので

見たいような、見ないほうがよい様な。

でも演技力のある堤 真一がどのように最後のシーンを演じるのかは見てみたい。



以前に『白夜行』を読んだ時にも思ったのですが、

やはり東野圭吾は天才です!

いつか時間ができたら全作読破したいです。

本


Comments

コメントを書く

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。